南禅寺から北につづく哲学の道の最終地点である銀閣寺。北野天満宮からも市バスで数分のところにあるので、京都を西から東に横断してやってきた。

調べてみると銀閣寺、1490年と応仁の乱の後、室町時代の末期につくられていて、繁栄期に作られた金閣寺と比較するとたしかに地味な雰囲気。でも、その控えめながらシンプルなつくりは現代にはしっくり来る感じがする。

銀沙灘と向月台
向月台
銀沙灘

世界遺産にも登録されているので、世界中から観光客が集まる人気の場所で結構混雑でもある。静かな雰囲気をもとめるのであれば早朝とかに訪れた方がよさそうだ。少なくともお昼くらいの状態だと結構な賑わいだった。

入口を入るとすぐに有名な「銀沙灘」と「向月台」と呼ばれている庭園に出てくる。真っ白な砂をつかった庭園は陽の光に照らされるとまぶしいくらいで、銀世界ともいえるよなって思えるのだが、これは江戸時代に改修された庭園で創建当時の雰囲気からはだいぶ異なるものらしい。

ここから奥の方に進むと銀閣寺の裏山へと登るルートがあり、観光で疲れ切った足では悩ましいところだが、登ってみると清水寺とはまた異なる京都の町が一望できるので来てみてよかったなと思える風景だ。とくに紅葉シーズンは美しく、自然と寺院の組み合わせが日本らしい風景を作っている。

庭園
庭園
裏山から京都を一望

銀閣寺の有名な建物は外側から眺めるだけだが、昔から手入れをされ続けていることもあり、普通に家として住んでも気持ちよさそうだなとか思ってしまうくらい。

こういう修学旅行で来るような定番の観光地ってなかなか足が向かないものなのだが、自分の足で来てみると全然違った風景があり、感じ方ができるのだなと新鮮な感じがした。定番の観光地もいいものだな。

慈照寺(銀閣寺)
住所:京都市左京区銀閣寺町2
時間:(3/1-11/30)8:30-17:00, (12/1-2/末)9:00-16:30

Related Post

アンコール遺跡巡り(ベンメリア編)... アンコール遺跡巡りで時間があれば言ってみるのがいいかなと思っているところ。シェムリアップの街からは結構離れいて、アンコール遺跡群を巡るのとは別の日程を組む必要がある。見学料金も別に必要となっているので注意が必要。 入口には警備員とか、自称ガイドみたいなのがいて、僕はこの人たちを雇ってガ...
ルアンパバンの托鉢、おすすめのスポットや時間について... 旅行者がルアンパバンに来る理由は、ここの町並みが世界遺産に登録されていることと、あとは毎朝の托鉢をみたり体験したりするために来るのだと思う。 この町は、メインストリートである、シー・サワンウォン通りやサッカリン通りを中心に、小さな旧市街のなかに80あまりの寺院があり、多くの僧侶が暮らしている。...
伝統の森での滞在 伝統の森の敷地 今回の旅行では、カンボジアまできて食べ歩きしている感がある(否定はしない)。 しかし、シェムリアップ郊外で運営されている伝統の森というところでの滞在は印象深いものだった。 伝統の森に行く手段としてもっとも一般的なのはシェムリアップでトゥクトゥクを手配して向かうとい...
【現在は立ち入り不可】近未来感があるのに懐かしい雰囲気がある、香港の「超密集住宅」をみてきた。... 香港らしい建物が入り組んで密集した風景といえば、かつては九龍城砦だったり、尖沙咀にある重慶大厦の四階から入り込む風景とか、いろいろとある。 そんななかで、最近注目されているのは、鰂魚涌(クオリーベイ)と太古(タイクー)の間にあるマンション群で「海景樓」「福昌樓」「海山樓」「益昌大廈」「益發大廈...
木屋町の「アジェ」で一人焼肉してきた... 京都まで行って焼肉かよって思うかもしれないが、こんなに美味しいホルモンあるならば京都まで行って食べる価値があるというもの。地元の人に教えてもらい行ってきた。予約ができるのは開店直後だけと限定されていて、それも予約困難な人気店。 その後は店頭で名前を行って並ぶのだが、30-40分は並ぶことになる...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください