今回、台南に行くにあたって、台湾旅行のメンターである友人曰く「台南ではシャングリラに泊まるべし」とのアドバイスを受けていて、たしかに良さそうなホテルではある。

でも、それに反抗したわけじゃないが、少し不便でも面白そうなところないかなって思って泊まったのが、正興咖啡館(Zhengxing / ジュン シン カフェ)というホテル。・・というか民宿。

建物の入口はカフェで奥のスペースにホテルがついている。たぶん、3部屋しかないプチホテル。

カフェの入口

立地は台南の旧市街にあたる正興街というエリアで、国鉄の台南駅からは離れているけれど、まわりには飲食店なども多くて、夜まで賑わっている。

ちなみに、高速鉄道の台南駅からタクシーで来たのだけど、30分くらいで500NTDだった。場所が分かりづらいので、タクシーで来るのがいいかも。

夜の正興街

ホテルの入口はカフェで、ここは21:00には閉まってしまうので、この入口の鍵を含めて結構な数の鍵を渡される。入口の大きな青い扉は鍵が開けづらかったので、夜に出かける用事がある人は、あらかじめ練習しておいた方がいいかもしれない。

宿泊者だけの共有ライブラリー

ホテルは朝食付きで9:00からカフェで食べることができる。ただ、ブランチ的なものしかないので、夕食などはどこか他のところで食べることになる。僕は近所へ台南名物の意麺を食べに出かけてみた。

ホテルとしてはかなり小規模で、カフェの裏手にある古いビルを改造しているのだが、1フロアに一部屋ずつしかなくて、僕は最上階の3階の部屋に泊まった。これはデラックスルームでメゾネットタイプになっている。4階には水回りとルーフバルコニーがついている。

ルーフバルコニー

各部屋ごとに特徴があるみたいだが、3階の部屋はなんといってもデラックスなだけあって、4階のルーフバルコニーが独占できるのが最高に気持ちいい。

夕暮れの台南の街

夕方にチェックインしたのだけど、台南の夕暮れを眺めていたら、眼下には猫たちが思い思いにすたすた歩いていて、どうやら隣家の軒先が猫の集会場になっているようだ。これはむちゃくちゃ楽しいところに泊まったみたいだと確信。

コンビニでビールを買い込んで、夜はベランダで猫の集会を眺めたりして夜の台南を過ごしていた。ホテルステイが楽しいところっていいところだと思う。

猫の集会
夜はビールのんで過ごす

部屋はかなり広くて、なんなら4~5人で泊まってもいけそうな感じではある。床は大理石でひんやりしていて気持ちがいい。天井もすごく高いし暑さが抜けるので、外が暑いときなどは部屋でうだうだするのも悪くない。

ベッドルーム

水回りは4階に集まっているのだが、これはちょっと手作りな雰囲気もあって、寒いときだとすきま風とか大変そうだが、台南はだいたい暑いから問題ないとは思う。清潔に保たれているし、これはこれでいい味だしている。

水まわり
バスルーム
シャワーブース

今年もあちこち旅行したし、いいホテルもそうじゃないところもあったけれど、ここ正興咖啡館は今年最も印象に残るホテルなんじゃないかと思えるようなステキなところだった。

もっともシティホテルのような失敗のない居心地のよさみたいなものは期待できないし、ちょっと詰めが甘いところもあるのだが、そうしたところを手作りの楽しさと感じられるようであれば、このホテルはとても気に入ると思う。

まさに、ここじゃないと泊まることができないという当初の僕の目的に合致するホテルだった。

スタッフは基本的にカフェの店員さんなのだが、ホスピタリティがあってとても気持ちのいい滞在ができたのはよかった。ひとり日本語がうまい女の子がいて、あれこれ対応してくれたのですごく助かった(そして、かわいかった)。チェックアウトしたあとも荷物預かっててくれたし、そのあと駅までのタクシーを呼んでくれたりとすごく助かった。

正興咖啡館というカフェについて

ということで、ここからはカフェについて。

古い建物を改造して作られたカフェでギャラリーのような雰囲気がある。

基本的に食事をするというよりもドリンクを飲みながら過ごすような感じのカフェで、ソファも広くて長時間過ごせるようになっている。

トイレも広くて清潔。日本にもこういう雰囲気のカフェがもっとあればいいのになって思う。

僕がこのカフェがいいなと思ったのは、とにかくドリンクの量が多いところ。

コールドドリンクなどはデカンタに入って出てくるので、暑いなか街歩きしたあとなどの水分補給にはとてもありがたい。

朝などはあたたかいカフェラテを飲んだりするのだが、これはこれで量が多くて味も濃くおいしいので、時間をかけてゆっくりと朝の時間を過ごすにはうってつけ。

レベルの高い台湾カフェのなかでもトップクラスに居心地よい空間だった。宿泊しなかったとしても、旧市街の街歩きの際には立ち寄ってみてもらいたい。

ホテルの予約はアゴダからのみ受け付けていた。
正興珈琲館(Zhengxing Cafe)を予約する

オフィシャルサイトはFacebookでやっているみたい。
正興咖啡館(Facebook)

正興珈琲館(Zhengxing Cafe)に関する投稿はこちら。

正興珈琲館(Zhengxing Cafe)に再び泊まってきた
正興咖啡館(台南) – 今年ベストホテルのひとつだと思う
正興珈琲館カフェ編
世界で「暮らすように泊まれる」個人的おすすめホテル 6選
2014年のベストホテル5選

保存

Related Post

兩倆は台南古民家カフェの最先端な場所... 台南の新しいトレンド発信地が新農街から信義街にもひろがってきているような感じがするカフェ。カフェだけでなく、新しいアートの発信地としても面白い。 兩倆へのアクセス 台南市街地からみると北西側、新農街から北に向かって進んだエリアである信義街という路地にある。兩倆以外にも古民家をリノベーショ...
太古は夜におすすめのカフェ 夕暮れ時に新農街にやってきて、街が始まるにはまだちょっと間があるなというところで、ちょっと立ち寄ったカフェ。 薄暗い店内のなかに無造作にソファが置かれている感じは恵比寿にあるヌフ・カフェみたい(あのカフェ最近行ってないがまだあるかな)。もう日も暮れそうだしお酒でも飲むかなと思い、モヒートとフラ...
Elephant Factory Coffeeは裏通りにある隠れ家カフェ... 村上春樹の小説のタイトルから名付けられた京都のカフェ。ちょっとびっくりするような路地裏にあって、地元の友達と行っても「こんなところにカフェあるなんて知らなかった」というくらいのところ。 でも、雰囲気がよくて僕は好きなところだな。なにしろコーヒーが美味しい。 Elephant Factory ...
青田七六は台北っ子に人気の古民家カフェ... 前から気になっていたカフェにようやく行くことができた。 台北の人たちにはすごく人気の古民家カフェあるというのは前から知っていて気になっていたのだが、ちょっと遠いな・・と思っていたところ、今回泊まった丹迪旅店の大安店からはすごく近かったので、予約して行ってみた。 場所は永康街にあって、大通...
プノンペンでの朝食はここ!Khemaでの朝食は美味しいパンがありおすすめ... Pavilionの朝食も悪くないのだが、プノンペンでもっとも美味しい朝食とパンはここにあるんじゃないかと思う。 パスツール通りから少し入ったところにあるKhemaはフランスのカフェっぽい作りで一見すると敷居が高そうにも見えるけどドレスコードもなくてカジュアルなレストラン。値段も手頃なのでおすす...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です