季節はいつの間にか秋。とはいえ、紅葉まではまだ時間のある初秋の中之条を旅してきた。

今回の旅の目的は2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観るということ。越後妻有や瀬戸内とも異なる、とても小さなアートイベントだけど、その分みんなが手作りでやっている暖かいイベントだなあって感じられる、とても好きなアートイベントだった。はやくも2年後が楽しみ。

20130914-1249-43-02796

中村屋の朝食
中村屋の朝食

今回は、あらかじめ前売り券を買っておいたので、都心からもっとも遠い六合から暮坂沢渡を通り、四万温泉で宿泊。翌日は伊参中之条エリアと巡ったのだが、このルートだととても効率的にみてまわれるのでおすすめできる。

宿泊したのは、四万温泉にある酒屋さん兼民宿の中村屋。地酒が豊富にそろっていて、日本酒好きにはたまらない宿。ぜひとも「大吟醸飲み比べプラン」で泊まってみてもらいたい。これは損がないと思う。

中村屋のロビー
中村屋のロビー
四万温泉の温泉街
四万温泉の温泉街

食事に関しては、四万温泉にあった柏屋カフェで温泉マークのラテは観てみた方がいいと思うし、霊山たけやまにある蕎麦屋は絶品だった(長英そばは除く)。

そして、そうそう。お土産には四万温泉にある高田屋で、温泉まんじゅうを買って帰ることをお忘れなきよう。このまんじゅうは掛け値なしにうまい。

この他、中之条エリアの里山の風景は、越後妻有とはまた違った風情がある。

六合エリアの谷間を切り開いて、そこで小さな田んぼと蕎麦畑がパッチワークのように敷き詰められている景色は、ここでしかみられないんじゃないかと思うくらい輝いてみえたし、伊参エリアの棚田や、草花も印象的。なんかすっごい豊かなところだなあって思える。

伊参の棚田
伊参の棚田

あと、見逃しちゃいけないのが四万温泉の水の色。とても深い群青色の流れは絵本に出てくるような不思議な色で、夕暮れ時の風景はまた格別に美しい。日没前後からはじまる「しまあかり」のインスタレーションも見逃せないところ。

幻想的な「しまあかり」
幻想的な「しまあかり」

このほかにも、色々と思い出の深い旅になったのだが、なにせ食べるものがどれもこれもおいしくて、すっかりまるまると肥えてしまった・・食欲の秋おそるべし。

今回の旅の記録はこちら:中之条ビエンナーレ2013

Related Post

赤城自然園で圧倒的な紅葉を堪能する... 利用しているクレジットカードの会員誌で紹介されていて、気になっていた赤城自然園に行ってみた。 紅葉のシーズンにあわせて訪れてみたのだが、ピークには少しはやいもののそれでもところどころで圧倒的な美しさを実感した。 渋川の町を見下ろすところにある 紅葉するというのは花が色づくとはちが...
リペ島での過ごし方 リペ島への旅の記録。 リペ島ではなにをしてきたのかといえば、それは「毎日、朝陽と夕陽をみていた」ということになる。そして、それ以外の時間は部屋で本を読んで過ごしていた。外、暑いし。 島での滞在においては、一度も靴を履くことがなく(ビーチサンダルでさえも!)、常に裸足だった。 理...
かさぎ屋 – 竹久夢二も通った甘味処... 奥丹を出てすぐのところ、二寧坂の途中にある甘味処。あ、このお店ってお土産物屋さんじゃなかったんだっていうくらい小さくて控えめな佇まい。 店内もすごくコンパクトで座席は数隻しかない。きっと観光のシーズンにはここも満席に賑わうのだろうが、幸いにしていまは静かな冬の季節。ほぼ貸し切りでのんびりと過ご...
ウドンタニ散歩 タイの東北部、イサーン地方のウドンタニにやってきた。サンスクリット語で「北の町」と名付けられたこの地に来た目的は蓮の花だらけの湖に行くということなのだが、それがなかったらこの街に来ることはなかっただろうなと思う。 この先にあるラオスのビエンチャンに向かうときの通過点としての意味もあるが、いまの...
越後妻有から小布施への日帰り小旅行。... 2016年の夏は日本国内の小旅行をしてきていた。8月は一年ぶりに越後妻有への旅。去年は大地の芸術祭で賑わっていたけれど、それ以外の年は、新しい作品はないけれど、展示を楽しむことができるので、のんびりと観たい人にはこっちの方がいいかもしれない。 早朝に出発して、午前中のうちに越後妻有まで到着。川...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です