世界三大料理である中華料理のなかで、四川料理はもっともメジャーなもののひとつである。北京、上海、広東、四川を並べて中華四大料理と呼ぶらしい。

そのなかの四川料理は旨くて辛いイメージが強くちょっと敬遠してしまいがちだが、目黒にある龍門の四川料理は山椒のぴりっとしたスパイスが効いていて、これはこれでありがと思う美味しさだった。

龍門へのアクセス

目黒駅からすぐのところにある。ビルの地下にあり、一見すると普通のどうってことのない中華料理店のようだ。席数が少ないこともあり、ディナーであれば予約していくのが確実。ビールが高いので、なんなら他で飲んでからいってもいいと思う。

龍門について

プロレスラーであるアントニオ猪木が常連というのが売りらしく、この料理はアントニオ猪木さんの好物です!って宣伝していたりする。でも、そういうの関係なしに美味しいとは思う。ここの四川料理はただ辛いというのではなく、山椒の風味を存分に活かしているので、しびれるような辛さがあり、旨みを感じながらピリピリとした味わいを楽しめる。辛いものが得意な人でも、この山椒の痺れが苦手という人は多いみたいなので注意が必要かと。僕は唐辛子の辛さよりも山椒の痺れ辛いという方が美味しく楽しむことができた。ちょっとくせになる痺れだな。

定番の麻婆豆腐
辣子鶏(ラーツージー)
エビチリ。ちょっと予想と違った。。辛いけど。

麻婆豆腐はわりと普通の辛さなのだけど、旨辛い!という感じがあって山椒はまだ控えめな感じ。龍門らしい四川料理ということになるとやはり看板料理である辣子鶏(ラーツージー)を食べてみなくちゃならないな。

見た目からして唐辛子の辛さがありそうなのだが、実際はそれよりも山椒の風味の方が圧倒的。普通の中華料理でニンニクを使うかのような感覚で山椒を大量に使っているので、しばらく食べていると舌が痺れてくるのがわかる。麻酔かけられたかのようだけど、この感覚はクセになるな。びりびりしているけど美味しい!という感じ。食べて行くのが恐い感じもあるけど、それがまたたまらないような・・夏場に食べる方がいいと思う。

料理一品毎の量がわりと多くて値段もそこそこするので、大人数で行った方が楽しめる料理店。ランチもやっているが、このお店を存分に味わうにはディナータイムの方がよさそうだ。話しのネタにでも一度は行ってみて損はないレストランだ。

龍門
住所:東京都品川区上大崎2丁目27-3 山田ビルB1
時間:ランチ、ディナーとも曜日によって異なる
休み:不定休

Related Post

門前仲町でコストパフォーマンスのいい薩摩料理を楽しむ「さつま料理 いづろ」... 週末前の金曜日の夜、門前仲町で飲みに行こうとしていて見つけたところ。取りたてて美味しいわけではないけれど、気軽でなにより下町価格な安さと手頃感がいい。 アクセス お店は門前仲町駅からかなり近く。メトロの2番階段から出て、裏手の通りにいって2分くらい。まわりはいい感じの飲み屋がそろっている...
橋底辣蟹は大人数で行けば楽しい 中華料理って大人数でいった方が楽しい。ということで、今回の旅では現地集合の旅だったので夕食に選んだのは橋底辣蟹。 場所は香港島の灣仔エリアで地下鉄の銅鑼湾駅から歩いてすぐのところ。もともとは橋の下にあるお店だったということで店名だけは残っているけれど、いまは陸地にあがってきて立派なお店になって...
製麺会社が営む本格中華!広尾の「はしづめ」でのランチはこだわりの一品が味わえる... 広尾の地元に愛されている中華料理店。こじんまりとした雰囲気は上品な感じがある。カウンター席もあって一人でも行きやすい。そして、2017年のミシュランガイドでビブグルマンを獲得しているお店で、手頃な価格でランチを提供してくれているのが嬉しい。手軽にミシュランの味を楽しめる。 はしづめ広尾店へのア...
ペナンならではの屋台料理はキンバリーストリートで!... キンバリーストリート ペナンのことをなにも知らないままに来てしまい、泊まっていたAirbnbの部屋でブログとか読んでいて、キンバリーストリート(Kimberley St.)あたりに美味しい屋台のお店がたくさんあるという情報を入手。さっそく、夕食時に向かってみた。 ペナンの市街地のなかに...
鼎泰豐の定番小籠包を試してみた 台北の代表的存在のレストランというだけでなく、世界的にも有名な鼎泰豐の小籠包。お店の外はいつも大賑わいでよやくせずにお店にいくと30分くらいは待つことになる。 でも、便利にできてる感じで調剤薬局の順番待ちみたいに受付で名前と引き替えに予約番号をもらって、そこらへん一通り散歩してお店にもどってお...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です