猫を売りにした町って、日本では宮城の田代島とか広島の尾道とか、世界に目をむけるとギリシアのサントリーニ島とか・・いろいろあるのだけれど、ここ台北郊外の侯硐の猫パラダイス度合いっていうのは、これはもう世界で戦えるレベルだと思う。

もともとは炭鉱の町で古い寂れた町だったのだけど、きっとたまたまた猫がたくさんいたとか、猫好きのおばさんがいたとかしたのだろうな・・猫を売りにするという方法をとって大ブレイク。いまじゃ、猫パラダイスとして台湾、日本にその名を知られた町になっています。

猫村への行き方はこちらのポストを参考にしていただくとして、ここでは駅についてからのお話。

こんなデザインのスタンプ帳

駅についたら、まず駅の売店でスタンプ帳を買うことをオススメします。というのも、猫村のなかでは、いくつかの場所でスタンプ台があって、いろんなスタンプを押すことができるから。スタンプ好きの僕としてはたまらん・・。

無事にスタンプ帳をゲットしたら、駅の横にある跨線橋を渡って駅の反対側へ出る。ここで線路沿いに右にいっても左にいってもいいのだけど、まずは右に行く方がいいかなって思う。なぜなら、左側には猫村グッズのお店があって、まず左側に行くと荷物が増えるという狭量な理由。

猫村地図

ということで右側方面に進んでいくわけだが、基本的には線路沿いを歩いて行きます。進んでいくと「そこって・・人の家のなかじゃね?」というところもあったりするのだけど、入っちゃ行けないところは進入禁止的な文言で張り紙してあるので、なければ入ってOK。途中で道はふたまたに分かれるのだけど、ここは坂の上の方を歩いて行く方がいいと思う(あとで階段でくだることになる)。

で、あちこちに猫が歩いていたり、寝転がっていたり、まさに路上に落ちているといった感じにのびーってしていたり・・・で、人がまわりにいるので、猫は発見しやすいです。どの猫も人に馴れているので、さわったりしても大丈夫だった。

そして、猫村内にある露店では猫のかりかりエサを売っているので(高いけど)、それを手に入れて猫とのさらなる親睦を深めることも可能。

ある程度進むと山に阻まれて進めなくなるので、階段を使って線路際の近くまで降りて今度はだらだらと上り坂を駅まで戻る。駅まで戻ったら、今度は反対側。こっちにはレストランやカフェがあったりするのだが、どうにも食指が動かない(全然うまそうな感じがしない)。

ということで、猫村グッズのお店以外はさくさく進んで猫と遊びます。ある程度進むと猫度が希薄になってくるので、だいたい満足したら駅まで戻る。これだけのコースで猫と戯れたりして約70分くらい消化。結構時間経つのが早い。

駅の反対側はあまり見るべきところがないのだけど、駅舎の下の部分には郵便ポストがあって、ここから手紙送ると幸せになるよーって書いてある。なんていうか、べたな観光地ネタをとりあえずいろいろ詰め込んでいる。

台北までは列車一本で戻ることができるけれど、結構混雑していて途中まで座ることができなかった。結構混んでいて疲れる。。とはいえ、猫村自体は訪問するに値する、すさまじき猫パラダイスだった。ここはいくべき。

と、ここまで書いていてふと思ったのだが、上記の猫パラダイスな町の特徴として、町中を幹線道路が通っておらず、坂道が多くて日なたの場所が多いというのが共通したポイントのような気がする。

Related Post

伝統の森での蚕祭りに参加してきた はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。 でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってこ...
中目黒の桜 2015年編 自分への備忘録としても記録。2014年の記録をみてみたら、3月28日には咲き始めたと思ったら、週があけた31日には満開と書いていて、なんだ今年と同じような状況だったのかと気づく。 2015年の中目黒の桜は3月27日に咲き始めたかと思ったら、週末あけた3月30日にはいきなりもう満開になっていた。...
マレーシア、ペナンで過ごす休日旅 羽田-クアラルンプールはエアアジア。クワイエットゾーンは空いていた。 エアアジアのセールでマレーシアまで激安のチケットがあったので、ちょっと休日を過ごしにマレーシアまで。 とくに予定をなにも考えていなくて、ペナンに行くことも直前に決めたこの旅。 なんだか行き当たりばったりで、旅を...
庄内映画村で日本の原風景につつまれる... 今回の旅のラストは庄内映画村。最近は藤沢周平の作品を読むことが多く、藤沢作品が映画化されたときにオープンセットのロケ地として使われていることもあり、ずっと気になっていたところ。 庄内映画村のサイトにも書いてあるけれど、カーナビに従うと違うところに連れて行かれてしまうので注意が必要です。...
鎌倉の大仏をみてきた 年末の昼過ぎから鎌倉をちょこっと日帰りで散歩みたいな旅してきた。僕にとっては鎌倉って近すぎてなかなか行かないところだけれど、なんだろう、色んな要素があって面白いところだった。 ただし、年末の時期に行くには寒い。もっと光の強い時期に改めて行ってみたいところ。 まずは、鎌倉駅から江ノ電に乗り...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください