今回の旅で最も台北的で観光的な行為といえば、ここICE MONSTER(冰館)でかき氷を食べたこと。ここは日本人、台湾人でにぎわっていました。

場所はMRT板南線 國府紀念館駅駅の近く。誠品書店の隣の駅でタクシーで移動しても100元かからないくらいなので、ちょこっと一緒に行ってみるのがいいかも。

店の前には行列が出来ているので、すぐわかります。行列とはいってもお客さんの回転はやいので(みな、かき氷食べてすぐ出る)、10mくらいの長さの行列でも10分程度の待ち時間かなってところ。

ということで、さっそくマンゴーかき氷食べてみる。250元と結構なお値段するのだけど、まあお値段なりに巨大なものが出てきます。男性であれば1人1個でいけるけど、女の子だとこれはきついと思われる。

写真ではマンゴーが入ってないじゃん!と思われるかもしれませんが、このかき氷の下にずっしりとたくさん入っているのでご安心ください。かき氷自体も日本のものと違って氷が細かくて少しもちっとした感じがして食感がすばらしい。

味は・・・これはもう自慢になっちゃいますが激うまです。やばいです。マンゴー自体にも臭みが全然なくてすごいうまい。感動した。ここもリピート確定かなという感じだけど、ほかのマンゴーかき氷店も行ってみたいと思った僕は浮気性なやつでごめんなさい。

Related Post

Hachi Cafe – 越後妻有の地産地消カフェ... 絵本と木の実の美術館の1階に併設されているカフェ。学校のなかで職員室だったのかな、そんな感じなのだけど、ウッディなインテリアと明るく開放的な店内、そして開け放たれた窓から外の空気が入ってきて、すごく気持ちがいい雰囲気。Hachi というのはこの地区が鉢地区と呼ばれていることからつけられたネーミングみ...
歴史を感じる台北純喫茶の「蜂大珈琲」... 西門での街歩きで一休みするのにオススメのカフェというか喫茶店。 お店の雰囲気は日本風にいえば「昭和なノスタルジー」な感じ。1956年創業で、きちんと本格的なコーヒーをいただけます。 おすすめとしては、地元ならではの台湾珈琲。ちょっと濃いめで酸味を感じるうまさ。 台湾...
京都っぽいカフェだなって思う「丁の字 CAFE」... 一保堂茶舗からほど近いところにあって、ランチがてらに立ち寄ってみたカフェ。ちょうどランチのピークタイムが終わったばかりみたいでお客さんがおらず、貸し切り状態でゆっくりできた。 場所は二条木屋町になるのだけど、この辺は住宅街みたいで落ち着いた雰囲気。一保堂茶舗からはほんの数分のところ。 一...
カカオ マーケット バイ マリベルの京都土産はかなり喜ばれる... 最近になって東京にも進出してきているカカオマーケットなのだが、祇園にある京都店の雰囲気とか含めてすごく好き。マリベル本店は烏丸御池の近くにあるのだけれど、今回は時間がなくて立ち寄れず、次回にまわしている。 僕が訪れたのはバレンタインデーの前だったこともあり、かなりのアウェイ感があったのだけれど...
築地「茂助だんご」の三兄弟を食す 築地にある老舗の団子屋さん。創業が明治31年(1898年)というから、100年以上の歴史がある。いまでは場外にも支店がいくつか出来ているけれど、行ってみたのは水神社のすぐ近くで創業当時の面影を残している、昔から営業しているお店。 お店の軒先でお団子を販売していて、店内にはテーブル席がいくつかあ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください