大徳寺で寺院めぐりしていると日もあがってきて、そこからさらに京都市街へと戻ってくる。バスで10分くらい、歩いても20-30分くらいで北野天満宮があるエリアまでやって来ることができる。

ここまで来ると北野天満宮への参拝もいいけれど(今回はパスしましたごめんなさい)、門前にある「粟餅所 澤屋」に行かないというのはちょっと考えられない。

お店ののれん、ちょっとかわいい
粟餅の定番、あんこときなこ。お茶が激アツなので注意すること。

創業は天和2年(1682)と古く、江戸時代から名物として知られている「北野粟餅」の老舗として有名なお店。330年を越える歴史があるというのがすごい。名物は粟餅(あわ)で、昔は米が高価だったので代用品として粟(あわ)で餅を作っていたけれど、21世紀の現代では粟の方が珍しいくらいだ。

お土産物も売っているがすぐに風味が落ちてしまうので、お店で食べる味には到底かなわない。

しかし、お店で食べる粟餅は、注文してからお餅をころころと丸めて作って出してくれるのでもう絶品。トロッとしたお餅の柔らかさと、粟の粒を感じる食感、きなこやあんこの上品な甘さの組み合わせは長年の研鑽のたまものだなと思う。京都に住んでいる友人も「お店で食べないとダメなやつだ」というくらいなので、お店で食べてこそのものだろう。

人気店ではあるけれど、近所に行列ができるようなお店ができたこともあり、意外な穴場になっている。ちょっとお茶休みをするにはいいところだ。

粟餅所 澤屋
住所:京都府京都市上京区北野天満宮前西入紙屋川町838-7
時間:9:00-17:00(売り切れ終了)
休み:木曜、毎月26日

Related Post

夜の高台寺のライトアップは美しい ちょうど京都旅の直前に万城目学の書いた「とっぴんぱらりの風太郎」を読んでいたので、北政所が住んでいた高台寺のことは気になっていた。 高台寺は旦那である豊臣秀吉の冥福を祈るために建立した寺院であり、寺の前は仏門に入った際につけられた「高台院」という名にちなんでいる。豊臣秀吉って飽くなき権力者であ...
清澄白河の古いアパートがおしゃれなカフェに!「fukadaso CAFE」でのんびりとした時間を過ご... 大手町まで地下鉄で10分で行けるところにこんな静かな街があったのかと思ってしまう清澄白河の雰囲気。ここが深川と呼ばれていた江戸から戦前にかけての空気感みたいなのが残っていて、ここだけ穏やかな空気が残っている感じがする。フカダソウカフェはそんななかで、古いアパート兼倉庫だった建物をリノベーションしてカ...
【閉店】クリスマスのCafe Junkies、地下鉄が開通してアクセスが便利に!... 台北でもっともお気に入りのカフェのひとつであるCafe Junkiesにふたたび。(前回の訪問、その前の訪問) 2014年11月に台北のMRT新線(松山線)が開通して、その台北小巨蛋站(Taipei Arena Station)から歩いてほんの数分の位置にあるので、地下鉄開通に伴ってアクセスが...
かもめブックスに併設されている「WEEKENDERS COFFEE All Right」(神楽坂)で... 「美味しい珈琲さえあれば、BOOKS ARE ALL RIGHT!!」というキャッチフレーズで、神楽坂のかもめブックス内にあるカフェ。京都にあるロースターカフェ「WEEKENDERS COFFEE」の豆を使ったコーヒーが味わえて、テイクアウトをすることもできる。かもめブックスに来たら、ぜひここでコー...
古民家そのまんま、存憶Cafe Barで夕暮れ時を過ごす... 永楽市場のある國華街をさらに北側のあたりを散歩していて偶然みつけたカフェ。夕暮れ時を少し過ぎたくらいで、市場のお店も閉店の準備をしていて、あたりのみんなは帰宅のラッシュみたいなときに、街の中にぽつんとある古民家の風情は駄菓子屋みたいな感じもある。 なんか味がありすぎるくらいの雰囲気で表の通りに...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください