ちょうど市バスに乗っていたとき、車内のチラシで若沖展をやっていること知った。伊藤若沖は京都生まれの京都育ちだし、この街でみる若沖の作品もまた楽しそうだなと、とくに予定もなかったので行ってみることにする。結構行き当たりばったりの旅なのです。

京都市美術館について

京都市美術館は平安神宮のすぐそばにあり、バスでアクセスするのが便利なところ。昭和初期に作られたという建物は荘厳な感じすらある洋館なのだが、屋根などはお城みたいになっていたりする和洋折衷なつくりで、新しい物を取り入れつつ古きスタイルとあわせていく感じが若沖っぽいなと思ったりする。

「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」について

18世紀の京都にいた伊藤若沖は青物問屋の家業を継いでいたものの、40歳そこそこでさっさと隠居して残りの40年くらいは旅にも出ず京都で絵を描いて過ごしていたらしい。ただ、京都の街は長崎から伝わる西洋文化に触れる機会があったみたいでそれが若沖の画風にも出ているような感じ。

伝統的な平坦な日本画だけじゃなくて、漫画みたいな斬新な構図や色彩は見ていて純粋に楽しい。今回の展覧会は個人所有のものもあったりして、ジョー・プライスのコレクションによって逆輸入的に人気がでた若冲だけど、それ以外の作品がみられる貴重な機会だったと思う。

若冲らしい作風で圧倒的な迫力があったのは「象と鯨図屏風」という屏風絵で、日本画なんだけどなんか不思議、西洋画でもなく漫画のようなインパクト勝負の作品が面白い。200-300年前の京都でこんな絵を描いていたら、さぞかし変わり者だったろうし、長いこと日本で注目されなかったのも分かる気がする。でも、200-300年経った京都でこれをみると、いまだに斬新さを感じてしまうのはすごい。

それ以外にも習作のような普通の日本画もたくさんあって、作風の変化をみていけるのは興味深い展示だった。ジャンルは違うけれど、作品数の多さや作風の変化が楽しいというのはピカソのようでもあるな。

なんとなく行き当たりばったりで訪れた展覧会だったけれど、それほど混雑もなくてゆっくりと作品を楽しむことができた。京都で若沖をみるというのは地産地消みたいな楽しみがあるな。

 

京都市美術館「若冲の京都 KYOTOの若冲展」
開催:2016年10月4日-12月4日

Related Post

最後の教室 – ちょっと恐くて幻想的な世界観... 越後妻有で開催されている大地の芸術祭でオープンしている美術館。このあたりの定番である廃校を再利用した建物にさまざまな作品やインスタレーションが展示されている。 入場料金は芸術祭のパスポートを利用しない場合は1回500円。 駐車場を降りると、建物から「どんっ、どんっ」と心臓の鼓動みたいな音...
Meta Houseのギャラリーはプノンペンのいまを知ることができる... カンボジアにある美術館や博物館は既に死んじゃった過去の人の作品ばかり。 それはそれで美しい作品も多いけれど、いまの人たちはどういう考えがあって、どういう感覚なのだろうっていうことは美術館や博物館ではよく分からない。 ちょっと前までは内戦でそれどころではないという話しもあったのかもしれない...
中之条ビエンナーレ2013(伊参編) 世の中では芸術の秋みたいなので、僕は中之条ビエンナーレを観に行ってきた。六合~暮坂~沢渡~四万温泉と移動して、民宿中村屋で一泊。翌朝は伊参エリアからスタート。 ちょっと小雨が降る天候だったのだが、山深い伊参ではそれが幻想的な雰囲気を作っている。朝イチで行ったので、まだあまり人もいない。 ...
慈照寺(銀閣寺)の紅葉をひさびさにみてきた... 南禅寺から北につづく哲学の道の最終地点である銀閣寺。北野天満宮からも市バスで数分のところにあるので、京都を西から東に横断してやってきた。 調べてみると銀閣寺、1490年と応仁の乱の後、室町時代の末期につくられていて、繁栄期に作られた金閣寺と比較するとたしかに地味な雰囲気。でも、その控えめながら...
トゥール・スレン虐殺博物館(Tuol Sleng Genocide Museum)へ行ってきた... ひさびさのプノンペンへの旅。そして、ひさびさにトゥール・スレンへ行ってきた。行くと、その凄惨さと妙な生々しさにどんよりしてしまうのだけど、プノンペンに来たならば訪れた方がいいところではある。 プノンペン市街にマオツォトン通り(Mao Tse Toung Blvd)というのがあるのだが、多くのク...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください