秋の京都で紅葉めぐりをしてきた。新幹線で京都駅について、まず向かったのは南禅寺。毎回思うけれど、東京から京都に新幹線で来ると、かかった時間以上に街の雰囲気ががらりと違うので、旅をしているなって実感する。

地下鉄で蹴上駅まで行き、そこから琵琶湖疎水の横を歩くと「あ、ここブラタモリで出てきたところだ」とか思っていると、南禅寺はこちらという看板が出てくる。そこを曲がって住宅街を抜けるといつの間にか南禅寺の敷地に出てくる。この雰囲気もまた好きなところだ。

琵琶湖疎水
水道橋をくぐる

南禅寺は1291年に日本最古の禅寺として建立されたものの、応仁の乱で荒れ果ててそこから200年近くも荒廃していたらしい。江戸時代になって再建がすすみ、立派な三門などが建てられたのだが、この三門は迫力がありフォトジェニックだ。京都でも屈指の見どころじゃないだろうか。紅葉の賑わいのなかで眺める三門もまた気持ちがいいものだな。

迫力ある三門

もうひとつの見どころは、明治維新の頃につくられた琵琶湖疎水の水道橋。古めかしい寺院の敷地の一角に突然現れる煉瓦作りの建築物はずいぶん不思議な違和感があるが、苔むした雰囲気が馴染んできているなあって思える風景。これもまた京都らしいスポットだ。坂道を上がっていきながら、疎水の建物の近くまで見に行くことができるので眺めてみるのもまた楽しい。

南禅寺といえば水道橋

水道橋を上からみるとこうなる

新緑や紅葉の時期はとくに美しく、木洩れ日もまた雰囲気がいいよなあって思える風景だ。京都の街中からは少し外れているけれど、この風景は何度観ても飽きないもので必見のところだと思う。

南禅寺はまた湯豆腐が有名なので、今度は寒い時期に食べに来たいと考えている。

今回の旅で、京都の紅葉めぐりはこの本を参考にしてみた。ぱらぱらと眺めるだけも美しい写真集だった。

南禅寺
拝観時間:8:40-17:00(冬期は16:30)
休み:12月28日-12月31日

Related Post

千葉にあるバラの名所、谷津バラ園で存分にバラを浴びるほどみてきた... 関東圏においてバラの名所っていくつかあるみたいなのだけど、千葉の谷津というところにあるバラ園が相当に有名らしい。バラにそれほど思い入れがあるわけじゃないのだが、近くに蛍明舎という気になる喫茶店もあるので、ちょっと足を延ばしていってみることにした。 バラの見頃は春は5-6月、秋は10-11月くら...
幕張の「さくら広場」は本当の意味でのお花見ができる場所... 幕張にある桜だらけのちょっと変わった公園。パナソニックが運営をしており、2006年に開園して今年で10周年。 ゆっくりとした時間を過ごせるいい場所なので気に入っているところ。なにより、園内では食事、飲酒、喫煙が禁止されているので、変なのがいないし煙草の煙もないのがいい。 ...
庄内の豊かさを実感する「山居倉庫」... 酒田市における観光スポットの目玉のひとつが、この山居倉庫。江戸末期から20世紀初頭にかけて建てられていて、いまだに現役で使われている。倉庫のうち西日があたる部分にはケヤキが植えられていて、そのケヤキ並木はフォトジェニックな散歩コースとなっている。ちなみに、この並木道で倉庫と反対側は普通の住宅地なんだ...
佐賀でシチメンソウの紅葉を楽しむ 佐賀バルーンフェスタの競技が中止となってしまい、失意のうちに佐賀に戻ってきた。 佐賀が地元の友人と一緒だったので、なにをしようかと途方に暮れていたのだが、そういや有明海の干潟をみるのもいいかもなって思って、東与賀にある干潟よか公園に行ってみることにした。 佐賀駅から干潟よか公園までは車で...
ヴァンクリーフ&アーペルのプロジェクションマッピングをみてきた... 去る2013年12月11日、12日の2日間、恵比寿にあるジョエル・ロブションの建物を利用したプロジェクションマッピングが上映されていたのでみてきた。 クリスマスシーズンだったこともあり、ロブションがある恵比寿ガーデンプレイスも巨大なツリーやイルミネーションの並木道があってかなり煌びやかな雰囲気...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です