広島旅行のハイライトのひとつといえば宮島への小旅行。そのなかで食事をどうするのかといえば、それが冬であれば牡蠣とかいいと思うけれど、それ以外の季節であれば穴子はおすすめ。

と書きつつ、僕はこんなに穴子がおいしいとは知らなかったのだが。

宮島でやたらと人気店になっている「うえの」に行ってみた。朝から結構並んでいるが、10分程度で入店できた。待つときは1時間くらいは待つらしい。

「うえの」の穴子飯

でも、結論からいうと、並んで待ってでも食べるのをおすすめする。穴子への思いが変わるくらいの絶品だった。

うなぎと比べると、脂も少なくさっぱりとした穴子の照り焼きは、しっかり炭火で焼かれて出てくる。ほんのり香ばしい炭の香りが食欲をやたらとそそって、期待が高まる。

で、その期待にたがわぬうまさ。

最初の半分はそのまま食べて、残りの半分は山椒をかけて食べるとまた雰囲気がかわって食べ飽きることもない。もう、うなぎとか食べなくてもいいじゃんって思った。

ちょっと高くても上あなご飯を頼んで、たっぷりの穴子を堪能してみてもらいたい。そして、できれば穴子の白焼きもおいしそうなので二人以上で行くのであればあわせて頼んでみてほしい。

うえの
住所:広島県廿日市市宮島口1-5-11
時間:10:00~19:00

広島県廿日市市宮島口1-5-11

保存

Related Post

恵比寿の「おおぜき」ってそんなに美味しいのだろうか... レビューサイトでやたらと評価の高い恵比寿の「おおぜき」のラーメン。僕がひねくれているということは多少あるにせよ、それでももっと美味しいところあるんじゃないかなあという感想をもってしまった。 お店の場所は恵比寿駅から歩いて数分のところで、銀行の横の小径を恵比寿神社の方に向かって坂道を上がったとこ...
恵比寿のこづちでは定食よりもアラカルトがおすすめ... 最近ではすっかりおしゃれな街として認識されている恵比寿だけど、夏には駅前で大々的に盆踊りのお祭りがあったり、小さいお店が肩を寄せ合うようにあったり下町っぽいところが残っている。 そんな恵比寿の街中で昭和が真空パックされたかのような雰囲気がある食堂があり、午前中からやたらと並ぶ人気のお店が「こづ...
「とんき」(目黒)のとんかつは一度は食べてみるべし... 場所は目黒駅すぐそば 池波正太郎のエッセイによく登場するところで、店内が劇場のようであり、店員さんの対応も完璧に素晴らしいと絶賛されているお店。目黒に立ち寄る機会があって、迷わずここに寄ってみた。 とんかつはオーダーしてから、低温の油でゆっくりと揚げられていくので、ここはひとつ池波正太...
スヰートポーヅへ行ってきた。日本で屈指の餃子の名店。... 神保町でランチしようかなあっていうときに、「スヰートポーヅへ行ったことなければ、行かなくてはならない」という運命的な推薦があって行ってみることにした。 普段は「-なければならない」とかいう話しはだいたい好きではないのだけど、食事に関しては別なのではないかと最近考えるようになってきた。 ス...
尾道帆布 彩工房は普通のお土産物っぽい帆布バッグ店... やまねこカフェから尾道駅に戻る途中、商店街の入口あたりにあった帆布バッグのお店。帆布好きとしては、寄らなくては・・ということで入ってみた。 お店は、結構広くてトートバッグからリュックまで製品ラインナップは結構豊富。染めも柿渋とかがあったりして布好きのツボをおさえていると思う。 あれこれ眺...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください