手も肩もふたつしかないのに、ついついあれこれ欲しくなるのがバッグというもの。手の数も肩の数も、バッグへの欲望には関係ないのです。

今回もまたバスで近くまで来てしまったので立ち寄ることにした。前回の訪問から結構経つのだなあとブログを読み返しながら感じるのだが(前回の訪問:一澤帆布と㐂一澤帆布)、しかしお店に入るとなにを買おうか目移りしてしまう。

お店の入口。この暖簾が目印。

一見すると商品ラインナップに変わりがないように見えるけれど、細かい仕様が変わっていたりするので「ああ。これは前の方がよかった。」とか一喜一憂をしたりして。あれこれ迷ったのだが、ここのところ「結局はトートバッグ」という感じになっていたので、上にファスナーのついた大きめのトートバッグを買うことにした。

今回買ったトート
このタグが内側についている

色合いは悩ましいのだが、結局長く使うとなるとシンプルな黒がいいんだよなってことになる。少し大きめなのだが、底に補強がしてあるので安定しているのがいい。

最初はパリッとしているのだが、使い込んでいくうちに少し褪せてきたり、擦れたりするのが思い出がバッグにカタチとして残っているような感じがして愛着がわくものだな。

旅行のときにも使えそうだし、これからばんばんと使って行くのが楽しみだ。そして、次にきたときにはトートを少しカスタマイズして使いたいなと思ったりしている。

一澤信三郎帆布
住所:京都市東山区東大路通古門前北
時間:9:00-18:00
休み:不定休

Related Post

ボサノヴァ&コンパニアで買いものしてきた... このお店の左側にあるのがBeco das Garrafasの路地。まあ、見落とすだろう・・。 コパカバーナ地区の一角にBeco das Garrafas(ベコ・ダス・ガハーファス)というエリアがあって「酒瓶だらけの路地」という意味なのだが、1960年代にはここがリオデジャネイロで最もおもしろ...
北一硝子で自分へのお土産を買う 場外市場で豪華な朝食を食べた後は小樽に行ってみることにする。よくよく考えたら乗り換えに小樽駅降りたことあるけれど、観光で訪れるのははじめてだ。 札幌から高速で40分くらいと、東京と横浜の関係みたいだなってところ。 小樽はすっかり観光地されていて(横浜以上だ)、向かったのは北一硝子。自分に...
ハーン(HARNN)のナチュラルソープは配り土産に最適... タイのホームスパとしてすっかり定着した人気ブランドのハーン。日本にも進出してきているが、バンコクでは手軽に買えるので配り土産にも最適だと思う。 バンコクでのショップはサイアムパラゴンの4階にあり、ちょっと奥の方にある「タイ発のブランドまとめ」みたいなフロアの一画にある。前はもっと大きな独立した...
錦市場の津之喜酒舗で地酒を購入 「こんなもんじゃ」で豆乳ドーナツを食べ歩きながら錦市場をふらふらと散歩しつつ、ウォーキングショッピング(歩きながら買いものをみて楽しむ)。 錦市場のなかで「こんなもんじゃ」とともにお気に入りなのは津之喜酒舗という酒屋さん。ここは毎回来てはなんか面白そうな地酒はあるかなあって探してしまう。 ...
チャトチャック・ウィークエンド・マーケットで週末ショッピング... ラーン・タイランド あまりに定番のショッピングスポットであり、どのガイドブックにも載っているし、僕も何度も行っているのだけど、毎度の週末に買い物へ繰り出してしまうのがウィークエンドマーケット。 泊まっているホテルがあるアソークからはMRTで30分もあれば行けるので、手軽な感じで行くこと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です