春の千葉はタケノコが旬の季節。房総半島をドライブしているとそこらへんでタケノコを売っている台があったりする。かなり激安でびっくりする。ちょうど桜の季節と重なるくらいなので、千葉をドライブしているなかでタケノコを楽しむべく、タケノコ料理専門店のその名も「たけのこ」という食堂に行ってみることにした。

お店の場所は大多喜の町中からも離れていて、いすみ鉄道の東総元の駅から少し山のなかに入ったあたり。東総元の駅から歩いて行けなくもないけれど、現実問題としは車で行くのが無難なところだ。

お店の外観

お店は11時過ぎからオープンするのだが、タケノコシーズンには12時近くなると満席になり、かなり並ぶことになるので出来れば11時半にはお店に着くようにしたい。あとで実感すると思うが、並んでまで食べる料理ではないので、後悔すると思う。

メニューはあれこれあるのだが、単品の料金が高くて、結果としてタケノコ御膳定食を頼まざる得ない流れになっている。それでも3500円くらいするのには驚く。同じ千葉でも、この値段だったら海沿いの街で地魚の握り寿司が食べられてしまうくらい豪華な価格だ。

しかし、値段に見合ったものが出てくるのかといえば、僕にとってはかなり疑問。コース料理なのにまず最初に謎のデザートが出てきた時点で危ういと思ってしまった。しかし、その後出てくるタケノコづくし料理のラインナップから考えるとこれは序章だったのだが。

まず最初に謎のデザートが出てきた
山菜があれこれでてくるらしい
季節のたけのこピザ
たけのこの煮物
たけのこの天ぷら
たけのこの刺身・・湯通しだよね?
たけのこのステーキ。湯通ししたたけのこにデミグラスソースがけだよね・・。
たけのこ焼き、まとも
たけのこご飯。チャーハンかと思った。

地元で採れた厳選されたタケノコを使っているということだが、このあたりは竹林だらけなので、使うタケノコは自然と厳選されると思う。だいたい採れすぎる。

ちょっとアレンジされた山菜の天ぷらは悪くなかった。春の旬を食べているなあって思う。しかしそれ以外はタケノコを使えばいいんだろうという感じで、タケノコづくしも転ずるとタケノコ地獄の罰ゲームみたいだよなって思ってしまった。

タケノコのステーキとか食べた瞬間にちょっと笑っちゃったものな。これってゆでタケノコのデミグラスソースがけじゃん・・・。希望をもっていたタケノコご飯はチャーハンみたいな不思議な盛りつけで、出汁がきいていない炊き込みご飯は微妙というほかに感想をもつことが難しい。

お店は年中無休ということだが、もしかしたらタケノコシーズン以外にきてほかの料理を楽しむ方がいいのかもしれない・・そうじゃなければこのお店が年中無休の意味がわからない。

なんとなく思えるのは、このシーズンこそがかき入れ時なので高い単価の御膳定食をひたすら売りまくるという観光客相手が基本なのかなあということ。一生に一度くらいは食べてもいいかもしれないが、たとえこのタケノコづくしに出会わなくても後悔はしないと思う。

タケノコってシンプルに焼いたりするのをちょこちょこお酒と楽しむものなんだなって改めて思った。そういう意味では、このお店に来てよかった。そう思わなければ不幸なだけだな。

たけのこ
住所:千葉県夷隅郡大多喜町黒原181-2
時間:11:00-22:00
休み:なしっていってた

Related Post

美瑛の丘を眺めながらのんびりランチ「あるうのぱいん」はオフシーズンに行くのがいい... 今回の美瑛旅で泊まっているスプウン谷のザワザワ村から歩いて15分くらいのところにあるベーカリーカフェ。人気のお店みたいでハイシーズンには大混雑するみたいだが、今回の旅は晩秋の感じもありオフシーズンでのんびりとしていた。宿からのんびりと散歩しながらランチを食べに行ってきた。 「あるうのぱいん」へ...
穴子といえば「うえの」 – 宮島で食事するならここ... 広島旅行のハイライトのひとつといえば宮島への小旅行。そのなかで食事をどうするのかといえば、それが冬であれば牡蠣とかいいと思うけれど、それ以外の季節であれば穴子はおすすめ。 と書きつつ、僕はこんなに穴子がおいしいとは知らなかったのだが。 宮島でやたらと人気店になっている「うえの」に行ってみ...
Feel Myanmar Food – ヤンゴン郊外にあるカジュアルで清潔なレストラン... ヤンゴン国際空港から市街地に向かう途中にランチで立ち寄ったレストラン。ちょっと裏通りな雰囲気の道路に車がびっしりと路駐されていて、みんなこのレストランのお客さんなのだとのこと。 ということで、ヤンゴンでも富裕層に人気な Feel Myanmar Foodレストランは、安全においしくミャンマー料...
Reef Break Resortの宿泊記 Airbnbでみかけてすごい気になっていたところ。千葉の外房にあるのだけれど、「ここバリじゃないか」みたいな雰囲気のユルトに泊まることができる。 すごく気になっていたのだが、なかなか予約がとれず今回ようやく泊まることができた。都内からも近いのにすごい非日常感。 デッキチェアでのんびりと本...
かわなで食べる旬の味(鯛めし編) かわなで食べる季節の旬の味の最終編。 飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。 このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのです。季節を変えて訪...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください