季節はいつの間にか秋。とはいえ、紅葉まではまだ時間のある初秋の中之条を旅してきた。

今回の旅の目的は2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観るということ。越後妻有や瀬戸内とも異なる、とても小さなアートイベントだけど、その分みんなが手作りでやっている暖かいイベントだなあって感じられる、とても好きなアートイベントだった。はやくも2年後が楽しみ。

20130914-1249-43-02796

中村屋の朝食
中村屋の朝食

今回は、あらかじめ前売り券を買っておいたので、都心からもっとも遠い六合から暮坂沢渡を通り、四万温泉で宿泊。翌日は伊参中之条エリアと巡ったのだが、このルートだととても効率的にみてまわれるのでおすすめできる。

宿泊したのは、四万温泉にある酒屋さん兼民宿の中村屋。地酒が豊富にそろっていて、日本酒好きにはたまらない宿。ぜひとも「大吟醸飲み比べプラン」で泊まってみてもらいたい。これは損がないと思う。

中村屋のロビー
中村屋のロビー
四万温泉の温泉街
四万温泉の温泉街

食事に関しては、四万温泉にあった柏屋カフェで温泉マークのラテは観てみた方がいいと思うし、霊山たけやまにある蕎麦屋は絶品だった(長英そばは除く)。

そして、そうそう。お土産には四万温泉にある高田屋で、温泉まんじゅうを買って帰ることをお忘れなきよう。このまんじゅうは掛け値なしにうまい。

この他、中之条エリアの里山の風景は、越後妻有とはまた違った風情がある。

六合エリアの谷間を切り開いて、そこで小さな田んぼと蕎麦畑がパッチワークのように敷き詰められている景色は、ここでしかみられないんじゃないかと思うくらい輝いてみえたし、伊参エリアの棚田や、草花も印象的。なんかすっごい豊かなところだなあって思える。

伊参の棚田
伊参の棚田

あと、見逃しちゃいけないのが四万温泉の水の色。とても深い群青色の流れは絵本に出てくるような不思議な色で、夕暮れ時の風景はまた格別に美しい。日没前後からはじまる「しまあかり」のインスタレーションも見逃せないところ。

幻想的な「しまあかり」
幻想的な「しまあかり」

このほかにも、色々と思い出の深い旅になったのだが、なにせ食べるものがどれもこれもおいしくて、すっかりまるまると肥えてしまった・・食欲の秋おそるべし。

今回の旅の記録はこちら:中之条ビエンナーレ2013

Related Post

バンコクとチャオプラヤ川に沿って旅する... 今回のタイ旅行では水辺の近くを旅することが多かった。バンコクでは渋滞を避けてチャオプラヤ川に沿って移動をしていたのだが、川から眺める街はいつもと違う雰囲気でまた美しいものだった。なにより、川を通り抜ける風が気持ちいい。 OCTAVE Rooftopbarから眺めるスクンビットの夜景 今...
初秋の北海道旅 2015年の9月にはひさびさの北海道旅行をしてきた。 前に来たときは9月なのに真夏の暑さで旭山動物園のシロクマがげんなりしているのを眺めていたのだが、僕も同じくらい暑さにげんなりしていた。 今回の旅ではすっきりとした初秋の気候。気持ちのいい天気のなかでの旅はいいものだな。 成田空...
TOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきた すごい久々にTOKYO DESIGN WEEKへ行ってみることにした。何年ぶりだろうか。外苑の絵画館の前にひろがる芝生の広場が会場になっている。普通に散歩したって気持ちのよい秋の日曜日、素晴らしく晴れた午後に訪れた。 外苑の銀杏並木はまだ緑 最近、地方でも開催されるようになったアートイ...
週末台北さんぽ旅2016年春編 2016年3月に台南に行って「やっぱり台湾楽しいよなあ」って改めて思ってしまった。新しい言葉を覚えたり、出会いがあったり、美味しいものが食べられたり、そういう旅の全ての要素がつまっている。 目新しいことがあるわけではないけれど、それでも台湾旅はすごく楽しいって自信をもっておすすめできる。 ...
京都国際マンガミュージアムの展示は楽しい... 今回の旅行について、ギアとともに旅のハイライトとなった京都国際マンガミュージアム。とはいえ、事前情報があったわけではなく、京都について「なにしようかな・・・」とFacebookに書いたら友達が教えてくれたからなんだけど。 ということで、ここがたぶんマンガに関する博物館なのだろうくらいの印象とと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.