ちょうど市バスに乗っていたとき、車内のチラシで若沖展をやっていること知った。伊藤若沖は京都生まれの京都育ちだし、この街でみる若沖の作品もまた楽しそうだなと、とくに予定もなかったので行ってみることにする。結構行き当たりばったりの旅なのです。

京都市美術館について

京都市美術館は平安神宮のすぐそばにあり、バスでアクセスするのが便利なところ。昭和初期に作られたという建物は荘厳な感じすらある洋館なのだが、屋根などはお城みたいになっていたりする和洋折衷なつくりで、新しい物を取り入れつつ古きスタイルとあわせていく感じが若沖っぽいなと思ったりする。

「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」について

18世紀の京都にいた伊藤若沖は青物問屋の家業を継いでいたものの、40歳そこそこでさっさと隠居して残りの40年くらいは旅にも出ず京都で絵を描いて過ごしていたらしい。ただ、京都の街は長崎から伝わる西洋文化に触れる機会があったみたいでそれが若沖の画風にも出ているような感じ。

伝統的な平坦な日本画だけじゃなくて、漫画みたいな斬新な構図や色彩は見ていて純粋に楽しい。今回の展覧会は個人所有のものもあったりして、ジョー・プライスのコレクションによって逆輸入的に人気がでた若冲だけど、それ以外の作品がみられる貴重な機会だったと思う。

若冲らしい作風で圧倒的な迫力があったのは「象と鯨図屏風」という屏風絵で、日本画なんだけどなんか不思議、西洋画でもなく漫画のようなインパクト勝負の作品が面白い。200-300年前の京都でこんな絵を描いていたら、さぞかし変わり者だったろうし、長いこと日本で注目されなかったのも分かる気がする。でも、200-300年経った京都でこれをみると、いまだに斬新さを感じてしまうのはすごい。

それ以外にも習作のような普通の日本画もたくさんあって、作風の変化をみていけるのは興味深い展示だった。ジャンルは違うけれど、作品数の多さや作風の変化が楽しいというのはピカソのようでもあるな。

なんとなく行き当たりばったりで訪れた展覧会だったけれど、それほど混雑もなくてゆっくりと作品を楽しむことができた。京都で若沖をみるというのは地産地消みたいな楽しみがあるな。

 

京都市美術館「若冲の京都 KYOTOの若冲展」
開催:2016年10月4日-12月4日

Related Post

イスラム美術の美しさに魅了される!クアラルンプールの「イスラム美術博物館」に行ってきた... よく読んでいるWagamama Travelで紹介されていて、クアラルンプールに来たら訪れたいと思っていた美術館。イスラム文化の芸術の圧倒的な存在感を体験することができる。心残りといえば、ラマダンの時期だったのでレストランがクローズしていたのは本当に残念。 気づかず行ったのだが、あわせて訪れた...
横浜トリエンナーレ2014をみてきた 2014年11月3日まで開催されていた横浜トリエンナーレを観てきたのでその記録。 とりあえず会期終わってからこれを書いているのだけど、まあそんなくらいの距離感でよかったかなというところ。 見に行けなかったとしても後悔はないと思うし、横浜の街も別にトリエンナーレで盛り上がるって感じじゃない...
かさぎ屋 – 竹久夢二も通った甘味処... 奥丹を出てすぐのところ、二寧坂の途中にある甘味処。あ、このお店ってお土産物屋さんじゃなかったんだっていうくらい小さくて控えめな佇まい。 店内もすごくコンパクトで座席は数隻しかない。きっと観光のシーズンにはここも満席に賑わうのだろうが、幸いにしていまは静かな冬の季節。ほぼ貸し切りでのんびりと過ご...
大地の芸術祭 2015 – 松代エリア編 「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」 大地の芸術祭でみてまわった松代編。僕としては今回のトリエンナーレのなかで最も好きなエリアだし、最も印象に残ったエリア。 なにがすごかったって、スマイルズがやった「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」という作品。 スープストッ...
中之条ビエンナーレ2013の歩き方 芸術の秋ですよ。なにかきれいなものをみてくるかということで、群馬の中之条エリアで2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ2013」を観てきた。2年前に観に来たときよりも規模が大きくなってきてはいるけれど、それでも他のアートイベントと比べると手作りで地元の人も楽しんでいるような雰囲気で、いいイベン...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です