すいばでほろ酔いになった後、京都に住む友人と合流。思い出の場所という祇園の歩兵で餃子を食べることにする。前回の訪問は真冬のオフシーズンだったけれど、紅葉のハイシーズンには予約しておかないと、スムーズに入店することは難しそうだ。

歩兵は祇園の北側エリアにあり、祇園白河から巽橋を渡ってすぐのところ。京都に古くからありそうな建物の外観からは、ここが餃子店だとはまったく思わないだろうな。お店の前に自転車がとまっていて、ちょっと安心する。そんな感じ。

お店の外観、相変わらず自転車で来るお客が主流

店内はテーブル席がいくつかあるけれど、基本的にはカウンター席。ビールは生ビールもあるのだが、瓶ビールはアサヒ、キリン、サッポロと主要銘柄をそろえていて、なにげにここはこだわっている。やっぱり餃子には瓶ビールだよな。

ポテトサラダの写真撮るのを友人に妨害されたりしたのだが、ここは餃子以外の一品もビールによくあう美味しさだ。長居するタイプのお店ではないけれど、あれこれ頼んで食事を楽しむのもまたいいと思う。

ポテトサラダ
きゅうりをつまむ
そして餃子!

そして餃子。すごく小ぶりの餃子なので、二皿くらいなら女性でも食べてしまえると思う。普通の餃子と生姜餃子を食べ比べしてみてもらいたい。味噌ダレで食べる生姜餃子の美味しさは歩兵ならではの味だよなあ。すっかり、僕にとっても京都での定番の味となった。

ここの生姜餃子は絶品のうまさで歩兵ならではの味だと思う。

前回の訪問:祇園のぎょうざ歩兵で生姜餃子

 

ぎょうざ 歩兵
住所:京都府京都市東山区清本町373-3
時間:18:00-26:00
休み:日・祝

Related Post

Tonhom Pakchee – バンコク下町イタリアン... プラナコーンノーンレン滞在中にランチに寄ってみたレストラン。 人通りの多い交差点に立地していることもあって、ランチタイム時には賑わっているのだけど、回転が速いので待つことはないと思うし、待って食べるほどのお店でもない。 プラナコーンノーンレンに泊まってなければ、おそらく食べることはないと...
一平(船橋) – 古きよき庶民的な居酒屋... 千葉にある船橋は、いまもむかしも料理待ち的なところがあって、昔の海岸線である国道14号線の近くは路地が迷路みたいに入り組んでいたり昔の名残が残っている地区がある。 整理された状態よりもこういう混沌とした状態の方が好きな僕としては、好きな街のひとつなのだけど駅前からちょっと外れたところに一平とい...
京鼎樓バルのランチは微妙な感じ 恵比寿でランチをしたときに、バーガーマニアの隣にある京鼎樓の廉価版みたいな京鼎樓バルでランチをしてきた。 僕の感想としては、中華料理っぽさを出しつつ違う料理がメインなのはまさにバルという名前がついているだけのことはあるなというもの。フードコートみたいな料理だった。 京鼎樓バルへのアクセス...
Barrio(バリオ)はシェムリアップで気軽にいけるビストロ的な存在... シェムリアップで夕食を食べるときに、手軽に美味しいビストロとして行ってみたところ。 ワインリストはそれなりに豊富だし、料理も数百円レベルでちゃんとしたフレンチ出てくるので、行かないという選択肢が思い浮かばないくらいのレストランだった。 問題点をしいていえば、エリアがちょっと離れているので...
カフェ コチ – 老舗の京都カフェは居心地も最高によい... 京都で古くからあるカフェのひとつで、昔からスタイルを変えることなくやっている。 ちょっと外れたところにあるのに結構混んでいて、ハイシーズンはほぼ入れない。でも、ここで長居したくなる気持ちはよく分かる。昼も夜もそれぞれに気持ちがいいカフェだと思う。 アクセス 富小路通と姉小路通の交差...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください