季節はいつの間にか秋。とはいえ、紅葉まではまだ時間のある初秋の中之条を旅してきた。

今回の旅の目的は2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観るということ。越後妻有や瀬戸内とも異なる、とても小さなアートイベントだけど、その分みんなが手作りでやっている暖かいイベントだなあって感じられる、とても好きなアートイベントだった。はやくも2年後が楽しみ。

20130914-1249-43-02796

中村屋の朝食
中村屋の朝食

今回は、あらかじめ前売り券を買っておいたので、都心からもっとも遠い六合から暮坂沢渡を通り、四万温泉で宿泊。翌日は伊参中之条エリアと巡ったのだが、このルートだととても効率的にみてまわれるのでおすすめできる。

宿泊したのは、四万温泉にある酒屋さん兼民宿の中村屋。地酒が豊富にそろっていて、日本酒好きにはたまらない宿。ぜひとも「大吟醸飲み比べプラン」で泊まってみてもらいたい。これは損がないと思う。

中村屋のロビー
中村屋のロビー
四万温泉の温泉街
四万温泉の温泉街

食事に関しては、四万温泉にあった柏屋カフェで温泉マークのラテは観てみた方がいいと思うし、霊山たけやまにある蕎麦屋は絶品だった(長英そばは除く)。

そして、そうそう。お土産には四万温泉にある高田屋で、温泉まんじゅうを買って帰ることをお忘れなきよう。このまんじゅうは掛け値なしにうまい。

この他、中之条エリアの里山の風景は、越後妻有とはまた違った風情がある。

六合エリアの谷間を切り開いて、そこで小さな田んぼと蕎麦畑がパッチワークのように敷き詰められている景色は、ここでしかみられないんじゃないかと思うくらい輝いてみえたし、伊参エリアの棚田や、草花も印象的。なんかすっごい豊かなところだなあって思える。

伊参の棚田
伊参の棚田

あと、見逃しちゃいけないのが四万温泉の水の色。とても深い群青色の流れは絵本に出てくるような不思議な色で、夕暮れ時の風景はまた格別に美しい。日没前後からはじまる「しまあかり」のインスタレーションも見逃せないところ。

幻想的な「しまあかり」
幻想的な「しまあかり」

このほかにも、色々と思い出の深い旅になったのだが、なにせ食べるものがどれもこれもおいしくて、すっかりまるまると肥えてしまった・・食欲の秋おそるべし。

今回の旅の記録はこちら:中之条ビエンナーレ2013

Related Post

広島小散歩 秋の広島へ行ってきた。広島空港から尾道へと行き、その後列車で広島まで。山陽本線もここまで来るとかなりローカルな雰囲気になってきていて車窓からの風景ものどか。 広島では東横インに泊まったのだが、ビジネスでもないのにビジネスホテルに宿泊するのはちょっと気がひける。 グルメについて。広島といえ...
羽田発のLCCで行き、Airbnbに泊まる週末香港旅... 近未来な羽田空港 羽田発のLCCである、香港エクスプレスでのフライトを使って週末の土日で香港へ行ってきた。これだと有給を消化することなく、土曜日の朝から日曜日の夕方までみっちりと旅を満喫できる。 それでいて、航空代金は燃油とか税金いれても、東京から関西へ行くより安くなるというのはすごい...
フォス・ド・イグアスを散歩 僕にとって旅とは散歩の延長。ということで、新しい街を散歩しているのが好き。 散歩をして街の規模や人との距離感、なんてことのない風景を感じながら歩いていると、だんだんとその街が自分に馴染んでくるような感覚があって、僕はそれが好きなのだと思う。 今回のブラジル旅で心残りがあるとすれば、このフ...
中之条ビエンナーレ2013(四万温泉編)... 芸術の秋!2年前に行ってすごい楽しかった、中之条ビエンナーレに今回も行ってきた。 六合からスタートして、初日で暮坂峠を抜けて沢渡を通り四万温泉へ向かう。この日は四万温泉にある中村屋という民宿に泊まるので、ここまで来ればもうお酒も飲めるってもんだ。 と、その前に中之条ビエンナーレをみてまわ...
カンボジアまで蟹を食べに行ってきた。... 2016年初夏の旅はカンボジアで夏を先取りしてきた。カンボジアとはいえ、アンコールワットではなくプノンペンへ。そして、カンボジア南部のリゾートであるケップという小さな街へ。 カンボジアでリゾートといえばシアヌークビルが有名だけど、ケップは旧フランス領時代に作られた鄙びたリゾートという感じ。なに...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください