ちょうど市バスに乗っていたとき、車内のチラシで若沖展をやっていること知った。伊藤若沖は京都生まれの京都育ちだし、この街でみる若沖の作品もまた楽しそうだなと、とくに予定もなかったので行ってみることにする。結構行き当たりばったりの旅なのです。

京都市美術館について

京都市美術館は平安神宮のすぐそばにあり、バスでアクセスするのが便利なところ。昭和初期に作られたという建物は荘厳な感じすらある洋館なのだが、屋根などはお城みたいになっていたりする和洋折衷なつくりで、新しい物を取り入れつつ古きスタイルとあわせていく感じが若沖っぽいなと思ったりする。

「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」について

18世紀の京都にいた伊藤若沖は青物問屋の家業を継いでいたものの、40歳そこそこでさっさと隠居して残りの40年くらいは旅にも出ず京都で絵を描いて過ごしていたらしい。ただ、京都の街は長崎から伝わる西洋文化に触れる機会があったみたいでそれが若沖の画風にも出ているような感じ。

伝統的な平坦な日本画だけじゃなくて、漫画みたいな斬新な構図や色彩は見ていて純粋に楽しい。今回の展覧会は個人所有のものもあったりして、ジョー・プライスのコレクションによって逆輸入的に人気がでた若冲だけど、それ以外の作品がみられる貴重な機会だったと思う。

若冲らしい作風で圧倒的な迫力があったのは「象と鯨図屏風」という屏風絵で、日本画なんだけどなんか不思議、西洋画でもなく漫画のようなインパクト勝負の作品が面白い。200-300年前の京都でこんな絵を描いていたら、さぞかし変わり者だったろうし、長いこと日本で注目されなかったのも分かる気がする。でも、200-300年経った京都でこれをみると、いまだに斬新さを感じてしまうのはすごい。

それ以外にも習作のような普通の日本画もたくさんあって、作風の変化をみていけるのは興味深い展示だった。ジャンルは違うけれど、作品数の多さや作風の変化が楽しいというのはピカソのようでもあるな。

なんとなく行き当たりばったりで訪れた展覧会だったけれど、それほど混雑もなくてゆっくりと作品を楽しむことができた。京都で若沖をみるというのは地産地消みたいな楽しみがあるな。

 

京都市美術館「若冲の京都 KYOTOの若冲展」
開催:2016年10月4日-12月4日

Related Post

安曇野の碌山美術館は小さいけれど雰囲気のいい美術館... 松本から安曇野へ大糸線に乗って30分くらい。松本市内はたいして雪も積もっていないのだが、30分も北に移動するだけで結構積もっている。 これがさらに、北へ30分移動した信濃大町は1メートル以上ということだから、このあたりの冬の気候はちょっとしたところで全然異なる。 僕は安曇野に住んでいる友...
横浜トリエンナーレ2014をみてきた 2014年11月3日まで開催されていた横浜トリエンナーレを観てきたのでその記録。 とりあえず会期終わってからこれを書いているのだけど、まあそんなくらいの距離感でよかったかなというところ。 見に行けなかったとしても後悔はないと思うし、横浜の街も別にトリエンナーレで盛り上がるって感じじゃない...
気軽に立ち呑みできるが本格的「The Northern Lights Corner」で京都の夜を締め... 今回の京都旅のラストは河原町のバーで過ごしてみることにする。 四条河原町の裏通りにあるThe Northern Lights Cornerは、祇園にある「FINLANDIA BAR」(フィンランディア・バー)や、今回も訪れたThe Common One Bar Kyotoと同じ系列でもっとカジ...
ひさびさ、一澤信三郎帆布で買いもの... 手も肩もふたつしかないのに、ついついあれこれ欲しくなるのがバッグというもの。手の数も肩の数も、バッグへの欲望には関係ないのです。 今回もまたバスで近くまで来てしまったので立ち寄ることにした。前回の訪問から結構経つのだなあとブログを読み返しながら感じるのだが(前回の訪問:一澤帆布と㐂一澤帆布)、...
エスカダリア ド セラロンはリオデジャネイロの新名所、美しい階段は必見... ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。 「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です