南禅寺から10分くらい歩いて行くと禅林寺という名前が本来の呼称だが、永観堂の通称で知られているお寺にやってくる。ここは「秋はもみじの永観堂」として有名なお寺らしい。僕はもともと京都にすごく詳しいわけではないが、ここには初めてきた。

拝観料は特別展だか特別期間とかで1,000円(2017年現在)とかなり高額。詳しい人からのレコメンドがなければパスしたかもしれないなと思える金額だ。

入口

紅葉の美しさは緑色もあってこそなんだなって気づく

しかし、実際に庭園をみてまわった感想としては1,000円の価値を考えるとかいうのはあまり意味がなくて、僕としてはこの金額払って観てよかったなと思えるものだった。細部まで手入れされた紅葉の風景は自然なようでいて手が込んでいる。

全体的なまとまりもあって、どこを観ても美しい。紅葉時期はかなり混雑するのだが、それでもこれが1,000円より安かったらもっと混んでいたかもしれないと思うと、この金額は致し方ないものかもしれない。

とにかく庭園は見どころが多く、なんでいままで来なかったのだろうって後悔してしまうくらいだ。紅葉シーズンは混雑が激しいものの、平日であれば比較的ゆっくりと見てまわれる。細部まで観ていくならば半日いてもよさそうなものだが、なかなか時間がとれない、というかこんなにすごいと思わなかった。なるべくゆっくりと時間をとって観に来た方がいいところだ。

また、ここの本尊様は「みかえり阿弥陀さま」という像で左側を向いているちょっとかわいいものなのだけど、紅葉の時期はあまりの混雑で落ち着いて観ている時間が持ちづらいのが残念だなって思う。ここのお寺は季節を変えてオフシーズンにも観に来たい。

そして、拝観料が現金払いだけなのはちょっと不便だよな。鎌倉の寺院みたいに交通系ICカードで支払いができるとかあってもいいのにというのは感じた。

今回の旅で、京都の紅葉めぐりはこの本を参考にしてみた。ぱらぱらと眺めるだけも美しい写真集だった。

禅林寺(永観堂)
時間:9:00-16:00(季節によって変更あり、紅葉時期はライトアップあり)
休み:無休

保存

Related Post

中之条ビエンナーレ2015 – 沢渡エリア編... 暮坂峠をくだってきて沢渡にやってきた。ここでは蛇野と丸伊製材のあたりがみどころのひとつ。どちらも広い駐車場があるのでアクセスしやすいのがいい。 蛇野のエリアは2年前と比べても廃墟感がましたというか、自然に還ってきているというか、建物が緑に覆われてきていたり、足場ががたついていたり。 なに...
中之条ビエンナーレ2015 – 四万温泉エリア編... 積善館 2015年の中之条ビエンナーレ。四万温泉にやって来た。 以前のビエンナーレでは積善館のなかまで開放していて結構楽しかったのだが、いまは入口にある小さな建物くらいで、ちょっと規模が小さくなっちゃったなというところ。 しかし、「千と千尋の神隠し」のモデルを自称するだけあって趣...
花よりビリヤニな千鳥ヶ淵の桜とインド大使館のフェスティバル... 千鳥ヶ淵の桜を観に行ったら、まだあまり咲いていなかった。しかし、九段下のインド大使館では「さくらフェスティバル2016」をやっていたので、これはいかなくては!と訪問。 これってまさに花より団子みたいな状態。とはいえ、インド大使館のこのイベントは面白いので外せない。都内のインド料理の名店が大使館...
林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...
中之条ビエンナーレの旅2015年秋 2年に一回の芸術祭、中之条ビエンナーレを楽しむ旅。今回も面白い旅になったなあ。会期中に2回も行っちゃったものな。そして、2回目の方がより楽しめたかなって思う。なにより中之条の美しい風景を堪能できた。 他の芸術祭と比べても比較的コンパクトにまとまっているので、2~3日あればかなり見てまわれると思...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください