大徳寺で寺院めぐりしていると日もあがってきて、そこからさらに京都市街へと戻ってくる。バスで10分くらい、歩いても20-30分くらいで北野天満宮があるエリアまでやって来ることができる。

ここまで来ると北野天満宮への参拝もいいけれど(今回はパスしましたごめんなさい)、門前にある「粟餅所 澤屋」に行かないというのはちょっと考えられない。

お店ののれん、ちょっとかわいい
粟餅の定番、あんこときなこ。お茶が激アツなので注意すること。

創業は天和2年(1682)と古く、江戸時代から名物として知られている「北野粟餅」の老舗として有名なお店。330年を越える歴史があるというのがすごい。名物は粟餅(あわ)で、昔は米が高価だったので代用品として粟(あわ)で餅を作っていたけれど、21世紀の現代では粟の方が珍しいくらいだ。

お土産物も売っているがすぐに風味が落ちてしまうので、お店で食べる味には到底かなわない。

しかし、お店で食べる粟餅は、注文してからお餅をころころと丸めて作って出してくれるのでもう絶品。トロッとしたお餅の柔らかさと、粟の粒を感じる食感、きなこやあんこの上品な甘さの組み合わせは長年の研鑽のたまものだなと思う。京都に住んでいる友人も「お店で食べないとダメなやつだ」というくらいなので、お店で食べてこそのものだろう。

人気店ではあるけれど、近所に行列ができるようなお店ができたこともあり、意外な穴場になっている。ちょっとお茶休みをするにはいいところだ。

粟餅所 澤屋
住所:京都府京都市上京区北野天満宮前西入紙屋川町838-7
時間:9:00-17:00(売り切れ終了)
休み:木曜、毎月26日

Related Post

兩倆は台南古民家カフェの最先端な場所... 台南の新しいトレンド発信地が新農街から信義街にもひろがってきているような感じがするカフェ。カフェだけでなく、新しいアートの発信地としても面白い。 兩倆へのアクセス 台南市街地からみると北西側、新農街から北に向かって進んだエリアである信義街という路地にある。兩倆以外にも古民家をリノベーショ...
中國冰室でレモンコーラなるものを頼んでみた... 香港に古くからある、レトロスタイルなカフェである「冰室」というお店の代表格ともいえるのが旺角にある中國冰室。 香港映画に出てきそうな雰囲気だなと思っていたら、ロケに使われることが多いみたいだ。 お店のある通りの雰囲気も、お店に集う人たちの雰囲気も香港らしい感じがあって旅情あふれている。こ...
松之助 NYのパンケーキ 代官山界隈でランチあとにお茶するならってことで、立ち寄ってみた。おしゃれなカフェなのだが、ニューヨークスタイルのカフェらしく、それで店名が「松之助N.Y.」なんだろうな。 ここは、もともとは平野顕子のアップルパイが有名なお店なのだけど、いまはフォトジェニックで美味しいパンケーキも有名になってい...
【閉店】クリスマスのCafe Junkies、地下鉄が開通してアクセスが便利に!... 台北でもっともお気に入りのカフェのひとつであるCafe Junkiesにふたたび。(前回の訪問、その前の訪問) 2014年11月に台北のMRT新線(松山線)が開通して、その台北小巨蛋站(Taipei Arena Station)から歩いてほんの数分の位置にあるので、地下鉄開通に伴ってアクセスが...
北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です