鈴政と同様に、酒田における必須の食事処。酒田に来たからには!ここは外せないと思う。

前回のときと同様に、朝イチで行ってみた。今回は、鶴岡からアクセスしたので結構遠かったなあ・・車で30分弱といったところ。車でのアクセスは列車とは異なり、単なる移動というかイオンがあったりドラッグストアがあったり全然旅行している感じじゃなくて、面白くもなんともない。この区間は一度は列車旅もしてみてほしい。

それはさておき。

オープン時間から少したった頃にいったこともあるので、店内は空いていて並ぶことなくオーダーすることができた。

20131013-0749-47-04051

今回頼んだのは鮭の親子丼。サーモンの上にいくらが載っているというテンションがあがる一品。このほか、刺身の盛り合わせも頼んだのだが、これは・・すごいうまい。

20131013-0750-24-04057

夏とは異なり、牡蠣やウニはないのだけれど、それでも秋の味覚である鮭やイクラ、甘えびなどがあって、これはこれでおいしい。そして安い。

季節を感じられる食事っていいよなあ・・と思いながら大満足で豪華な朝食を食べた。すごい来づらいと思うのだが、冬とかにも来てみたいところ。

海鮮どんやとびしま
住所:山形県酒田市船場町2丁目5-10 2F
時間:7:00~9:00,11:00~19:00

山形県酒田市船場町2丁目5-10

Related Post

鬼平江戸処はパーキングエリアの枠を越えたグルメスポット... 今回の東北旅でちょっと早めに戻ってきた理由は東北自動車道の羽生パーキングエリアにある鬼平江戸処へ来てみたかったから。 池波正太郎の「鬼平犯科帳」の世界観をテーマにしたスポットになっていて、規模は小さいながらもかなり楽しいテーマパークみたいなところになっている。駐車場に車をとめて江戸の街並みの雰...
「あらきそば」で味わう極太な田舎蕎麦... 山形の蕎麦といえば、大きな木の箱に入った板蕎麦という一風変わった田舎蕎麦が有名で、都内でもたとえば恵比寿の「間人」とか食べられるところが何軒かあって結構おいしくて、今回はじめて本場の板蕎麦を食べてきた。 行ってみたのは最上川蕎麦街道の終着点である十四番点店「あらきそば」。結構有名なところみたい...
庄内映画村で日本の原風景につつまれる... 今回の旅のラストは庄内映画村。最近は藤沢周平の作品を読むことが多く、藤沢作品が映画化されたときにオープンセットのロケ地として使われていることもあり、ずっと気になっていたところ。 庄内映画村のサイトにも書いてあるけれど、カーナビに従うと違うところに連れて行かれてしまうので注意が必要です。...
Hachi Cafe – 越後妻有の地産地消カフェ... 絵本と木の実の美術館の1階に併設されているカフェ。学校のなかで職員室だったのかな、そんな感じなのだけど、ウッディなインテリアと明るく開放的な店内、そして開け放たれた窓から外の空気が入ってきて、すごく気持ちがいい雰囲気。Hachi というのはこの地区が鉢地区と呼ばれていることからつけられたネーミングみ...
さすけ食堂の黄金あじのフライは神がかり的な美味しさ... 千葉の浜金谷へ行ってきた。この町の港からは横須賀との間を結ぶフェリーが出ているのだけど、火力発電所があったりする横須賀の風景と比べて、浜金谷のひなびた雰囲気はそのコントラストがすごいある。 その浜金谷の港からほど近いところにある食堂。本当に小さな食堂なのだけど、駐車場からは車があふれるばかりに...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください