じつは去年も観に行ってきたのだけど、なぜか地下神殿にいる間はカメラが壊れていて、まったく写真が残っていなかった。地上に戻ったら直っていて、家に帰って写真がないことに気がついた。

結構ショックな出来事だったのだが、地下神殿にまたやって来る理由ができたというものだ。地下神殿とはいうものの、実際には治水対策のための放水路であり普段は入ることがなかなかできない場所である。年に一度、週末に自由開放する日があり、そこを狙っていくのだが2015年はかなりの大混雑となったため、2016年は事前に郵便で抽選をすることになっている。

運良く、午前中の時間が当たったためまずは出発。途中、上尾にある一凜珈琲という喫茶店でモーニングをとることにする。丁寧に淹れられたコーヒーはしっかりと美味しさを味わえる。見た目は郊外のどうってことない喫茶店っぽい感じだが、ちゃんとしていて驚いた。そして朝食時にはモーニングということで、無料のパンが付いてくるのもすごい。近所にあったら通ってしまいそうだ。

地下神殿前ではお祭りが
地下神殿。広い、まさに神殿みたいだ。

そこからさらに移動して地下神殿に向かう。埼玉の地下神殿は「首都圏外郭放水路」というのが正式名称で、春日部市にある。国道の下を巨大な地下水層にしてそこでふたつの川をつないでいるらしい。治水対策の工事としては相当に大がかりな感じがするのだが、これができたことで洪水が激減したということだ。とにかくでかい。200年くらいしたら古代人の遺跡として有名になりそうだ。しかし、混んでいたなあ。これからもまた来るかどうかといわれると、もう二度もみたし充分かなって思えてくる。

そして埼玉を後にして東北自動車道を一路北に進んで那須まで向かった。11月中旬の那須は紅葉がピークで、一部では終わりかけのところもあるものの美しい景色を眺めることができる。西那須野塩原で高速を降りて道路沿いにみかけた「那須千本松牧場」というところで一休み。牧場とはいうけれど、あまり動物の姿はなくて寂れた昭和の遊園地みたいな感じだが、これが味わい深い風景ともいえる。もう、なかなかこんなところ少なくなってきているものな。そして、ソフトクリームも美味しくてうれしい。

那須千本松牧場でソフトクリーム
もみじ谷大吊り橋
すっかり秋

牧場らしきところをあとにして、さらに車で山を登っていく。後日、このルートは那須から尾瀬に抜けるための街道筋だと知るのだが、結構ドライブしていて気持ちがいいところだ。結構山の方まで入ったところで「もみじ谷大吊り橋」というところがあったので寄ってみることにする。

ここは、谷あいの少しひらけた場所が公園のようになっていて、茶臼岳や山並みも美しく眺めることができる。そして、「もみじ」の名前のとおり紅葉がすごく美しい。敷地内には巨大な歩行者用の吊り橋があり、ここは有料なのだが渡った先の風景も美しいので紅葉シーズンにはお金を出す価値がある。そして、結構恐いけれど渡る勇気を出す価値もある。

日も傾いてきたので山を降りて黒磯方面へと戻ってきた。ひさびさにShozo Cafeの本店に行ってみることにする。ここのコーヒーやスコーンは本当に美味しいよなあ。そして接客も含めたお店の雰囲気もまたとても好きだ。高原の方にあるお店もいいけれど、やはり独特の世界観がある本店のよさは格別。評価が高く遠方から人がやってくるのもよく分かる。最近では一時の混雑ぶりも減ってきたので改めてゆっくりとした時間を過ごせるようになってきた。

Shozo Cafe 黒磯本店
Chus

Shozoカフェとともに立ち寄って置きたいのは、すぐ隣にある「Chus(チャウス)」という複合施設。ここも古い建物をリノベーションして作られていて、手前は地産地消の物産コーナー、奥にはカフェとなっていて、最近ではゲストハウスもはじめたみたいだ。Shozo Cafeとなんとなくコンセプトが近いのかなと思い、同じ系列かと思ったら全然違うということ。でも、このあたりの雰囲気にすごくあっていて、ここはここでいい場所だと思う。那須のお土産を買うのであればここで探すのがおすすめ。

芦野温泉

東京へ戻る前に、立ち寄ったのは日帰り温泉。以前にも書いた大田原にある芦野温泉に行ってみた(リンクは去年書いたもの)。芦野温泉は夜も比較的遅くまでやっていて、施設もきれいなのがいいところ。休憩の座敷も広くてゆったりとできる。温泉の泉質もいいのだが、なんかこうやはり不思議な雰囲気があるな。マーケティングの方法がちょっと変な感じ。とはいえ、ここで温泉入って仮眠できたのはよかった。

深夜に高速道路をのんびりと運転しながら家路を帰っていく。夜のサービスエリアで休憩をしたり、週末の小旅行を存分に楽しんできた。

この旅の記録:埼玉の地下神殿、那須の紅葉。(2016年11月)

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です