ちょうど市バスに乗っていたとき、車内のチラシで若沖展をやっていること知った。伊藤若沖は京都生まれの京都育ちだし、この街でみる若沖の作品もまた楽しそうだなと、とくに予定もなかったので行ってみることにする。結構行き当たりばったりの旅なのです。

京都市美術館について

京都市美術館は平安神宮のすぐそばにあり、バスでアクセスするのが便利なところ。昭和初期に作られたという建物は荘厳な感じすらある洋館なのだが、屋根などはお城みたいになっていたりする和洋折衷なつくりで、新しい物を取り入れつつ古きスタイルとあわせていく感じが若沖っぽいなと思ったりする。

「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」について

18世紀の京都にいた伊藤若沖は青物問屋の家業を継いでいたものの、40歳そこそこでさっさと隠居して残りの40年くらいは旅にも出ず京都で絵を描いて過ごしていたらしい。ただ、京都の街は長崎から伝わる西洋文化に触れる機会があったみたいでそれが若沖の画風にも出ているような感じ。

伝統的な平坦な日本画だけじゃなくて、漫画みたいな斬新な構図や色彩は見ていて純粋に楽しい。今回の展覧会は個人所有のものもあったりして、ジョー・プライスのコレクションによって逆輸入的に人気がでた若冲だけど、それ以外の作品がみられる貴重な機会だったと思う。

若冲らしい作風で圧倒的な迫力があったのは「象と鯨図屏風」という屏風絵で、日本画なんだけどなんか不思議、西洋画でもなく漫画のようなインパクト勝負の作品が面白い。200-300年前の京都でこんな絵を描いていたら、さぞかし変わり者だったろうし、長いこと日本で注目されなかったのも分かる気がする。でも、200-300年経った京都でこれをみると、いまだに斬新さを感じてしまうのはすごい。

それ以外にも習作のような普通の日本画もたくさんあって、作風の変化をみていけるのは興味深い展示だった。ジャンルは違うけれど、作品数の多さや作風の変化が楽しいというのはピカソのようでもあるな。

なんとなく行き当たりばったりで訪れた展覧会だったけれど、それほど混雑もなくてゆっくりと作品を楽しむことができた。京都で若沖をみるというのは地産地消みたいな楽しみがあるな。

 

京都市美術館「若冲の京都 KYOTOの若冲展」
開催:2016年10月4日-12月4日

Related Post

中之条ビエンナーレ2013(四万温泉編)... 芸術の秋!2年前に行ってすごい楽しかった、中之条ビエンナーレに今回も行ってきた。 六合からスタートして、初日で暮坂峠を抜けて沢渡を通り四万温泉へ向かう。この日は四万温泉にある中村屋という民宿に泊まるので、ここまで来ればもうお酒も飲めるってもんだ。 と、その前に中之条ビエンナーレをみてまわ...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の直島編)... 前回の開催から3年、来てみたかった瀬戸内国際芸術祭をみてきた。宇野から直島までフェリーで移動してきた。直島ではベネッセハウスに宿泊するという優雅な感じの旅となった。 瀬戸内国際芸術祭はすでに夏編が終了しているのだが、2013年10月5日から開催される秋編に向けての参考になればいいなと思う。 ...
古いビルが香港現代アートの発信地になっていた – 賽馬會創意藝術中心 (JCCAC)... 香港の都心と郊外のあいだにある寂れたエリアが現代アートの発信地になっていた。場所はMRT石硤尾駅から歩いて数分のところ。 なんだか寂れたエリアだよなあとか思っていると、古いビルが目当ての建物だった。 エントランス料金とかはとくにかからないのでなかにはいってみると吹き抜けのエリアにはペイン...
ちょっと拍子抜けしてしまった「土門拳記念館」... 今回の旅でかなり期待が大きいままに訪れてしまったせいかもしれない。写真家である土門拳の作品を展示している土門拳記念館に訪問したのだが、ちょっと拍子抜けしてしまった。 理由ははっきりしていて、事前に知っていた所蔵数は7万点とのことだけど、実際に館内に展示されているのはその5%くらいなんじゃないだ...
いちはらアート×ミックス2014「山登里食堂」編... いちはらアートミックスの開催期間中だけオープンしていた山登里食堂(やまどりしょくどう)に行ってきた。地産地消なラインナップで、地元の人も訪れていたみたいだし、通期でやってもらいたいなと思うくらいだった。 立地的にはかなり不便で古い食堂を居抜きで再活用している。入口にはテラスがあって大根がびっし...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.