“October”って語源からたどるともともとは8月だっていうではないか。8月に野外でビアフェスティバルをやるというのであれば、それはなんだか理にかなっているような気がする。

それに、本場であるミュンヘンでも9月中旬から10月上旬にかけて開催されているイベントだという。もはやオクトーバーじゃない感もあるけれど、楽しいビアフェスであることに変わりはない。

今年は日比谷でやっているオクトーバーフェストに行けなかったのだが、たまたま訪れた横浜の赤レンガ倉庫で開催されていたので、ちょっと行ってみることにした。

日比谷と違って入場料を払うのがちょっと意外。そして最終日近い10月中旬に訪れたので、すごく寒かったということもあり会場は空いているわけではないが、混雑しているということでもない。テント内は満席だったものの屋外はわりと座れる状況だった。ただ、これはこれで活気がないともいえる。

寒かったこともありテント内は大混雑

あまり並ぶことなくビールが買えるのはいいところだが、目新しい感じのものはなく、このフェスでなければもっと安く飲めるしなあ、とかケチなことを考えていてたどり着いたのは岩手の遠野からやってきた「Tono Zumona Beer」というクラフトビールの会社。初めて知ったのだけど、遠野は日本でもっともホップの生産量が多いらしい。

Tono Zumona Beer
コースターもかわいい

そういう影響があるのか、ここのビールはエール系のビールが最高に美味しくて、遠野産ホップを使ったIPAは絶品だった。この喉ごしの刺激感がたまらないのです。一緒に売っていた「遠野パドロンの素揚げ」ももっともビールにあうつまみというだけあってすごい美味しい。ししとうとピーマンの中間くらいのもので、野菜が持っているスパイス感と塩味のシンプルさがよくあっている。これはビールがすすむ「ビールどろぼう」みたいなおつまみだな。

突然やってきた寒波というか、あまりにも寒かったのでそれほどゆっくり楽しむことはできなかったのだけど、新しいビールと出会えたのは嬉しい発見。旅とは発見だよなあ・・いつ遠野に行くことにしようかな、とか考えてしまった。

横浜オクトーバーフェスト
会期:2017年9月29日(金)-10月15日(日)

Related Post

打ち上げ花火を真下から見た – 飯岡花火大会... みんなが隅田川の花火大会をみているときに、ぼくはといえば、岩井俊二監督の初期の名作である「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の舞台となった千葉県の飯岡の海岸でやっている花火大会をみてきた。 これ書くにあたって、作品を少し調べたのだけど、1993年の発表で今年で20年経つのか!と驚い...
中之条ビエンナーレ2015 – 四万温泉エリア編... 積善館 2015年の中之条ビエンナーレ。四万温泉にやって来た。 以前のビエンナーレでは積善館のなかまで開放していて結構楽しかったのだが、いまは入口にある小さな建物くらいで、ちょっと規模が小さくなっちゃったなというところ。 しかし、「千と千尋の神隠し」のモデルを自称するだけあって趣...
謝甜記(横浜) – 中華街にあるお粥の名店... お店はサンタクロースが引っかかっているのが目印 横浜の中華街へ出かけても、食材を買うことはあっても、中華料理を食べることはあまりないのだが、ひさびさに謝甜記でお粥を食べてきた。 場所は中華街の中心街のあたりで、すごくわかりやすい。 なぜだか分からないけれど、お店の入り口に巨大なサ...
西営盤エリアで人気のお店。Craft Brew & Co.で香港クラフトビールを楽しむ... 地下鉄の延伸で再開発がすすみおしゃれなショップなどが増えている西営盤エリアで、Craft Brew & Co.は昼からクラフトビールを楽しめる人気のお店。西営盤エリアといえば、古い卓球場をリノベーションしたバーのPing Pong 129(乒乓城)とか本格的なニュージーランドスタイルのフラッ...
松本発のクラフトビール!「松本ブルワリー タップルーム」でのんできた。... 9月に信濃大町まで行って初秋の信州を楽しんで来たのだけど、またもや再びの信州旅。今度は秋深まる紅葉シーズンにきている。 夕方に到着して街を少し散歩してまわってみた。そんななかで見つけた小さなタップルーム。松本産のクラフトビールを醸造しているところですごい美味しいビールを楽しむことができる。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください