台北に来ると、なんとなくだけど足が向いてしまうのが迪化街で、古めかしい街並みも好きだし、散歩をしていて楽しい街だと思う。

で、迪化街に来てなにをするかというと、永久號でからすみを買って、ArtYard小藝埕で台湾雑貨を眺めて(うっかり買ってしまって)、そしてひと休みは小藝埕の2階にある爐鍋咖啡(Luguo Cafe)でまったりと過ごして、中山エリアに戻っていくという感じ。

20130922-1340-09-03842

こんな感じで結構空いていて、天井が高くて居心地のいいカフェがうちの近所にもあればなあ・・と毎回思ってしまう。ここで、コーヒーを飲みながら本を読んで過ごしているとあっという間に時間が過ぎてしまうので危険。

ここでは、いつも阿里山のコーヒーを飲んでいたのだけど、今回は外が暑かったこともり、アルコール入りのアイスラテにしてみた。結構な割合でアルコールが入っていて、ほろ酔いになれる。これは大人のデザートドリンクって感じだな。

20130922-1339-18-03837

20130922-1415-46-03850ちなみに、はじめて来る方はまずはブラックコーヒーを注文するのが無難。とても質の高い豆を丁寧に焙煎しているので、砂糖とかミルクなしで(てか、提供されないんだけど)、充分過ぎるくらい楽しめる。おすすめはやはり阿里山のコーヒーかな。さっぱりした飲み口で苦みが得意でない方にもおすすめ(本件は前の記事を読んでもらえれば)。

そして、お土産や自分用に珈琲豆を買っていくのも毎回の訪問での楽しみ。店員さんも、感じがいい人ばかりで、すごくさわやかな若者なので、毎回来るのが楽しみ。台北に来たらぜひとも訪問してみてもらいたいカフェ。

前に訪問したときの記事

 

爐鍋咖啡 Luguo Cafe
住所:台北市迪化街一段32巷1號2F
時間:11:00~19:00

Related Post

古民家そのまんま、存憶Cafe Barで夕暮れ時を過ごす... 永楽市場のある國華街をさらに北側のあたりを散歩していて偶然みつけたカフェ。夕暮れ時を少し過ぎたくらいで、市場のお店も閉店の準備をしていて、あたりのみんなは帰宅のラッシュみたいなときに、街の中にぽつんとある古民家の風情は駄菓子屋みたいな感じもある。 なんか味がありすぎるくらいの雰囲気で表の通りに...
いづみや珈琲 – すごい魅力的なお店に出会ってしまった... 佐賀に住んでいる友人に連れてきてもらったお店なのだが、すごい魅力的なお店に出会ってしまった。この旅でもっとも印象深いところのひとつ。 お店は佐賀市の郊外にあって、一見すると工場のような雰囲気。入口の扉をあけると、焙煎室があり、コーヒー豆の袋があちこちにおかれている。ジャンルは違うけれど、台北で...
腰掛庵のわらび餅は絶品の和菓子、必ず行ってみてもらいたいところ... 旅の始まりに、さくらんぼとお漬け物という贅沢な朝食をとったあと向かってみたのは同じ天童市にある腰掛庵というところ。 高柳果樹園からは車で10分くらい。山形バイパスを越えてちょっと路地に入ったところにある。お店の前にわりと広い駐車場がある。 お店は大きな古民家を店舗にしていて趣がある。ここ...
船橋屋(広尾)のかき氷を食べる 広尾のHomework's のすぐ近くにある古民家みたいなお店があって、なんのお店だろうと思ったら甘味処のお店だった。そして、かき氷が美味しいらしい。すごい気になる。 ということで、さっそく行ってみたのだが、まだ夏の初めだというのに、既に人気で平日のお昼なのに入れないこともあった。行くなら2人...
夜カフェに便利な銀座の「椿屋珈琲店 銀座本店」で優雅な時間を過ごす... 銀座の街中でノンアルコールで楽しめる貴重なお店。なにより平日は早朝4:30までやっているので、お酒を飲んだ後に珈琲を飲みながら余韻を楽しむというのもまたいい。 古めかしい洋館なつくりで老舗っぽい雰囲気があるけれど、じつはそれほど古くもなくチェーン展開している事業モデル。僕は銀座本店しか行ったこ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください