京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。

ということで、京都の市街地からは少し離れたところにある源光庵へ行ってみることにした。

源光庵へのアクセス

地下鉄烏丸線の北大路駅まで行って直結している北大路バスターミナルから市営バス(市営北1)に乗って20分くらい。

結構荒い運転をする市バスで鷹峯源光庵前で降りると、目の前が寺院の入口である。北大路バスターミナルのところに源光庵行きのバスはこちらという看板があるので、それを目印にすると迷わない。行くならば渋滞のはじまる前の午前中に行くのがいいと思う。

「迷いの窓」「悟りの窓」

テレビコマーシャルの「そうだ 京都、行こう。」でも有名になったふたつの窓は1694年の建立。「迷いの窓」は人間が生きていく上で逃れられない「釈迦の四苦」を四つの角で表現しているとのこと。

迷いの窓
悟りの窓

それに対して隣にある「悟りの窓」は大宇宙を表現する「禅と円通」の心だそうで、角が取れて丸くなった心ということだろうか。鎌倉にある明月院の丸窓も悟りの境地をあらわしているみたいだが、悟りを開くという境地は偏見とか角のない心で見える世界のことなのだろうな、きっと。

この窓から見える風景は寺院の庭園の借景となっていて、季節によって異なるという。訪れたタイミングでは雨が降りそうな天気で光が弱かったのだが、この窓の風景はきりっと澄んだ空気のなかで観るのが美しそうだ。季節を変えて四季の風景を眺めに訪れたいところ。

また、訪れたときには気づかなかったのだが、ふたつの窓がある本堂の天井は伏見城の遺構で、1600年に起きた伏見城の戦いで徳川家側が自刃した際についた血の板が天井に再利用され「血天井」として後悔されていたらしい。そんな生々しい天井があったなんて。次に訪れたときには見学をしてみようかと思う。

鷹峰山 源光庵
住所:北区鷹峯北鷹峯町47
時間:9:00-17:00

Related Post

ほぼ改修の終わったワット アルン(暁の寺)へ行ってきた... チャオプラヤ エクスプレスに乗っているときに、川沿いにたつひときわ美しいシルエットをみせてくれるワット アルン。 随分と長いこと改修工事をしていて、仏塔にも足場が組まれていたらしいのだが、川から船で見たところ、足場はなくなり元の姿に戻っていたので、行ってみることにした。 渡し船。1分の...
まつだい「農舞台」と詩情的世界の棚田... 大地の芸術祭の拠点として最大規模の施設が、ここ松代駅に隣接している、まつだい農舞台という建物。ここには、半屋外型の劇場施設と、建物内には小さめのミュージアムとショップ、カフェが入っている。トイレも清潔でデザインも洗練されているのでおすすめ。 また、ここで有名なのは農舞台をはさんで反対側にある棚...
津南でひまわりをみる 一面のひまわり畑って観光スポットとしていくつかあって、山梨の明野が有名なのだけど、僕としては津南のひまわり畑の方をおすすめしたい。 理由としては、夏場の中央道ってばかみたいに渋滞しているし、まだ関越道の方がマシ。そして、津南の方が人も少ないし、全体的に暑すぎず(明野は暑い・・)、高原っぽい感じ...
埼玉の地下神殿、那須の紅葉。 じつは去年も観に行ってきたのだけど、なぜか地下神殿にいる間はカメラが壊れていて、まったく写真が残っていなかった。地上に戻ったら直っていて、家に帰って写真がないことに気がついた。 結構ショックな出来事だったのだが、地下神殿にまたやって来る理由ができたというものだ。地下神殿とはいうものの、実際には...
中之条ビエンナーレ2013(暮坂編) 芸術の秋ってことでもないけれど、群馬の中之条で2年ごとに開催されている中之条ビエンナーレをみてきた。 暮坂峠を含む、暮坂エリア編なのだが、僕のなかではこのビエンナーレのなかで最も印象が薄いエリアというかなんというか・・。六合から中之条に抜ける道すがら通ってみたという印象。スタン・アンダソンの「...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください