京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。

ということで、京都の市街地からは少し離れたところにある源光庵へ行ってみることにした。

源光庵へのアクセス

地下鉄烏丸線の北大路駅まで行って直結している北大路バスターミナルから市営バス(市営北1)に乗って20分くらい。

結構荒い運転をする市バスで鷹峯源光庵前で降りると、目の前が寺院の入口である。北大路バスターミナルのところに源光庵行きのバスはこちらという看板があるので、それを目印にすると迷わない。行くならば渋滞のはじまる前の午前中に行くのがいいと思う。

「迷いの窓」「悟りの窓」

テレビコマーシャルの「そうだ 京都、行こう。」でも有名になったふたつの窓は1694年の建立。「迷いの窓」は人間が生きていく上で逃れられない「釈迦の四苦」を四つの角で表現しているとのこと。

迷いの窓
悟りの窓

それに対して隣にある「悟りの窓」は大宇宙を表現する「禅と円通」の心だそうで、角が取れて丸くなった心ということだろうか。鎌倉にある明月院の丸窓も悟りの境地をあらわしているみたいだが、悟りを開くという境地は偏見とか角のない心で見える世界のことなのだろうな、きっと。

この窓から見える風景は寺院の庭園の借景となっていて、季節によって異なるという。訪れたタイミングでは雨が降りそうな天気で光が弱かったのだが、この窓の風景はきりっと澄んだ空気のなかで観るのが美しそうだ。季節を変えて四季の風景を眺めに訪れたいところ。

また、訪れたときには気づかなかったのだが、ふたつの窓がある本堂の天井は伏見城の遺構で、1600年に起きた伏見城の戦いで徳川家側が自刃した際についた血の板が天井に再利用され「血天井」として後悔されていたらしい。そんな生々しい天井があったなんて。次に訪れたときには見学をしてみようかと思う。

鷹峰山 源光庵
住所:北区鷹峯北鷹峯町47
時間:9:00-17:00

Related Post

中目黒の桜 2015年編 自分への備忘録としても記録。2014年の記録をみてみたら、3月28日には咲き始めたと思ったら、週があけた31日には満開と書いていて、なんだ今年と同じような状況だったのかと気づく。 2015年の中目黒の桜は3月27日に咲き始めたかと思ったら、週末あけた3月30日にはいきなりもう満開になっていた。...
隠れた名店、京都北野にある「煉屋 八兵衛」の絶品わらび餅... 京都は和菓子の名店が多くていろんなスイーツがあるけれど、地元の人におすすめされた隠れた名店なのが北野天満宮近くにある「煉屋 八兵衛」というお店。 北野天満宮の入口から1-2分歩いたところにある。ちょっと裏通りの住宅街にあり、お店の外観はどこにでもある街の洋菓子店のようだ。店内も小さなショーケー...
龍安寺がもつ楽しさを確かめに行く 京都を旅していてもお寺巡りなどもあまりないこのブログなのだけど、ひさびさに龍安寺を訪れてみた。 冬の朝の龍安寺はまさに「冬は、つとめて。」の世界のよう。静かで人気のない境内や庭園を心ゆくまで眺めることができる。行くならば朝イチで行くのがよい。 龍安寺へのアクセス 市バスで向...
五色沼でボートを漕いできた 会津若松をあとにして少し裏磐梯の方へと行ってみることにする。このあたりは6月に来た東北旅で立ち寄りたかったところなのだが(2016年6月 行くぜ、東北。初夏のさくらんぼ狩り編)やはり行程には無理があったかもしれないなって思えるくらいに広いエリアだった。 気になっていたのは裏磐梯にある五色沼とい...
バガンを気球で飛んでみる 今回の旅でミャンマーに来てみたのは、朝もやのバガンの寺院群の上を飛んでいく気球をみて、それに乗ることができるのを知ったから。 現地の旅行会社を通じてBalloons over Baganに予約をいれてバガンへと向かったのだが、いろいろなことがあり、結局はちがうバルーン会社の気球に乗ることになっ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください