なんだか忙しくしているうちに2018年があけた。毎日1記事をモットーにブログを続けてきたのだが、ここのところ更新が滞ってしまっている。書きたいことは山ほどあるんだけれどなあ。いったん、仕切り直しをしてまたはじめて行きたい。

2018年の初日の出は銚子の端っこにある浜辺で日の出を眺めてきた。少し雲がかかっていて日の出の時刻が遅れたけれど、のったりした海の向こう側からあがってくる太陽を眺めるというのは、毎日つづいている惑星の動きだけど新鮮な気持ちになるものだ。

いまだから書くけれど、2017年の初日の出は入院していて病室から看護婦さんと眺めたんだよなあ。あれはあれで斬新な体験だったが、実際に外で空気を感じてみる風景とは全然違うなって思う。

今年初日の出をみたところは、2014年にみたときと同じ場所なのだけど4年分の重みというか考えるところがあるな。

ダライラマが幸せについて語ったときに、”Travel teaches us to trust.(旅は真実を教えてくれる)”って答えているのだが、この世界では色んなところを旅してさまざまな文化や価値にふれて多様性について考えることが幸せにつながるんじゃないかっていうことだろう。

同じところでルーティンの旅をするのは居心地がいいし、それはそれで得られる新しい発見もある。でも、もっと圧倒的な経験をそろそろしてもいいかなって思っていたりする。

それでいうと、2018年はひさびさに新しい土地を旅しに出ていきたいなって考えている。

今年もよろしくお願いします。

Related Post

日々是新 – 2014年1月1日 新年の最初は銚子の犬吠埼近くの浜で日の出を眺めて今年がはじまった。 前はお正月には海外で過ごすことも多かったのだけど、ここ2年くらいは日本で過ごすようになった。 2011.3.11の影響なのかなあ・・とも思うのだが、心をリセットして新しく始めるというのは、日本のお正月が一番しっくり来る感...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.