“October”って語源からたどるともともとは8月だっていうではないか。8月に野外でビアフェスティバルをやるというのであれば、それはなんだか理にかなっているような気がする。

それに、本場であるミュンヘンでも9月中旬から10月上旬にかけて開催されているイベントだという。もはやオクトーバーじゃない感もあるけれど、楽しいビアフェスであることに変わりはない。

今年は日比谷でやっているオクトーバーフェストに行けなかったのだが、たまたま訪れた横浜の赤レンガ倉庫で開催されていたので、ちょっと行ってみることにした。

日比谷と違って入場料を払うのがちょっと意外。そして最終日近い10月中旬に訪れたので、すごく寒かったということもあり会場は空いているわけではないが、混雑しているということでもない。テント内は満席だったものの屋外はわりと座れる状況だった。ただ、これはこれで活気がないともいえる。

寒かったこともありテント内は大混雑

あまり並ぶことなくビールが買えるのはいいところだが、目新しい感じのものはなく、このフェスでなければもっと安く飲めるしなあ、とかケチなことを考えていてたどり着いたのは岩手の遠野からやってきた「Tono Zumona Beer」というクラフトビールの会社。初めて知ったのだけど、遠野は日本でもっともホップの生産量が多いらしい。

Tono Zumona Beer
コースターもかわいい

そういう影響があるのか、ここのビールはエール系のビールが最高に美味しくて、遠野産ホップを使ったIPAは絶品だった。この喉ごしの刺激感がたまらないのです。一緒に売っていた「遠野パドロンの素揚げ」ももっともビールにあうつまみというだけあってすごい美味しい。ししとうとピーマンの中間くらいのもので、野菜が持っているスパイス感と塩味のシンプルさがよくあっている。これはビールがすすむ「ビールどろぼう」みたいなおつまみだな。

突然やってきた寒波というか、あまりにも寒かったのでそれほどゆっくり楽しむことはできなかったのだけど、新しいビールと出会えたのは嬉しい発見。旅とは発見だよなあ・・いつ遠野に行くことにしようかな、とか考えてしまった。

横浜オクトーバーフェスト
会期:2017年9月29日(金)-10月15日(日)

Related Post

いちはらアート×ミックス2014に行ってきた... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。 比較的行きやすいエリアだったこともあり、期間中に何回か来てみたのだが、春といっても菜の花の季節から、初夏にかけていろいろな色合いのなかでみられたのは面白かった。 桜の季節はその花のすごさに圧倒される 菜の花を...
東京らしい洗練された名前のビールが飲める「YYGブルワリー」のクラフトビール... YYG(代々木)というかほとんど新宿にあるクラフトビールのブルワリーとレストラン。一階には大きなステンレス製の醸造タンクが置いてある。上階にはレストランがあるみたいだが、今回は一階のブルワリーでビールだけを楽しんだ。 お店はそれほど広くなくて、表のウッドテラスは気候がいいと気持ちよさそう。キャッシ...
中之条ビエンナーレ2015 – 暮坂エリア編... 六合エリアからの通りすがりに通るエリア。前回の訪問でも「印象が薄い」って書いていたけれど、今年の訪問でもやっぱり印象が薄い。でも、途中で立ち寄ったときに食べた「そば処 くれさか」の蕎麦は絶品。 六合から中之条方面へ抜けるときに通る道すがらで、見どころのポイントは十二みます、花楽の里、暮坂高原の...
いちはらアート×ミックス2014「山登里食堂」編... いちはらアートミックスの開催期間中だけオープンしていた山登里食堂(やまどりしょくどう)に行ってきた。地産地消なラインナップで、地元の人も訪れていたみたいだし、通期でやってもらいたいなと思うくらいだった。 立地的にはかなり不便で古い食堂を居抜きで再活用している。入口にはテラスがあって大根がびっし...
谷中のクラフトビールを古民家で、谷中ビアホールで寛ぐ午後... すっかり観光地化されて猫もみかけなくなった谷中商店街から少し離れたところにある古民家が何軒か。昭和13年(1938年)に建てられた古民家を再生した「上野桜木あたり」という場所がある。 なんていうか、古民家ショッピングモールみたいな感じ。ちょっと駅から離れたこの不便な場所だけど、なんだかのどかで...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください