今回の旅では、夕食に酒田の鈴政で食事をとるに予定があったのに、僕が間違って鶴岡のホテルを予約してしまうという、ものすごい微妙なミスをしてしまった。

なので、酒田までは列車を使っての移動なのだが、これが思いのほか旅情があったというか、印象に残る旅になった。

20131012-1853-53-2000

鶴岡と酒田の間は週末の夕方だと1時間に1~2本程度の列車が運行していて、本数は多いわけじゃないけれど、致命的に少ないということもない。普通列車での移動だとぴったり30分。このほか、特急も走っているのだが10分くらいしか違わないので、時間的にどうしてもということでなければ普通列車での移動をおすすめする。

僕にとっては旅だけど、地元の人にとっては移動なわけでこれが日常なのだと思う。それでも、鶴岡から酒田までのあいだでみた、稲の刈り取りがおわってひと休みをしている田園風景や、奥羽山脈からの旅をしてきて日本海へと流れていく川の上を鉄橋で渡り、その風景の上ににひろびろとした空に沈む夕陽は、はじめてみる景色なのに、なつかしさを感じで不思議な気分だった。

20131012-1659-26-04049

とくに、この日の夕陽は美しくて、乗客のひとたちも窓の外の風景を眺めていたのが印象的。

また、鉄道からみえる風景は、ロードサイドの醜いチェーン店のぎらついた看板をみかけることもないので、本当にきれいな風景をみることができる。普段、車で移動しているので、これは新たな発見だった。そうか、鉄道だと線路の横にお店作ってもしょうがないものな。

20131012-1656-04-04040

ところで、この路線のなかにある北余目~砂越間は2005年に列車が強風にあおられて脱線事故(wikipedia:羽越線脱線事故)をおこしたところで、そこを通り抜けたのだが(通っていて、思い出した)、この遮るものもないようなところで、冬じゃなくてもビル風のすごいのが吹き抜けるようなところでは、よくいままで大丈夫だったな・・と思ってしまった。でも、この風が庄内の自然や空の美しさを作っているようにもみえるのは、僕がただこの地域を旅をしていて、コミットしていないからこそ思ってしまうことかも。

思いがけずのローカル線の旅になったのだが、列車の旅もいいものだとあらためて感じた。

20131012-1711-51-1989

Related Post

ホーチミン街歩き 今回、数年ぶりにホーチミン シティへ来たのだけれど、高層ビルが何本も建っている風景には驚いた。 初めて来たときは高層ビルは作りかけがひとつあったかどうか・・。 でも、ビルへ向かう道には飛び交うようにバイクが走っていて、その風景には変わりがない。 街中にはアオザイ来た女の子を...
黒部~立山~信州呑み歩きの旅 2014年9月は信州への旅。 去年はサイトウキネンフェスティバルと北アルプス三蔵呑み歩きと行った。でも、今年はサイトウキネンのチケットが取れなかったこともあり、呑み歩きと黒部ダム、立山への旅にしてみた。 結論としては、サイトウキネン行きたかったけれど、黒部や立山~室堂の散策で感じた空気や...
ロイクラトンの旅2日目 2013年11月はタイのロイクラトンに行ってきた。初日はバンコクまでのフライトで終わってしまい2日目。この日は朝からチェンマイへと移動して、ちょこっと観光・・というか主に食べ歩きした。 早朝にアマリ ドンムアンホテルをチェックアウトして、朝7時過ぎのエアアジアの便でドンムアンからチェンマイへと...
カンボジア~タイへの旅 アシアナのビジネスクラスに感動した いったいいつの旅の話しているんだよ・・という感じではあるが、今年の春はカンボジアとタイを旅してきた。 ユナイテッド航空のマイレージ特典旅行のレートがアジア方面を中心にかなり悪くなることが決まっていたので、その前に駆け込みで発券して旅してきた。 ...
ウドンタニ散歩 タイの東北部、イサーン地方のウドンタニにやってきた。サンスクリット語で「北の町」と名付けられたこの地に来た目的は蓮の花だらけの湖に行くということなのだが、それがなかったらこの街に来ることはなかっただろうなと思う。 この先にあるラオスのビエンチャンに向かうときの通過点としての意味もあるが、いまの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です