20130922-1137-10-03821西門にある観光地としても有名な中山堂の4階にあるカフェ。まだあまり知られていないのと、エレベーターのない?四階にあるせいなのか、お客さんは少ないので、ちょっとひと休みというときにおすすめできるカフェ。

旧日本軍統治時代に建てられた建物なので、かなり古めかしいのだが、どこか懐かしい感じがある。

京都のマンガミュージアムとかに似た雰囲気。お店は細長くて椅子が並んでいる。

20130922-1112-35-03806

20130922-1113-19-03808メニューは軽食とコーヒーといったところだった気がする。そして、ここは映画監督の蔡明亮がプロデュースしているらしいが、まあこの建物にカフェ作るなら誰がやってもこうなるよなという感じで、すごくエッジが効いているということもない。建物の雰囲気の恩恵を受けている。ということから考えると、彼は名前貸しなだけなのかなとか穿った見方をしてしまう。

ただ、名前とかそんなことを関係なしにここは居心地よくて好きなカフェ。ただ、トイレがちょっと古すぎるのが難点なのだが。

ここからみえる台北のした町風景もあわせて、西門の喧噪に疲れたら、ちょっと立ち寄ってみるのがおすすめ。朝の方が光の具合がいいかなって思う。

ただし、おいしいコーヒーを飲みたいというのであれば、この近くにある蜂大珈琲の方がおすすめ。あくまでもここは雰囲気優先。

【2015年12月26日追記】
なんとすでに閉店をしているとの情報をいただきました。空いていたものなあ・・。しかし、いいところだったのに残念。

蔡明亮咖啡走廊
住所:台北市延平南路98号
時間:10:00~21:00
休業日:祭日、旧正月

Related Post

コッペパンサンドの専門カフェ「えびすぱん」(恵比寿)は”すごく”良心的なとこ... 恵比寿駅から白金方面にバス通りをすすんだところに新しくカフェみたいなのが出来ていたので行ってみた。 もともとはお総菜屋さんがあったような気がする。外観も店内もおしゃれなカフェという感じ。働いている人たちもイケメン、または美人さん。だけど、売っているのはコッペパンに具を挟んだコッペパンサンド。ド...
築地「茂助だんご」の三兄弟を食す 築地にある老舗の団子屋さん。創業が明治31年(1898年)というから、100年以上の歴史がある。いまでは場外にも支店がいくつか出来ているけれど、行ってみたのは水神社のすぐ近くで創業当時の面影を残している、昔から営業しているお店。 お店の軒先でお団子を販売していて、店内にはテーブル席がいくつかあ...
台北之家 – 古い建物を利用した複合商業施設... 台北の下町風なところとおしゃれなところがうまく融合した街だなと思っている中山区エリアにある複合商業施設「台北之家光点台北」。もともとアメリカ大使館邸だったものを改装した建物だそうで、入り口の門から建物までのスロープや建物の全体的な雰囲気を含めてとても趣がある。建物を観にいくだけでも価値がある。 ...
船橋屋(広尾)のかき氷を食べる 広尾のHomework's のすぐ近くにある古民家みたいなお店があって、なんのお店だろうと思ったら甘味処のお店だった。そして、かき氷が美味しいらしい。すごい気になる。 ということで、さっそく行ってみたのだが、まだ夏の初めだというのに、既に人気で平日のお昼なのに入れないこともあった。行くなら2人...
フェブラリーカフェ (FEBRUARY CAFE)の朝食はペリカンのパンが食べられる。... 1日のはじまりをこんな店で過ごせるならかなり充実した日になりそうだ。浅草にあるフェブラリーカフェに行ってきた。僕が訪れたのは田原町駅に近いちょっと前のお店で現在は駒形に移転している(それでも浅草圏内)。 古い建物をリノベーションした、狭くても味わいがあって居心地のいいお店が好きだったので、古い...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください