初夏に来た旅行でもっとも印象に残ったのは、鈴政の江戸前寿司のおいしさと洗練されたよそおいで、今回もまた庄内に来たのは、このお店があったから。

今回は鶴岡から列車で到着して、酒田駅からの行き帰りともにタクシーを利用。かろうじてワンメーターでは行けず720円くらいかったが、歩いててもなにもないところだし、タクシー使っちゃった方がいいんじゃないかと思う。

かなり前から予約をいれておいて、満を持しての訪問。カウンターに座って、目の前で握ってもらうのは緊張するけれど、楽しい体験でもある。

お願いしたのは、おまかせの握りコースで、今回は一度も醤油を使わないという趣向のもとに、つぎからつぎへと商品が出てきた。魚のあしらいについても、ちょっと切り込みをいれて見た目が美しいようにしたり、甘えびもタマゴをもっていたら色をつけてのせてみたり、脂がのったものは炙って塩をかけてみたり・・。寿司とは単なる握り飯の上に魚の切り身がのっただけのものではないと、その奥深さに驚くとともに味の幅広さを堪能した。

20131012-1730-37-1990

20131012-1751-04-1991

20131012-1757-33-1992

これで、一人一万円未満。この値段でこのクオリティの高い寿司を、まさに酒田ならではの日本酒とともに楽しめるのだからスゴイ。これが都内だと幾らになっちゃうんだろうとか考えるのは無粋だが、ついついに考えてしまう。

鈴政で食事をするためだけに旅行をしても価値があると思うお店。行くときには予約してからいくのがおすすめ。

鈴政
住所:山形県酒田市日吉町1-6-18

山形県酒田市日吉町1-6-18

Related Post

京都ラーメン界のファンタジスタ「拳ラーメン」... 赤垣屋でラーメンの話をしていたら、京都はラーメンがすごい!とくに拳ラーメンはラーメン界のファンタジスタと呼ばれていて、ここでしか食べられないラーメンも沢山あるし、なにせ週替わりとか月替わりとか・・とにかく色んなラーメンがあるっていう話をしていたら、そこに行かなきゃいけない気分になってくる。 と...
神秘のブルー、丸池様の美しさは言葉にしつくせない... 今回の庄内への旅でひそかに気になっていた場所。知り合いが訪れていてすごい美しい場所で穴場だというので行ってみた。たしかに全然人がいない(いまは違うかもしれないが)なかで森のなかに突然あらわれる驚異的な透明度の青い泉は神秘的で美しい。斧とか落としたらなかから神さまが出てきそうな絵本のなかで出てくる風景...
初夏は山形でさくらんぼ狩り – 天童への旅... このブログを始める前から、初夏の頃は山形へさくらんぼ狩りをする小旅行に行っている。ということで、2015年も6月の最後の週末に山形へ行ってきた。 さくらんぼ狩りをするところは、最初に行ってすごく楽しかった場所から変えたことがなくて、毎年同じ所に行っている。 もしかしたらもっと美味しくて、...
月島の「えびすや」でもんじゃと鉄板焼き... 海外に住んでいる友人が日本に一時帰国してきて夜にご飯をすることになったのだが、月島でもんじゃ焼きということで選んだお店。僕が好きなのは「いろは」なのだが、予約がとりづらくこの日も満席。 すぐ近くにある「えびすや」に行ってみることにした。どうでもいいことだが、「いろは」に行くと毎回いい感じに酔っ...
「藤の家」古民家カフェで実感する庄内の豊かさ... このお店をどこでどうやって知ったのか・・すっかり思い出せないのだけど、今回の旅行で印象に残るカフェになった鶴岡市にある藤の家(ふじのや)というお店。 食べログにも店舗情報ないし、どうも新しいお店らしいのだが、ちょっとこれも出会いというか、気になったので訪れてみました。ランチタイムを少し外した時...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください