手も肩もふたつしかないのに、ついついあれこれ欲しくなるのがバッグというもの。手の数も肩の数も、バッグへの欲望には関係ないのです。

今回もまたバスで近くまで来てしまったので立ち寄ることにした。前回の訪問から結構経つのだなあとブログを読み返しながら感じるのだが(前回の訪問:一澤帆布と㐂一澤帆布)、しかしお店に入るとなにを買おうか目移りしてしまう。

お店の入口。この暖簾が目印。

一見すると商品ラインナップに変わりがないように見えるけれど、細かい仕様が変わっていたりするので「ああ。これは前の方がよかった。」とか一喜一憂をしたりして。あれこれ迷ったのだが、ここのところ「結局はトートバッグ」という感じになっていたので、上にファスナーのついた大きめのトートバッグを買うことにした。

今回買ったトート
このタグが内側についている

色合いは悩ましいのだが、結局長く使うとなるとシンプルな黒がいいんだよなってことになる。少し大きめなのだが、底に補強がしてあるので安定しているのがいい。

最初はパリッとしているのだが、使い込んでいくうちに少し褪せてきたり、擦れたりするのが思い出がバッグにカタチとして残っているような感じがして愛着がわくものだな。

旅行のときにも使えそうだし、これからばんばんと使って行くのが楽しみだ。そして、次にきたときにはトートを少しカスタマイズして使いたいなと思ったりしている。

一澤信三郎帆布
住所:京都市東山区東大路通古門前北
時間:9:00-18:00
休み:不定休

Related Post

林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...
信州のドライフルーツはお土産物に最適 – 果実企画のドライフルーツ... ちょっと通りかかったときに見つけたところなのだけど、大切な人へのお土産にも、もちろん自分用にも最適なものでおすすめ。 行き方 JR長野駅に直結するMIDORIの2階にある。お土産物参道と呼ばれるところの入口付近。駅からだと入ってすぐのところにある小さなショップコーナー。すぐにわかると思う...
【閉店】AMATAK(アマタ)の刺し子バッグ... 前回の訪問 シェムリアップの中心街にあるAMATAK(アマタ)というお土産物屋さんに再訪。アマタとは永遠という意味らしい。 まあたしかに、ここにある織物たちは僕らがこの世から去っても、後世まで永遠に残るものもあるかもしれない。それくらい気合い入ったものもある。(前回の訪問) 前回...
隠れた名店、京都北野にある「煉屋 八兵衛」の絶品わらび餅... 京都は和菓子の名店が多くていろんなスイーツがあるけれど、地元の人におすすめされた隠れた名店なのが北野天満宮近くにある「煉屋 八兵衛」というお店。 北野天満宮の入口から1-2分歩いたところにある。ちょっと裏通りの住宅街にあり、お店の外観はどこにでもある街の洋菓子店のようだ。店内も小さなショーケー...
抜群にかわいい、鈴木松風堂での紙製品... D&DEPARTMENT KYOTOで見かけたすごいカワイイ柄の箱があって、聞いてみると紙で出来ているという。 しっかりつくられていて、耐水性もあるので例えば、旅先からの絵はがきをいれたり、通帳をしまって置いたりするのに活躍しそうだなと思いながら、どれを買おうか悩んでいたらお店の人が「...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください