今回の京都旅のラストは河原町のバーで過ごしてみることにする。

四条河原町の裏通りにあるThe Northern Lights Cornerは、祇園にある「FINLANDIA BAR」(フィンランディア・バー)や、今回も訪れたThe Common One Bar Kyotoと同じ系列でもっとカジュアルにお酒を楽しめる立ち飲みのスタイルのバーになっている。祇園にある二店舗より断然入りやすい。

外観

ここのバーは一階が14:00からやっていて昼のみもできる立ち呑みスタイルで、二階は座ってしっかりと深夜まで飲めるというすみ分けになっている。今回は一階の立ち呑みスタイル「ザ ノーザンライツコーナー」の方に行ってみた。立ち呑みではあるけれど、お店の雰囲気などはオーセンティックな雰囲気がありいわゆる立ち呑みという感じよりしっかりしている。

ウィスキーの種類もカクテルも豊富でしっかりとお酒を楽しむこともできる。ただし、値段は立ち呑みだからと少しお得になる感覚はなく雰囲気は気軽だが値段は普通といったところか。でもまあ、気軽にバーの雰囲気を楽しみ季節のフルーツを使ったカクテルをいただけるのはいいところだ。

フルーツを使ったカクテルが絶品

こっちのバーでは、昨晩The Common One Bar Kyotoでも楽しんだ金柑をつかったカクテルを今度はロングカクテルにして試してみることにする。ウィスキーも迷うくらいあるが、メニューのなく相談しながらできあがるカクテルもまた楽しいよなあ。

夜にすこし時間をつぶすのにもいいし、昼のみもできる。立地も結構便利なところにあるので、本格的なバーはちょっと・・という人もちょこっと気軽に行けるところだと思う。

The Northern Lights Corner
住所:京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町566-23 ハレの日 花遊小路1F
時間:14:00-23:00
休み:水曜日

Related Post

Stormies(蘭桂坊)でシーフードとビールを堪能... 香港のナイトライフで面白い場所のひとつは香港島の中環にある蘭桂坊(ランカイフォン)というエリア。六本木が凝縮したような場所で狭いエリアにバーがひしめき合い、外国人が飲み歩いている。 そのなかで有名なお店のひとつがダクラー・ストリートの坂をあがりきったところにあるStormiesというお店。 ...
香港クラフトビールがここにある!旺角のT.A.P. The Ale Projectでビールを楽しむ。... ついに香港にもマイクロブリュワリーの波がやってきて、メイドイン香港のビールが醸造されるようになってきたらしい。食堂で水みたいな青島ビールを飲みつづけている時代は終わったのだ。 というか、ビールが選べる時代になったということか。香港にいる友人のおすすめは旺角にある"TAP The Ale Pro...
ひさびさ、一澤信三郎帆布で買いもの... 手も肩もふたつしかないのに、ついついあれこれ欲しくなるのがバッグというもの。手の数も肩の数も、バッグへの欲望には関係ないのです。 今回もまたバスで近くまで来てしまったので立ち寄ることにした。前回の訪問から結構経つのだなあとブログを読み返しながら感じるのだが(前回の訪問:一澤帆布と㐂一澤帆布)、...
太古は夜におすすめのカフェ 夕暮れ時に新農街にやってきて、街が始まるにはまだちょっと間があるなというところで、ちょっと立ち寄ったカフェ。 薄暗い店内のなかに無造作にソファが置かれている感じは恵比寿にあるヌフ・カフェみたい(あのカフェ最近行ってないがまだあるかな)。もう日も暮れそうだしお酒でも飲むかなと思い、モヒートとフラ...
源光庵のふたつの窓「迷いの窓」「悟りの窓」をみてきた... 京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください