台南で帆布バッグ巡りの旅。合成帆布行永盛帆布行とならぶ台南メジャーブランドの廣富號は、もっとも商業的に成功しているバッグ屋だと思う。台北に支店があるくらいだし。

廣富號手製帆布包 忠義店
廣富號ではきちんと店員さんが接客してくれる
廣富號ではきちんと店員さんが接客してくれる

他の二店が工房を兼ねたショップで、店先でミシン使っているおばちゃんが対応するのに対して、廣富號はきちんとしたオシャレなショップがあって、かわいい女子が店員さんでいて対応してくれる。もう全然違う。

雰囲気としては、京都の一澤帆布とはちょっと違っていて、商品のラインナップからいっても浅草の犬印鞄に似ているかなあというところ。

リュックやカメラバッグなどのラインナップも豊富にある。そして、裏地もこだわっていて、結構かわいいのだが、その分お値段も高くて日本で買うのと比べてもあまり変わらない価格帯かもしれない。

色々かわいいものが多いのだけど、値段と商品を見比べると「日本で買っても変わりがないかなあ・・・」と思ってしまい、あまり購買をそそられる感じが起きなかった。

結局小さなバッグをひとつ買っただけだった。いろいろとかわいいんだけどね・・。

ショッピングバッグ

ショッピングバッグは台湾っぽくて、これ売ればいいのにと思ったくらいだったが。自分用にとっておきのバッグを買おう!という場合にはおすすめかもしれない。

廣富號手製帆布包 – 忠義店
住所:台南市中西區忠義路二段78號
營業時間:11:00 – 21:00

支店などのショップ情報はこちら

Related Post

パタゴニア フーディニ ジャケット(Patagonia Houdini Jacket) は旅行必携の... ひさびさにトラベル アイテムに関することを書いてみる。旅行において、コンパクトに収納できるけど、ちょっと羽織れたりするアイテムというのは結構重要。 そして、ある一定のおしゃれ感があると、さらにいいのだが、パタゴニアのフーディニ ジャケットはまさにそれに合致する必携アイテム。 かなり小さく...
シェムリアップ オールドマーケット散歩... こういうブラックジョークな光景がわりと好き いまじゃまったく信じられない話だが、シェムリアップで買い物といえば、2000年代初頭くらいまではオールドマーケット、ただ一択だった。 ここにある肉や野菜を屋台で食べ、スイーツを食べ、明日着る地雷柄のTシャツを買って・・といった具合。お土産物も...
彩虹眷村はカオスで騒々しかった 台南から台中へ移動。 新幹線の窓からみえる台中は、高層ビルがどんよりとした空の下に乱立していて、なんだか近寄る気にはならない街という印象があった。 周囲は公園みたいに整備されている でも、今回この街に来たのは、彩虹眷村という場所に描かれている前衛的なアートが気になったから。 ...
ヂェン先生の日常着をもとめに台北郊外まで... 青木由香さんのガイドブックを読んでいたら、すごい鮮やかな色合いの服飾のアトリエをみつけたので西門からバスに乗って向かってみた。 ショップではないので、あらかじめ電話で訪問の旨の予約が必要なので結構ハードルが高いのだが・・・。 アトリエというか工房は台北郊外の板橋というエリアになり、ここへ...
小杜意麵 – 台南B級グルメのおすすめ店... あまり明確な目的もなく台南に来てみて、いつの間にか夜。 今回泊まっている正興咖啡館はカフェなんだけど食事できるようなところじゃないので、部屋でネット接続しながらなにを食べようかなあと調べていて発見したお店。 タビアルキ☆タベアルキさんで紹介していた「小杜意麵」というお店がすごくおいしそう...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です