京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。

ということで、京都の市街地からは少し離れたところにある源光庵へ行ってみることにした。

源光庵へのアクセス

地下鉄烏丸線の北大路駅まで行って直結している北大路バスターミナルから市営バス(市営北1)に乗って20分くらい。

結構荒い運転をする市バスで鷹峯源光庵前で降りると、目の前が寺院の入口である。北大路バスターミナルのところに源光庵行きのバスはこちらという看板があるので、それを目印にすると迷わない。行くならば渋滞のはじまる前の午前中に行くのがいいと思う。

「迷いの窓」「悟りの窓」

テレビコマーシャルの「そうだ 京都、行こう。」でも有名になったふたつの窓は1694年の建立。「迷いの窓」は人間が生きていく上で逃れられない「釈迦の四苦」を四つの角で表現しているとのこと。

迷いの窓
悟りの窓

それに対して隣にある「悟りの窓」は大宇宙を表現する「禅と円通」の心だそうで、角が取れて丸くなった心ということだろうか。鎌倉にある明月院の丸窓も悟りの境地をあらわしているみたいだが、悟りを開くという境地は偏見とか角のない心で見える世界のことなのだろうな、きっと。

この窓から見える風景は寺院の庭園の借景となっていて、季節によって異なるという。訪れたタイミングでは雨が降りそうな天気で光が弱かったのだが、この窓の風景はきりっと澄んだ空気のなかで観るのが美しそうだ。季節を変えて四季の風景を眺めに訪れたいところ。

また、訪れたときには気づかなかったのだが、ふたつの窓がある本堂の天井は伏見城の遺構で、1600年に起きた伏見城の戦いで徳川家側が自刃した際についた血の板が天井に再利用され「血天井」として後悔されていたらしい。そんな生々しい天井があったなんて。次に訪れたときには見学をしてみようかと思う。

鷹峰山 源光庵
住所:北区鷹峯北鷹峯町47
時間:9:00-17:00

Related Post

休日の高雄、港湾のエリアを散歩する... 街中はせわしない感じだったので、港湾エリアを歩いてみることにする。横浜のみなとみらいのあたりみたいな雰囲気があって散歩には気持ちがいいところだった。 休日に一二三亭から道なりに歩いて行くと、空には凧がお正月かよっていうくらいあがっているのが見える。ここはかつて鉄道駅だったところみたい。いまでは...
山居倉庫は酒田のシンボル的な存在、必見の建物... 以前に書いたブログでは、山居倉庫に行くには午後がよいと思うって書いていたのを思い出した。 しかし今回、朝に行ってみて樹齢150年を越えるケヤキ並木は朝に行くとものすごく気持ちいいなと感じた。なので、山居倉庫に行くには朝のうちか午後からがおすすめってことにしたい。でも、朝の方が気持ちよかったな。...
安平老街のカフェでクマと和む 安平老街を散歩しているときに見つけた小さなカフェ。目印はこの常連客のクマ。 最初、お店の外からみかけたときは、ずんぐりしたおじさんがカフェのテーブルで落ち込んでいるのかと思った。。 本当に小さなカフェで趣味でやっているのか?くらいなので食事をするまでもないし、ドリンクの種類もあまりないの...
木崎湖を眺める 安曇野から信濃大町を通りすぎて木崎湖まで。ここは、「おねがいシリーズ」というアニメのモデル(聖地)となっていて、結構前のアニメらしいのだがいまだに多くのファンがやってきている。僕は見たことないけれど、ここの風景は美しくて好きな場所。今回は湖を見下ろす場所を通ってぐるっと一週してきた。 ...
下町お花見のんびり散歩「あらかわ遊園」へ行ってきた... 小石川植物園と同じくらい「東京にこんな場所があったんだ」と思ったのが荒川区にある「あらかわ遊園」。区営の遊園地で夕方には閉まっちゃうのだが、ふるきよき遊園地の雰囲気があり、そして入園料も安くて観覧車とか結構楽しい。浅草の「花やしき」がさらにアットホームになったかのようだ。住宅地の真ん中にこんなところ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください