京都の北の方までやって来たならば、立ち寄ってみたかったのは阿闍梨餅をつくっている京菓子 満月の本店。出町柳駅からもほど近いところで百万遍交差点近くの裏通りにある。

阿闍梨餅といえば最強の京都土産ともいえるもので、京都で八つ橋を買っている場合ではない。値段も手頃で地元の人からも支持のアツい和菓子なのです。東京でも新宿伊勢丹などで買うことができるけれど、ほんのり温かい出来たてが食べられるのは本店ならでは。

本店
見た目は普通だが、この阿闍梨餅が美味しいのです

イートイン的なところがあり、そこでいただくこともできるし、お土産としての購入も可能。京都駅などでは予約していないと買うのも困難な状況だけど、本店であれば無事に買うことができる。

阿闍梨餅はしっとりした皮の食感と、小豆のバランスが絶妙で、表面をすこし焼いて食べるのもまた美味しい。小ぶりで重厚な皮をもったどら焼きというべきもので、お土産にも最適。見た目は少し地味だが喜ばれることうけあいのお土産なのです。

阿闍梨餅本舗 満月 本店
住所:京都市左京区鞠小路通り今出川上る
時間:9:00-18:00
休み:水曜日不定休

Related Post

有次京都で包丁を買う 料理をしている人であれば、誰しも「いい包丁こそが、おいしい料理を作る近道である」ということは自明のことだと思う。 もちろん、素材や味付けなどの要素も多分に影響するけれど、たとえば牛すじなんて安い包丁じゃ全然切れないし、こういうのは小さく切って煮込んだりすると絶品なわけです。 そういうときに、...
餃子の歩兵、ふたたび。 すいばでほろ酔いになった後、京都に住む友人と合流。思い出の場所という祇園の歩兵で餃子を食べることにする。前回の訪問は真冬のオフシーズンだったけれど、紅葉のハイシーズンには予約しておかないと、スムーズに入店することは難しそうだ。 歩兵は祇園の北側エリアにあり、祇園白河から巽橋を渡ってすぐのところ...
プノンペンのセントラルマーケットは観光地です... フランス植民地時代である1930年代に建てられたアール・デコ調の優雅な建物。ドーム状の屋根が特徴でプノンペンの象徴的な場所なのだけど、最近の修復工事ですっかり味気ない感じになっている。なんかこう平坦な色合いにしちゃったな・・という感じ。 改修してぺったりした印象になった建物 中はそん...
「Elate 依蕾特 布丁奶酪」でなつかしい感じのプリンを食べる。... 文章牛肉湯からそれほど離れていないところにあるお店。安平と旧市街地の中間くらいのところにあって、自転車でアクセスするといいと思う。 一見すると普通の洋菓子店みたいな風情なのだが、ここのプリンは評判がよく有名なのです。以前はカフェがあったらしいのだが、いまは販売のみとなっている。でも、お店の前に...
フルーツショップ キヨカでのフルーツざんまい、ふたたび。... 前回訪れて、フルーツパフェを食べてすごい感動したお店。でも、つぎに来るのは当分先になるかなあとか思っていたのだが、案外はやく再訪してしまった。こんなことならスタンプカードを捨てるんじゃなかったと後悔した。 酒田から米沢までは地図だとそんなたいした距離じゃなさそうにみえてしまうのだが、高速道路が...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください