今回の京都旅のラストは河原町のバーで過ごしてみることにする。

四条河原町の裏通りにあるThe Northern Lights Cornerは、祇園にある「FINLANDIA BAR」(フィンランディア・バー)や、今回も訪れたThe Common One Bar Kyotoと同じ系列でもっとカジュアルにお酒を楽しめる立ち飲みのスタイルのバーになっている。祇園にある二店舗より断然入りやすい。

外観

ここのバーは一階が14:00からやっていて昼のみもできる立ち呑みスタイルで、二階は座ってしっかりと深夜まで飲めるというすみ分けになっている。今回は一階の立ち呑みスタイル「ザ ノーザンライツコーナー」の方に行ってみた。立ち呑みではあるけれど、お店の雰囲気などはオーセンティックな雰囲気がありいわゆる立ち呑みという感じよりしっかりしている。

ウィスキーの種類もカクテルも豊富でしっかりとお酒を楽しむこともできる。ただし、値段は立ち呑みだからと少しお得になる感覚はなく雰囲気は気軽だが値段は普通といったところか。でもまあ、気軽にバーの雰囲気を楽しみ季節のフルーツを使ったカクテルをいただけるのはいいところだ。

フルーツを使ったカクテルが絶品

こっちのバーでは、昨晩The Common One Bar Kyotoでも楽しんだ金柑をつかったカクテルを今度はロングカクテルにして試してみることにする。ウィスキーも迷うくらいあるが、メニューのなく相談しながらできあがるカクテルもまた楽しいよなあ。

夜にすこし時間をつぶすのにもいいし、昼のみもできる。立地も結構便利なところにあるので、本格的なバーはちょっと・・という人もちょこっと気軽に行けるところだと思う。

The Northern Lights Corner
住所:京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町566-23 ハレの日 花遊小路1F
時間:14:00-23:00
休み:水曜日

Related Post

5月のオクトーバーフェスト(日比谷公園編)... なんで5月にオクトーバーフェストなんだよって思ってしまうのだが、数年前の10月に日比谷公園でやっていたオクトーバーフェストは、それはそれはうら寒い夜中に人の影もまばらで寂しいものだったので、それを考えるとビールがうまい季節に屋外で飲みまくろうっていう心意気は、祭りの名前さえ気にしなければいいんじゃな...
BAR オーパ – 下町にある大人な感じのバー... 友人たちと門前仲町の和食屋で飲んでいて、二軒目にたどり着いたところ。しかし、二軒目にたどり着くにはもったいないくらい美味しいお酒があった。 場所は門前仲町の駅からそれほど離れてはいないのだけど、表通りから少し脇道に入ったところにある。Google Mapをつかって訪れるとちょっと見逃してしまう...
リオ セナリウム(Rio Scenarium)でナイトライフを楽しむ... ラパ地区 リオデジャネイロのセントロの端っこにあるカリオカ駅から水道橋のあたりはラパ地区(Lapa)と呼ばれていて、ここはライブハウスやレストランなどが軒を連ねていて、表通りは比較的治安がよく深夜までナイトライフが楽しめるエリアになっている。ホテルに関しても安宿はこの辺りに集中している。 ...
Graffiti Bar(蘭桂坊)はライブも楽しめるしお酒も美味しい... 外観 Stormiesでビール飲んでシーフードとか食べて、ロックを聴いてって感じで過ごしていると、なんとなく音楽への渇望みたいなものが出てきてしまうし、このまま部屋に帰るのも面白くないよなあっていう感じになってくる。 ということで、ほかに面白そうなところないかなって蘭桂坊をぐるっと一周...
暁珈琲(台南) – 夜中だけ営業している不思議なカフェ... 夜深い時間に営業して、暁の直前には閉店するけれど暁珈琲という、夜中の夢みたいなカフェ。この不思議なお店を知ったのはtwitter経由でたまたまという感じ。すごく詳しくて、僕のブログよりも雰囲気のいい写真がたくさんあります。 【台南】Akatsuki 曉咖啡:Your city My city...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください