春の千葉はタケノコが旬の季節。房総半島をドライブしているとそこらへんでタケノコを売っている台があったりする。かなり激安でびっくりする。ちょうど桜の季節と重なるくらいなので、千葉をドライブしているなかでタケノコを楽しむべく、タケノコ料理専門店のその名も「たけのこ」という食堂に行ってみることにした。

お店の場所は大多喜の町中からも離れていて、いすみ鉄道の東総元の駅から少し山のなかに入ったあたり。東総元の駅から歩いて行けなくもないけれど、現実問題としは車で行くのが無難なところだ。

お店の外観

お店は11時過ぎからオープンするのだが、タケノコシーズンには12時近くなると満席になり、かなり並ぶことになるので出来れば11時半にはお店に着くようにしたい。あとで実感すると思うが、並んでまで食べる料理ではないので、後悔すると思う。

メニューはあれこれあるのだが、単品の料金が高くて、結果としてタケノコ御膳定食を頼まざる得ない流れになっている。それでも3500円くらいするのには驚く。同じ千葉でも、この値段だったら海沿いの街で地魚の握り寿司が食べられてしまうくらい豪華な価格だ。

しかし、値段に見合ったものが出てくるのかといえば、僕にとってはかなり疑問。コース料理なのにまず最初に謎のデザートが出てきた時点で危ういと思ってしまった。しかし、その後出てくるタケノコづくし料理のラインナップから考えるとこれは序章だったのだが。

まず最初に謎のデザートが出てきた
山菜があれこれでてくるらしい
季節のたけのこピザ
たけのこの煮物
たけのこの天ぷら
たけのこの刺身・・湯通しだよね?
たけのこのステーキ。湯通ししたたけのこにデミグラスソースがけだよね・・。
たけのこ焼き、まとも
たけのこご飯。チャーハンかと思った。

地元で採れた厳選されたタケノコを使っているということだが、このあたりは竹林だらけなので、使うタケノコは自然と厳選されると思う。だいたい採れすぎる。

ちょっとアレンジされた山菜の天ぷらは悪くなかった。春の旬を食べているなあって思う。しかしそれ以外はタケノコを使えばいいんだろうという感じで、タケノコづくしも転ずるとタケノコ地獄の罰ゲームみたいだよなって思ってしまった。

タケノコのステーキとか食べた瞬間にちょっと笑っちゃったものな。これってゆでタケノコのデミグラスソースがけじゃん・・・。希望をもっていたタケノコご飯はチャーハンみたいな不思議な盛りつけで、出汁がきいていない炊き込みご飯は微妙というほかに感想をもつことが難しい。

お店は年中無休ということだが、もしかしたらタケノコシーズン以外にきてほかの料理を楽しむ方がいいのかもしれない・・そうじゃなければこのお店が年中無休の意味がわからない。

なんとなく思えるのは、このシーズンこそがかき入れ時なので高い単価の御膳定食をひたすら売りまくるという観光客相手が基本なのかなあということ。一生に一度くらいは食べてもいいかもしれないが、たとえこのタケノコづくしに出会わなくても後悔はしないと思う。

タケノコってシンプルに焼いたりするのをちょこちょこお酒と楽しむものなんだなって改めて思った。そういう意味では、このお店に来てよかった。そう思わなければ不幸なだけだな。

たけのこ
住所:千葉県夷隅郡大多喜町黒原181-2
時間:11:00-22:00
休み:なしっていってた

Related Post

地雷也で食べる仙台の味 お店の外観。提灯が目印。 仙台ではかなり有名な居酒屋さんで、店内はいつも満席。予約必須の人気店。 居酒屋にしてはちょっと高いと思われるかもしれないが、行ってみて損はないと思う。 僕も友人の推薦があって行ってみたのだが大満足のお店だった。 お店のロケーションは国分町の中心街に...
「きよそば」は行列必至の超人気店だった... 鶴岡の庄内映画村でのんびりしてきて、そのあとは月山をまわりこむようにして村山方面に抜けてきた。 お昼はなにを食べようか思案していたのだが、蕎麦街道で紹介されていた「きよそば」へと向かってみる。で、これがこのあとランチにたどり着くまでにすごい苦労をすることになろうとは・・・。 週末の12:...
川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...
いちはらアート×ミックス2014「山登里食堂」編... いちはらアートミックスの開催期間中だけオープンしていた山登里食堂(やまどりしょくどう)に行ってきた。地産地消なラインナップで、地元の人も訪れていたみたいだし、通期でやってもらいたいなと思うくらいだった。 立地的にはかなり不便で古い食堂を居抜きで再活用している。入口にはテラスがあって大根がびっし...
神楽坂のル・コキヤージュではキッシュのランチがおすすめ... 神楽坂の裏通りに結構昔からあって、なんていうか大事なリストに残っているフランス料理のレストラン。フレンチとはいっても堅苦しいところはなくて、かといってカジュアル過ぎるわけでもなく、なんていうか「ちょうどいい感じ」がすごく好き。 Cafe Le Coquillage (カフェ ル コキヤージュ)...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください