清水寺から高台寺とライトアップを眺めていたらすっかり身体が冷えてしまった。祇園まで戻ってきたので、僕のなかでは「おかる」と並ぶうどんの名店である「常盤」へ行くことにした。

ぎをん常盤は「おかる」とそれほど離れていない立地にあるのだが、うどんとしての評価はこちらの方が高いような気がする。しかしまあ、僕としては「おかる」へのひいき目もあるかもしれないが、どっちも甲乙つけがたい。

夜遅くまでやっているのが特徴なのだが、基本的には飲んだ後のシメに来ることが多いお店なので、21時とか中途半端な時間だと逆に空いている。店内でゆっくりと寛いでしまった。

外観

ここはいわゆる京都らしいというか、コシのない麺に出汁のきいたおつゆが特徴で、麺はちょっときしめんのような平たい細麺になっている。名物であり定番である常盤うどんは別名「ハイカラうどん」と呼ばれており、ハイカラとは天かすとかかまぼこといった具材がのっている、いわゆる関東圏でいう「たぬきうどん」のことである。

常磐うどん、別名ハイカラうどん

ここに京都らしい九条ねぎもたっぷり入って出汁の香りもあり食欲をそそる香り。京都らしい京風出汁を手軽に堪能できるのが嬉しい。これこそ旅先の料理だな。値段はあくまで地元価格で良心的。寒い夜には心もあたたまりそうないい味のうどんだな。旅から帰ってきてもたまにすごく食べたくなる味。

ぎをん 常盤
住所:京都府京都市東山区新橋通大和大路東入2丁目橋本町412
時間:12:00-15:00,18:00-22:00
休み:日曜日

Related Post

京都の紅葉はここが最も印象深かった、法然院の風景... 銀閣寺まで来たので、以前ちょっとよく訪れることのあった法然院にも足をのばしてみることにした。 法然院へのアクセス 銀閣寺から哲学の道を南に15分くらい行ったところにある。まわりに有名な寺院があり、またここは拝観禁止のエリアが多いこともあり、いまは法然院を訪れる人は少なくそれが静かで厳かな風情があ...
The Common One Bar Kyotoふたたび 祇園白川にある隠れ家感のありすぎるバーに再訪問。一見すると、というか割とちゃんとよく見ても、通りに面したお店の外観は京都にある町家のひとつであり、個人邸のようにしか見えない。本当に小さく、表札のように店名がかかれたプレートが目印なのだが、最初に訪れるときには迷うと思う。 このバーを運営している...
知恩院の本堂は2019年まで改修工事中なのです... 永観堂で圧倒的な紅葉の風景を楽しんだあとは、ちょっと来た道を戻るように動物園のよこを通って知恩院に向かう。 ここは修学旅行の定番スポットだし、何度も来ているけれど、修学旅行でしか来たことがない人は、改めて自分の足で歩いてみると全然違う印象をもつと思う。人に連れてこられて、旅するよりも自分の足で...
夜の高台寺のライトアップは美しい ちょうど京都旅の直前に万城目学の書いた「とっぴんぱらりの風太郎」を読んでいたので、北政所が住んでいた高台寺のことは気になっていた。 高台寺は旦那である豊臣秀吉の冥福を祈るために建立した寺院であり、寺の前は仏門に入った際につけられた「高台院」という名にちなんでいる。豊臣秀吉って飽くなき権力者であ...
祇園「おかる」のカレーうどんは懐かしい味... 友人から「おかるでカレーうどんです」という指令をうけて食べてきたところ。なんだか新宿の歌舞伎町をうんと小さくしたような祇園の一画で深夜まで営業しているうどん屋さん。 夜の仕事のお姉さんとかが出勤前や出勤後に立ち寄ったりするお店でもあるみたい。店内にはちらほらと夜のお仕事の人たちがいて、のんびり...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください