永観堂で圧倒的な紅葉の風景を楽しんだあとは、ちょっと来た道を戻るように動物園のよこを通って知恩院に向かう。

ここは修学旅行の定番スポットだし、何度も来ているけれど、修学旅行でしか来たことがない人は、改めて自分の足で歩いてみると全然違う印象をもつと思う。人に連れてこられて、旅するよりも自分の足で旅した方が断然楽しい。

知恩院も三門の風景は圧巻で、ここでのんびりと過ごすのも京都に来たなあって気持ちになる。そこから長い階段を上がって御影堂に行くのだが、2019年まで8年がかりくらいで大改修工事をしているなんて知らなかったので驚いた。

迫力ある三門
本堂は修復工事中
紅葉も終わりかけていた

ほぼ半解体して改修しているとのことで、建物全体が覆われている。2020年にむけてどこも改修工事をしているのだな。こういうのってきっかけがあった方がやりやすいだろうし、オリンピック効果ということなのだろう。

ということで知恩院。三門以外にはあまり観るところがなさそうな気がしているが、紅葉の名所でもあるのでとりあえず見てまわる。でも永観堂を見てまわったあとだとやや迫力にかけるところはあるよなあって思えてしまう。方丈庭園の紅葉がきれいとの話しだったが、今回はパスしてしまった。

とはいえ、三門の風景ふくめて散歩に立ち寄るには贅沢で美しい風景だ。

知恩院
時間:9:00-16:30

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です