芸術の秋なので、それに乗り遅れるわけにはいかない。ということで、中之条ビエンナーレをみてきた。都心からみえて最も遠い六合エリアから順にまわってきて2日目最後は中之条エリアへ。

この、中之条ビエンナーレを見に来る人たちは、だいたいここからはじまるので、僕は逆から順番に辿っていった。

そして、中之条エリアがもっとも作品が密集していて、徒歩でもまわれるエリアに沢山あるので、ちらっとビエンナーレの雰囲気を体感したいという場合には、この中之条エリアだけを巡っても充分楽しめるようになっている。

20130915-1238-10-03303

中之条駅に接するようにして通運ビルという雑居ビルがあり、電車で来た場合はここをスタートにするといいと思う。会場限定グッズなども豊富なので、あれこれみていくのも楽しい。

20130915-1334-59-03324そのまま駅から離れて歩いて行くと、おそらくセブンイレブンだったであろう建物を改造した、旧コンビニという展示会場に到着。切り絵をつくって遊ぶことができる。これが、単純なようでいて面白いものを作ろうとすると結構あたま使うのである。

そして、さらに進んでいくと、町中に突然作品が展示されていたりして、ちょっと寂れた商店街の風景とともに不思議な感じがする。2年前はなんか家々にものすごいクサい台詞のラブレターみたいなのがかけられていて、さらに奇妙さがあったのだが、今年はあれやってないみたいだ。その代わりに、シャッターにものすごい細かい絵が描かれていたりするので、それはそれで見応えがある。

20130915-1245-50-03307

ビエンナーレの中心街はtsumujiという複合施設で、ビエンナーレ関連の情報が得られたり、グッズがあるほか、カフェやパン屋さんなどもあって、ちょっとした道の駅のようでもある。受付ではあれこれ現地の情報を得られるので、ビエンナーレ開催中はなんどか立ち寄ることがあると思うし、とりあえずここに来ればいいんじゃないかと思う。

tsumuji
tsumuji

中之条エリアでは、このほか今回の開催では旧廣盛酒造が面白い。今回のパスポートのデザインに使われている小林達也氏の作品はここに展示されている。

もうひとつ、ここで印象に残ったのは「赤の庵」という松枝美奈子さんの作品。赤いロープで小さなスペースを作っているのだけど、そのロープには荷物タグに願い事をかいてくくりつけてある。自分で書くこともできるのだけど、僕が書こうと思ったことが、もう書かれていたので、これでいいやって思った。

20130915-1233-06-03291

で、ここ旧廣盛酒造ではこれ以外にも魅力的な内容なので立ち寄ってみてほしい。

旧廣盛酒造
旧廣盛酒造

Related Post

プーシーの丘で夕陽を眺める ルアンプラバンで夕陽を眺めるのであれば、一度くらいはプーシーの丘に登ってみてそこからルアンパバンの風景を眺めたりしながら、メコン川の向こうに沈む夕陽を眺めるのがいい。 たとえ、登った先の丘の上はえらい騒ぎであっても、曲がりなりにも世界遺産に登録されているこの丘から眺める風景は感動する。ただ、場...
言葉で尽くせない猫パラダイス、台北の猫村を散歩... 猫を売りにした町って、日本では宮城の田代島とか広島の尾道とか、世界に目をむけるとギリシアのサントリーニ島とか・・いろいろあるのだけれど、ここ台北郊外の侯硐の猫パラダイス度合いっていうのは、これはもう世界で戦えるレベルだと思う。 もともとは炭鉱の町で古い寂れた町だったのだけど、きっとたま...
アートアクアリウム 2014ナイトアクアリウムをみてきた... 去年に続いて今年もアートアクアリウムを観てきた。 去年も来ているのに、開催場所のことをすっかり忘れてコレド日本橋に行ってしまったのだが、正しくはコレド室町となる。 普段来なれない場所にくるとこうなるわけです・・・。 しかし、平日のアートアクアリウムは空いていてゆっくり鑑賞できるのが...
アートアクアリウム2016へ行ってきた。... このブログをはじめるより前から、夏になると行っていたアートアクアリウム。2016年で10周年らしい。そんなにやっていたのか。 金魚をアート作品として宝石を眺めるようにみせるというのはすごく斬新でおもしろい。 過去のアートアクアリウム アートアクアリウム 2014ナイトアクアリウムをみて...
「播磨坂さくら並木」、東京にこんなきれいな風景あったんだと思える場所... 文京区の茗荷谷からほど近い場所は都内では静かな住宅街があり、好きなエリアのひとつ。丸の内線の茗荷谷駅から春日通りを歩いて数分のところにあるのが播磨坂という大通り。でも、この通りは都市開発の途中で中断している道路らしく交通量もあまり多くない。 そして、春日通りからアクセスするとながく続く通りに沿...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください