南禅寺から北につづく哲学の道の最終地点である銀閣寺。北野天満宮からも市バスで数分のところにあるので、京都を西から東に横断してやってきた。

調べてみると銀閣寺、1490年と応仁の乱の後、室町時代の末期につくられていて、繁栄期に作られた金閣寺と比較するとたしかに地味な雰囲気。でも、その控えめながらシンプルなつくりは現代にはしっくり来る感じがする。

銀沙灘と向月台
向月台
銀沙灘

世界遺産にも登録されているので、世界中から観光客が集まる人気の場所で結構混雑でもある。静かな雰囲気をもとめるのであれば早朝とかに訪れた方がよさそうだ。少なくともお昼くらいの状態だと結構な賑わいだった。

入口を入るとすぐに有名な「銀沙灘」と「向月台」と呼ばれている庭園に出てくる。真っ白な砂をつかった庭園は陽の光に照らされるとまぶしいくらいで、銀世界ともいえるよなって思えるのだが、これは江戸時代に改修された庭園で創建当時の雰囲気からはだいぶ異なるものらしい。

ここから奥の方に進むと銀閣寺の裏山へと登るルートがあり、観光で疲れ切った足では悩ましいところだが、登ってみると清水寺とはまた異なる京都の町が一望できるので来てみてよかったなと思える風景だ。とくに紅葉シーズンは美しく、自然と寺院の組み合わせが日本らしい風景を作っている。

庭園
庭園
裏山から京都を一望

銀閣寺の有名な建物は外側から眺めるだけだが、昔から手入れをされ続けていることもあり、普通に家として住んでも気持ちよさそうだなとか思ってしまうくらい。

こういう修学旅行で来るような定番の観光地ってなかなか足が向かないものなのだが、自分の足で来てみると全然違った風景があり、感じ方ができるのだなと新鮮な感じがした。定番の観光地もいいものだな。

慈照寺(銀閣寺)
住所:京都市左京区銀閣寺町2
時間:(3/1-11/30)8:30-17:00, (12/1-2/末)9:00-16:30

Related Post

アンコール遺跡巡り(基本ルートとメジャー編)... 今回は現地で友人と合流して、ツアーガイド的なことをしたので、ひさびさにアンコール遺跡群を巡ってきた。 昔にきたときと比べると随分整備されてもう地雷注意の看板もなければ、内戦時の銃弾の跡を見つけることもない。 でも、世界屈指のパワースポットであり神聖な場所に圧倒される感覚は変わりがない。...
ワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)とプラナコーン ノーンレン... プラナコーン区の北側にあり、巨大な大立仏像が有名なワット イントラウィハーン(Wat Intrarawihan)。アユタヤ王朝時代である1752年に建立された格式高い寺院であるが、観光地からははずれているので信心深い地元の人が訪れる静かな場所。 プラナコーン ノーンレンに泊まると、屋上からみえ...
JR最南端の西大山駅はなかなかの秘境駅... 指宿温泉から車で20分くらいと近いのだけど、列車の本数は1日数本というその少なさから鉄道でのアクセスが難しい秘境駅のひとつにあげられる西大山駅。ここは指宿枕崎線の鉄道駅としては日本最南端にあたり、ホームからは開聞岳がみえるのどかな駅で有名になっている。 ただし、無人駅で周囲にはなにもなく、鉄道...
クーハーカルハット宮殿に行ってきた(行き方地図つき)... ずっと前に見かけたTRANSITのタイ編や、トラベルハックの記事でみつけた洞窟の中にある不思議な風景の寺院。 いろいろ調べてみると、ホアヒンからそう遠くないところにありそうだったので、行ってみることにした。ネットの記事では結構簡単に行けそうな感じだったが、必ずしもそうではないと思う・・・。 ...
南禅寺は紅葉の定番スポット 秋の京都で紅葉めぐりをしてきた。新幹線で京都駅について、まず向かったのは南禅寺。毎回思うけれど、東京から京都に新幹線で来ると、かかった時間以上に街の雰囲気ががらりと違うので、旅をしているなって実感する。 地下鉄で蹴上駅まで行き、そこから琵琶湖疎水の横を歩くと「あ、ここブラタモリで出てきたところ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください