今回の京都旅のラストは河原町のバーで過ごしてみることにする。

四条河原町の裏通りにあるThe Northern Lights Cornerは、祇園にある「FINLANDIA BAR」(フィンランディア・バー)や、今回も訪れたThe Common One Bar Kyotoと同じ系列でもっとカジュアルにお酒を楽しめる立ち飲みのスタイルのバーになっている。祇園にある二店舗より断然入りやすい。

外観

ここのバーは一階が14:00からやっていて昼のみもできる立ち呑みスタイルで、二階は座ってしっかりと深夜まで飲めるというすみ分けになっている。今回は一階の立ち呑みスタイル「ザ ノーザンライツコーナー」の方に行ってみた。立ち呑みではあるけれど、お店の雰囲気などはオーセンティックな雰囲気がありいわゆる立ち呑みという感じよりしっかりしている。

ウィスキーの種類もカクテルも豊富でしっかりとお酒を楽しむこともできる。ただし、値段は立ち呑みだからと少しお得になる感覚はなく雰囲気は気軽だが値段は普通といったところか。でもまあ、気軽にバーの雰囲気を楽しみ季節のフルーツを使ったカクテルをいただけるのはいいところだ。

フルーツを使ったカクテルが絶品

こっちのバーでは、昨晩The Common One Bar Kyotoでも楽しんだ金柑をつかったカクテルを今度はロングカクテルにして試してみることにする。ウィスキーも迷うくらいあるが、メニューのなく相談しながらできあがるカクテルもまた楽しいよなあ。

夜にすこし時間をつぶすのにもいいし、昼のみもできる。立地も結構便利なところにあるので、本格的なバーはちょっと・・という人もちょこっと気軽に行けるところだと思う。

The Northern Lights Corner
住所:京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町566-23 ハレの日 花遊小路1F
時間:14:00-23:00
休み:水曜日

Related Post

知恩院の本堂は2019年まで改修工事中なのです... 永観堂で圧倒的な紅葉の風景を楽しんだあとは、ちょっと来た道を戻るように動物園のよこを通って知恩院に向かう。 ここは修学旅行の定番スポットだし、何度も来ているけれど、修学旅行でしか来たことがない人は、改めて自分の足で歩いてみると全然違う印象をもつと思う。人に連れてこられて、旅するよりも自分の足で...
Le Bout du Monde Le barでのんびりとお酒を楽しむ... ケップの山のなかの方にある雰囲気のいいリゾート。カンボジアの伝統的な高床式の建物がヴィラになっていて人気のホテルなのだが、併設されているバーもまた雰囲気があっておしゃれ。ここは宿泊者でなくても利用できるので、ちょっと散歩がてら行ってみるのがおすすめ。 Le Bout du Mondeへのアクセ...
饒河街觀光夜市は散歩するだけでも楽しい... 台湾に始めて来る人がいれば、だいたい一度は夜市に行きたいってことになる。僕は夜市にあまり興味がないのだけれど、それはさんざん行ったからであって、はじめて行く人にそんな話ししても自分の目で見た方がいいだろうってことになる。 そこで、どこの夜市に行くのがいいかなって話になるのだが、台北であれば松山...
Beco das Garrafasとボサノヴァのライブ コパカバーナの裏通りのさらにその奥には、袋小路みたいな小さな路地裏がある。 Beco das Garrafas(ベコ・ダス・ガハーファス)と呼ばれているその一角は「酒瓶だらけの路地」という意味。しかし、このしょぼい路地が世界的に有名であり、1960年代には後にボサノヴァを作り出す人たちが集まっ...
東京駅で軽く日本酒が楽しめるバー「秋田純米酒処」... 東京駅でちょっと軽く飲んだりするときに立ち寄るところ。東京駅の八重洲北口からすぐのところにある北町ダイニングというところの2階にある。 ちょっと分かりづらいところなんだけど、いつも賑わっているのがすごい。 お店は「あべや」という比内地鶏のレストランに併設されているバースタイルの場所で、カ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください