世界最大級の書店として有名な「誠品書店 信義店」にはじめて行ってみた。

ちょっと前に台湾の旅行雑誌で僕の写真を使ってくれたこともあって、その雑誌がどんな感じで置かれているんだろうとか、どれだけ大きな書店なんだろうという調査。

場所は、MRT板南線 市政府駅から徒歩2分くらい。阪急百貨店の裏手にあるので、百貨店のなかを通り抜けるのが近道。

書店自体は高層オフィスビルの下層階を使っていて、さすがにかなり巨大。ただ、すべてが書店なわけではなく、1階はファッションや雑貨のお店などが入っていて、東京の新丸ビルの1階に似た雰囲気だなと思った。

書店は2~3階部分になるのだけど、これはでかい。中央にあるエスカレーターを挟んで北側部分が書店で、南側部分は雑貨などを取り扱っているのだけど、とくに3階の南側エリアはMade in Taiwanにこだわった雑貨や食品を取り扱っているので、お土産もの探しにもいいと思う。

僕は写真にある帆布のケースを買ってみたのだが、これってたぶんティッシュボックスケースなんだろうけど、ランチボックスに最適な大きさだったので便利。ちゃんとしっかり作ってあるので使い込んで味が出てくるのが楽しみ。

ちなみに、僕の写真が使われていた旅行雑誌は新しい号に変わっていたのだが、最新号は書店の一番目立つ位置に平積みに置かれていて、ちょうどCREA TRAVELERとかと同じよな感じの扱いだった。すごいじゃないか・・。そんな雑誌に素人な僕の写真使ってもらえてありがたい。

そんなこんなでお店はただの書店ではなく、台湾カルチャー全体の発信地として機能していて、本以外のものも豊富にあるので、ここは一度行ってみた方がおすすめです。かなり巨大なショップなので、十分に店内を散策する時間(最低2時間くらい)を確保した上で訪問してみてください。日本でいうと、代官山のT-SITEみたいな感じかなあ。

書店にしては夜遅くまで営業している(10:00-0:00)ので食後の散策にもどうぞ。
http://www.eslite.com/

Related Post

蘑菇 BoodayでMade in Taiwanなお買いもの 台湾メイドのブランドでは一番好きなもののひとつ。僕としては台湾のOKURAみたいな雰囲気を感じている。近頃は日本のブランドとのコラボレーションもやっているみたいで、それもちょっと気になっている。ひさびさに行ったけれど、かわいいものが多くて色々買いそうになってしまった。 過去の訪問 蘑...
figure21手工包房 – オーダーメイドに対応した革製品店... 台北関連のブログなどをみていたら、革製品などのオーダーメイドではこのお店がすごくいい!という記事をみて、どうにも人気店だということでチェックしに行ってみた。お店はビルの間の裏通りにあって、結構見つけづらいので注意が必要。 僕の結果としては「日本で作った方が質も値段も安くていいのができそうだ」と...
丸林魯肉飯(台北)にて屋台料理をレストランで食べる... 台北について、いつものホテル・リビエラ(欧華酒店) にチェックインして、それがお昼過ぎの中途半端な時間だった場合、おやつ代わりにちょっと行くのがこちらの丸林魯肉飯。 魯肉飯(ルーローファン)というと屋台料理というイメージだけれど、ここではちょっとオシャレなレストランな感じのところで食べることが...
【閉店】AMATAK(アマタ)の刺し子バッグ... 前回の訪問 シェムリアップの中心街にあるAMATAK(アマタ)というお土産物屋さんに再訪。アマタとは永遠という意味らしい。 まあたしかに、ここにある織物たちは僕らがこの世から去っても、後世まで永遠に残るものもあるかもしれない。それくらい気合い入ったものもある。(前回の訪問) 前回...
和紙の中條(小布施) – 文具好きにはたまらない土産屋... 小布施の古い街並みのなかを歩いていて発見したお店。軒先に出ている真っ白な暖簾が印象的。そして近くによってびっくり。なんと、和紙でできている暖簾だった。 ロケーションは桝一客殿や北斎ミュージアムのすぐ近くで前を通りかかることが多いと思う。お店の外観は周囲に馴染んでいてしっくり来る。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください