今回の京都旅のラストは河原町のバーで過ごしてみることにする。

四条河原町の裏通りにあるThe Northern Lights Cornerは、祇園にある「FINLANDIA BAR」(フィンランディア・バー)や、今回も訪れたThe Common One Bar Kyotoと同じ系列でもっとカジュアルにお酒を楽しめる立ち飲みのスタイルのバーになっている。祇園にある二店舗より断然入りやすい。

外観

ここのバーは一階が14:00からやっていて昼のみもできる立ち呑みスタイルで、二階は座ってしっかりと深夜まで飲めるというすみ分けになっている。今回は一階の立ち呑みスタイル「ザ ノーザンライツコーナー」の方に行ってみた。立ち呑みではあるけれど、お店の雰囲気などはオーセンティックな雰囲気がありいわゆる立ち呑みという感じよりしっかりしている。

ウィスキーの種類もカクテルも豊富でしっかりとお酒を楽しむこともできる。ただし、値段は立ち呑みだからと少しお得になる感覚はなく雰囲気は気軽だが値段は普通といったところか。でもまあ、気軽にバーの雰囲気を楽しみ季節のフルーツを使ったカクテルをいただけるのはいいところだ。

フルーツを使ったカクテルが絶品

こっちのバーでは、昨晩The Common One Bar Kyotoでも楽しんだ金柑をつかったカクテルを今度はロングカクテルにして試してみることにする。ウィスキーも迷うくらいあるが、メニューのなく相談しながらできあがるカクテルもまた楽しいよなあ。

夜にすこし時間をつぶすのにもいいし、昼のみもできる。立地も結構便利なところにあるので、本格的なバーはちょっと・・という人もちょこっと気軽に行けるところだと思う。

The Northern Lights Corner
住所:京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町566-23 ハレの日 花遊小路1F
時間:14:00-23:00
休み:水曜日

Related Post

ルアンパバンでワイン飲みたくなったらChez Mattがおすすめ... ちょっと値段は高いけれど、ルアンパバンにこんな素敵なワインバーがあったなんてって驚いたし、ルアンパバンの静かな旧市街の空気を感じながらワインを飲む時間はなんて贅沢なんだろうって思えるところ。 お店はおそらく古い商店を改造した感じで、涼しくなる夜には窓をあけて開放的な雰囲気になる。ソファ席がいい...
京都市美術館でやっていた伊藤若沖展をみてきた。「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」... ちょうど市バスに乗っていたとき、車内のチラシで若沖展をやっていること知った。伊藤若沖は京都生まれの京都育ちだし、この街でみる若沖の作品もまた楽しそうだなと、とくに予定もなかったので行ってみることにする。結構行き当たりばったりの旅なのです。 京都市美術館について 京都市美術館は平安神宮のすぐそばに...
新しい蔵前カルチャーの拠点、Nui.はホステルだけど、ラウンジ利用も楽しいのです。... ちょっと前までは古びた下町だった蔵前がおもしろくなりはじめている。その熱量の中心地みたいな存在になっているのがNuiというゲストハウス兼ラウンジなんじゃないかと思っている。隅田川に近い裏通りにある古い建物に集まってくる人たちは旅行者も含めておもしろい。 Nui.へのアクセス 浅草線の蔵前...
神農街の散策 前回の台南旅行では、まさかこんなにも盛りだくさんに楽しい街だなんて思いもよらず、短い滞在時間の惜しんで帆布バッグを買ったりしていた。 今回の旅では前回よりかは時間があるので、夜の散歩に出てみることにした。 正興街から徒歩15分くらいのところにあるのは新農街というところ。ここは古い町並みと...
オクターブ・ルーフトップ・バー – 手軽にいけるおすすめのバー... 今回の旅ではバンコクのルーフトップバーを巡ってみようかなと思いついた。 ということで、まず向かったのはwagamama travelでも紹介されていたトンローのマリオットにあるOCTAVE ROOFTOP LOUNGE&BAR(オクターブ・ルーフトップ・バー)。男性は袖のないシャツやハ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です