9月の連休は台湾に行ってきた。2013年にはいってからの台湾旅行はこれで4回目。

毎度のことだが、今回もフライトはスクートを利用。カジュアルだけど、大きな機体で価格も手ごろなのでLCCに慣れていない人でも利用に違和感はないと思う。僕としては、オンラインチェックインがないのが激しく不便だが。

成田空港でのチェックインカウンターは長蛇の列
成田空港でのチェックインカウンターは長蛇の列
永盛帆布行のバッグ。軽くて丈夫でおすすめ。
永盛帆布行のバッグ。軽くて丈夫でおすすめ。

台北の桃園空港についてからは、高速鉄道で台南まで移動

今回、台南で帆布バッグを探す旅をしたのだが、あれこれ面白いお店があってお土産含めてあれこれ買ってしまった。

それ以外にも台南グルメはかなりバリエーションが豊富で、どれもうまい。そして台北よりさらに物価が安い。

そして、なんといっても台南で泊まった正興咖啡館はカフェにくっついているプチホテルで、本当に暮らすように気持ちの良い滞在ができた。

ここは何度もいうけれど、今年のベストホテルの1つだと思う。

正興咖啡館
正興咖啡館
岡山媽媽雑貨舗でオーダーしたバッグ
岡山媽媽雑貨舗でオーダーしたバッグ

2日目の夕方からは台北に移動して、岡山媽媽雑貨舗にて以前来たときにオーダーしておいたバッグの受け取り。

今回頼んだバッグは、日本に戻ってから大活躍しているのだが、持ち手の長さといい、中の仕切りといい完璧に近い満足感。よく出来ている。

色違いでオーダーしたいくらいだ。

そのほかには、今回はじめて食べたモンゴル火鍋の蒙古紅はインパクトがあった。岡山媽媽雑貨舗でオススメされた地元の人気店で、自分では選ばないようなタイプのお店だが(だって、お店の見た目からして辛そう)、しかし予想に反してこれはうまかったなあ。

翌日以降、髪の毛についた匂いが、なかなか取れなかったのには閉口したけれど。

それ以外にも、台北の新しいカフェを巡って新規開拓などをしてみた。

今回の訪問で一番印象に残っておいしかったのは「方糖珈琲館」。店員さんの応対はもちろん、パンケーキの絶品具合も東京に負けずとも劣らない、とてもいいカフェだと思う。

方糖珈琲館
方糖珈琲館

あとは、西門エリアにある中山堂にある「蔡明亮咖啡走廊」の古いカフェの佇まいも、台北ならではのオシャレカフェとしては今回の発見のひとつ。台北ってこの小さなエリアのなかに優れたカフェがひしめいていて、本当にすごい街だ。

西門の中山堂
西門の中山堂
爐鍋咖啡の店員さん。ものすごくかわいいと思うんだけど。
爐鍋咖啡の店員さん。ものすごくかわいいと思うんだけど。

ということで、今回も盛りだくさんの台湾旅行となったのだが、このあとは特に予定が入っていないので、しばらくオヤスミになるかなあ・・というところ。ううむ。

とはいえ面白いLCCがプロモーション価格出したら、うっかり予約しちゃう可能性はないとはいえない。

この旅のまとめ: 台南・台北旅行 – 2013年9月

Related Post

いちはらアート×ミックス2014に行ってきた... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。 比較的行きやすいエリアだったこともあり、期間中に何回か来てみたのだが、春といっても菜の花の季節から、初夏にかけていろいろな色合いのなかでみられたのは面白かった。 桜の季節はその花のすごさに圧倒される 菜の花を...
イグアスの滝(ブラジル側)へ行ってみたら、ものすごい観光地だった... フォス・ド・イグアス最大の観光の目玉であるイグアスの滝へ行ってきた。年末年始のイグアスの滝はハイシーズンで水量も豊富だし、迫力満点の滝を楽しめる。 しかし、この時期に訪れる人は滝につくまでものすごい大変であることを覚悟した方がいい。なぜならば、ブラジルでは夏休みの長期休み期間中なので家族旅行に...
やっぱりシェムリアップ、グルメ旅 今年の3月に続いてまたもや来てしまったカンボジアのシェムリアップ。出張かよ!というところだが遊びです。 今回はものすごいひさびさにベトナム航空でホーチミン経由。ユナイテッド航空のバンコク便もなくなったし・・もはやこれからはベトナム経由か・・と思っているのだが、これが結構楽しくてはまりそう。 ...
シェムリアップ食べ歩き旅 本来の目的は蚕祭りへの参加。これは楽しかった。 2014年3月はカンボジアのシェムリアップに行ってきた。 旅の目的はシェムリアップ郊外で行われた伝統の森の蚕祭りに参加することだったのだが、イベントに参加している以外はひたすら食べ歩いていた・・という感じ。 アンコールワットにもトン...
小樽運河と散歩 小樽まで来たので、北一硝子からちょっと足を延ばして小樽運河まで。歩いて5分もかからないところにあってかなり近い。レンタルサイクルとかもあるけれど、坂の多い町なので歩いて回ってもいいんじゃないかなって思う。 運河沿いは幹線道路が走る郊外といったところで、写真でよく見る風景の反対側は全然情緒がない...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください