永観堂で圧倒的な紅葉の風景を楽しんだあとは、ちょっと来た道を戻るように動物園のよこを通って知恩院に向かう。

ここは修学旅行の定番スポットだし、何度も来ているけれど、修学旅行でしか来たことがない人は、改めて自分の足で歩いてみると全然違う印象をもつと思う。人に連れてこられて、旅するよりも自分の足で旅した方が断然楽しい。

知恩院も三門の風景は圧巻で、ここでのんびりと過ごすのも京都に来たなあって気持ちになる。そこから長い階段を上がって御影堂に行くのだが、2019年まで8年がかりくらいで大改修工事をしているなんて知らなかったので驚いた。

迫力ある三門
本堂は修復工事中
紅葉も終わりかけていた

ほぼ半解体して改修しているとのことで、建物全体が覆われている。2020年にむけてどこも改修工事をしているのだな。こういうのってきっかけがあった方がやりやすいだろうし、オリンピック効果ということなのだろう。

ということで知恩院。三門以外にはあまり観るところがなさそうな気がしているが、紅葉の名所でもあるのでとりあえず見てまわる。でも永観堂を見てまわったあとだとやや迫力にかけるところはあるよなあって思えてしまう。方丈庭園の紅葉がきれいとの話しだったが、今回はパスしてしまった。

とはいえ、三門の風景ふくめて散歩に立ち寄るには贅沢で美しい風景だ。

知恩院
時間:9:00-16:30

Related Post

二見興玉神社に参拝してきた 伊勢神宮とならび、フォトジェニックな神社ですごく好きなのが二見浦にある二見興玉神社。車で行くと、海岸沿いに駐車場があるので、そこで停める場所をなんとかみつけてアクセスできる。 海岸沿いの神社でちょっとした散歩道としても気持ちがいい。ここで祀られている神様のつかいはカエルとのことで、境内のあちこ...
ルアンパバンお寺巡り ルアンパバンの観光となると、朝の托鉢がおわれば自転車を借りて市内のお寺を巡ってみるのがいいと思う。なにせ80あまりもあるので、名前を覚えきれないくらいたくさんある。 王宮 寺院によっては、僧侶と結構気さくに話せたりするところもあったり、雰囲気も異なるので、自分が好きだなって思う場所を探...
「定義山詣で」と「三角あぶらあげ」(仙台郊外)... 常義山は仙台から山奥へ進んだところにある 今年のさくらんぼ狩り旅は、仙台方面へと向かうことにした。 道の駅村山でひと休みしたあと向かったのは、仙台と山形の境近くにある定義山。 ここは仙台市であることが嘘のような山深いところにあるのだが、ずっと昔、地元の友人に連れてきてもらって以来...
源光庵のふたつの窓「迷いの窓」「悟りの窓」をみてきた... 京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。 ...
ワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)とプラナコーン ノーンレン... プラナコーン区の北側にあり、巨大な大立仏像が有名なワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)。アユタヤ王朝時代である1752年に建立された格式高い寺院であるが、観光地からははずれているので信心深い地元の人が訪れる静かな場所。 プラナコーン ノーンレンに泊まると、屋上からみえ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です