台南で帆布バッグ巡りの旅をしてきた。

台南といえば、帆布バッグが有名らしく半径500mくらいの狭い範囲に、いずれも個性的な帆布バッグのお店が三軒あり、まず行ってみたのはこちらの「合成帆布行」。

場所は市内中心部ともいえる場所だと思う。国鉄台南駅とロータリーの間に小さな店舗があって、そこで商品を作りつつ販売している。作っている商品をみると誠品書店のエコバッグがあったりして、各種ノベルティの製作もやっているみたい。あの、誠品書店のエコバッグかわいかったが、これは売ってくれなかった・・。

しかし、ラインナップとしてはそんな感じで、ノベルティっぽい手頃なものから、しっかり作られたショルダーバッグまで色々ある。僕はここで写真の小さな手提げトートを買ったのだが、これで150NTD(450円くらい)という手頃感。配り土産に大量に購入して、日本帰ってから配ったのだが、かなり喜ばれた。すくなくともこの値段以上の価値があるようにみえる。

それ以外にも小さなポーチなどお土産ものや、普段使いのショッピングバッグに使えそうなものが1000円くらいであったりと、とにかく安くていい感じのものが多い。ただし、安い価格帯の帆布製品は軽くていいんだが、防水加工とかはされてない。とはいえ、まあそんなの自分ですればいいし、こっちの方が取り扱いがラクというメリットもあると思っている。

オリジナルのボタンなどこだわりがある

台南土産としてはこれ以上いいものはないんじゃないかと思った。朝と夜の2回行ったのだけど、朝イチで在庫が投入されてくるので、あれこれ商品を選びたいのであれば朝イチで行くのがおすすめ。

合成帆布行
住所:台南市中西區中山路45號
営業時間:9:00~21:00(土日は20:00まで)

Related Post

ルアンパバンのナイトマーケット 東南アジアだと、どこの町でもやっている気がするナイトマーケット。毎日やっている夏祭りみたいで好きなのだけど、ここのナイトマーケットはかなり観光よりな感じで地元の人がそぞろ歩きしている感じはない。たぶん、早寝なんだろうな。 夕方くらいになると、王宮前の道が歩行者天国になってちょっとずつテントが張...
黒磯でShozoカフェに行くならば、Chus(チャウス)もちょっとのぞいてみる価値がある。... 黒磯の市街にあるShozo Cafeのある通りを地元の人はShozo通りと通称で呼んでいるとのこと。そのShozo Cafe本店のすぐ隣に、古い商店をリノベーションしたお店がある。僕はながらくこのお店はShozo Cafeの系列だと思っていたのだが、今回はじめて違う経営だと知った。でも、それくらい違...
台北のバービーカフェに行ってきた 店員さん 台北でバービーカフェがオープンしたという話は聞いていて、どこにあるのかなと思っていたのだが、Po_iでシャツを作って、忠孝復興のあたりを歩いていたら偶然に発見してしまったので入ってみた。 オープン当初はかなりの賑わいだという話だったのだが、僕が行ったとき(18:00くらい)は...
旅行時のサブバッグとしておすすめのフランス軍パラシュートバッグ... WHERE to GO Muji で旅の達人御用達ってことで紹介されていて、値段も手頃だし便利そうと思って購入。楽天で5,000円くらいだったので、お手頃な感じ。 60~70年代くらいのフランス軍パラシュート部隊のバッグとして使われていた物のリメイクということで、シンプルなデザインながらも軽く...
井上誠耕園とカフェ忠左衛門 小豆島といえばオリーブと醤油じゃないかと思っている。今回は滞在時間が短かったので、どちらも堪能しきる!ということは難しかったのだが、オリーブ関連でいえばここ井上誠耕園と、この会社が運営しているカフェ忠左衛門は素晴らしいと感じた。 とくに、カフェ忠左衛門は小豆島での必須じゃないかと思ったのだが、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください