清水寺から高台寺とライトアップを眺めていたらすっかり身体が冷えてしまった。祇園まで戻ってきたので、僕のなかでは「おかる」と並ぶうどんの名店である「常盤」へ行くことにした。

ぎをん常盤は「おかる」とそれほど離れていない立地にあるのだが、うどんとしての評価はこちらの方が高いような気がする。しかしまあ、僕としては「おかる」へのひいき目もあるかもしれないが、どっちも甲乙つけがたい。

夜遅くまでやっているのが特徴なのだが、基本的には飲んだ後のシメに来ることが多いお店なので、21時とか中途半端な時間だと逆に空いている。店内でゆっくりと寛いでしまった。

外観

ここはいわゆる京都らしいというか、コシのない麺に出汁のきいたおつゆが特徴で、麺はちょっときしめんのような平たい細麺になっている。名物であり定番である常盤うどんは別名「ハイカラうどん」と呼ばれており、ハイカラとは天かすとかかまぼこといった具材がのっている、いわゆる関東圏でいう「たぬきうどん」のことである。

常磐うどん、別名ハイカラうどん

ここに京都らしい九条ねぎもたっぷり入って出汁の香りもあり食欲をそそる香り。京都らしい京風出汁を手軽に堪能できるのが嬉しい。これこそ旅先の料理だな。値段はあくまで地元価格で良心的。寒い夜には心もあたたまりそうないい味のうどんだな。旅から帰ってきてもたまにすごく食べたくなる味。

ぎをん 常盤
住所:京都府京都市東山区新橋通大和大路東入2丁目橋本町412
時間:12:00-15:00,18:00-22:00
休み:日曜日

Related Post

気軽に立ち呑みできるが本格的「The Northern Lights Corner」で京都の夜を締め... 今回の京都旅のラストは河原町のバーで過ごしてみることにする。 四条河原町の裏通りにあるThe Northern Lights Cornerは、祇園にある「FINLANDIA BAR」(フィンランディア・バー)や、今回も訪れたThe Common One Bar Kyotoと同じ系列でもっとカジ...
すいば(四条河原町)はおしゃれでコストパフォーマンスのいい立ち呑み店... 紅葉をめぐっていてすっかりと陽もくれてきてしまった。 ハイシーズンの京都は観光客が行くようなところはどこも満席すぎるくらいの満席で、とてもじゃないが予約なしで気軽に行けるようなところではない。 ということが分かっていたので、今回の旅で立ち寄っているのは主に地元の人たちが立ち寄ったり、行く...
カカオ マーケット バイ マリベルの京都土産はかなり喜ばれる... 最近になって東京にも進出してきているカカオマーケットなのだが、祇園にある京都店の雰囲気とか含めてすごく好き。マリベル本店は烏丸御池の近くにあるのだけれど、今回は時間がなくて立ち寄れず、次回にまわしている。 僕が訪れたのはバレンタインデーの前だったこともあり、かなりのアウェイ感があったのだけれど...
まさに「秋はもみじの永観堂」という必見の豪華さ... 南禅寺から10分くらい歩いて行くと禅林寺という名前が本来の呼称だが、永観堂の通称で知られているお寺にやってくる。ここは「秋はもみじの永観堂」として有名なお寺らしい。僕はもともと京都にすごく詳しいわけではないが、ここには初めてきた。 拝観料は特別展だか特別期間とかで1,000円(2017年現在)...
祇園「おかる」のカレーうどんは懐かしい味... 友人から「おかるでカレーうどんです」という指令をうけて食べてきたところ。なんだか新宿の歌舞伎町をうんと小さくしたような祇園の一画で深夜まで営業しているうどん屋さん。 夜の仕事のお姉さんとかが出勤前や出勤後に立ち寄ったりするお店でもあるみたい。店内にはちらほらと夜のお仕事の人たちがいて、のんびり...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください