この京都旅行は2016年に行ったものなのだが、たしかに一部で修繕工事をしていた記憶がある。そして、この旅のあと2017年2月からは本堂を覆う本格的な修復工事に入ったみたいで、現在はすっぽりと覆いに被さっているらしい。

工期は2020年までかかる大規模な工事とのことで、覆いが被さった清水寺の風景はそのときしか観られないということだが、なんとなく風情がないともいえる。清水寺はすごく久々に訪れたけれど、2016年のうちに観ておいてよかった。

それにしても、紅葉シーズンのこのあたりは清水寺に行くにも一苦労する大混雑だ。通常であれば清水道(松原道)をあがって両脇の露天をながめたり立ち寄ったりしながら行くものだが、紅葉シーズンであれば、このルートは避けて裏道(清水新道)を利用した方がいいと思う。

賑わいもまた楽しいが程度の問題でもある
大賑わいの門前街

清水寺へ参拝の裏道

どちらかというと清水寺からの帰り道に利用するのがいいと思う。仁王門付近から茶わん坂という坂道があり、ここをくだっていくと、五条坂の交差点に出てくる。

この通りはほぼ一直線の道幅の広い坂道でたまに車が通るものの、清水道に比べるとぐっと混雑度合いも少なく歩きやすい。通りの両側には最近おもしろそうなお店も出てきているので、こちらの道を通って戻るのもまた楽しい。

茶わん坂

紅葉シーズンの清水寺

とにかく人が多いのひと言なのだが、人が多くてもここからの一望する京都の風景は一見の価値がある。昼間に訪れて紅葉の色合いを楽しんだり、京都の街並みを眺めるのもいいけれど、紅葉シーズンなどに実施される夜間のライトアップはまた違った美しさが楽しめる。夜の京都は美味しいごはんが沢山あって悩ましいところだが、その誘惑を振り切ってでも清水寺から眺める夜景は美しいし観てよかったと思えるはずだ。

パノラマ
夕方の紅葉

写真を撮る場合、大舞台からすぐのところはあまりにも混雑がひどく、そして写真撮影を遠慮するようにアナウンスがある。ここからの景色は確かに美しいのだが、もう少し進んだところにある展望台からみた方が美しく、いわゆる清水寺らしい定番の風景を眺めることができるので、まずは展望台の場所まで移動した方がいい。

舞台下から眺める清水寺の風景もまた絶景。昼にきても夜にきても違った風景を眺めているかのようだ。寺社仏閣についてはあまり詳しくはないので、由来などを細かく書くといったことはできないけれど、京都旅行であまりにも定番な清水寺はあまり来ていなかったことを後悔するくらいに美しい風景だった。

 

音羽山 清水寺

Related Post

クアンシーの滝はラオスの九寨溝みたいなところ... バイクの旅 ルアンパバンでレンタルバイクを借りて向かったのはクワンシーの滝(Kuang Si Falls)。 それほど難しくもない田舎道をのんびり走るルートなので、バイクを借りてのんびり行くにはうってつけのところ。 ツアーで行くのも安上がりなんだけど、自分で運転する自由さにはかえ...
高雄の美麗島駅は地上部分の建物もまた必見... 世界でもっとも美しい地下鉄駅のひとつにも選ばれたことがある高雄の美麗島駅。改札階にあるステンドグラスに目が行きがちだけど、出口の建物は日本の高松伸が設計していて、ガラスを多用した建物は朝晩の時間帯に幻想的な風景を作り出していて必見の建物だ。 今回は美麗島近くのAirbnbに泊まったので、早朝に...
気軽に立ち呑みできるが本格的「The Northern Lights Corner」で京都の夜を締め... 今回の京都旅のラストは河原町のバーで過ごしてみることにする。 四条河原町の裏通りにあるThe Northern Lights Cornerは、祇園にある「FINLANDIA BAR」(フィンランディア・バー)や、今回も訪れたThe Common One Bar Kyotoと同じ系列でもっとカジ...
電動自転車でいくバガン寺院めぐり バガンの寺院巡りをする際に活躍するのは電動自転車の活用になる。 自転車といっても日本にあるようなアシスト的なものじゃなくて、原付電動バイク(ペダル付き)という感じのもので、時速30キロくらいまで出すことができる。 今回の旅で僕ははじめて電動ではあるけれど、バイクを運転してみたのだが、これ...
川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください