庄内映画村への旅ふたたび。初夏に来てみて、電線のない里山の風景ってこんなに美しいものなのかと感動をしたのだが、秋もまたきれいですよっていう話を聞いたので、またもや来てみた。

20131013-0938-52-04156

庄内映画村のオープンセットまでの道のりは、カーナビだと違うところへ連れて行かれしまう可能性があるため、公式ブログでも紹介されているが近くにある川代温泉の末広屋旅館を設定するのがおすすめ。この場所から映画村までは車だと10分くらいの道のりで、看板も多数出ているので迷うここともないと思う。(庄内映画村オープンセットへの道のり:カーナビご利用の方へ

20131013-0924-30-04072

前にも書いたような気がするのだが、ここに来るならばオススメは朝イチの開園と同時くらいに来るのがいい。人も少ないので、のんびりと見てまわることも出来るし、なにより風の音や美しい風景を独り占め出来る。これが、団体客とかとはちあわせてしまうとこうもいかない。

20131013-0945-43-04178

農村エリアでは、初夏に田植えされていた稲がすでに刈り取られていて、はざ掛けをされていた。きっと江戸時代の農村ではいたるところでこういう風景が見られたのだろうな。僕は体験したことも、いままで見たこともない風景なのに懐かしい気持ちになるということが不思議だ。

20131013-1013-08-04234

ブータンの田舎道を旅行しているときにも、そんな気分になったけれど、こんな舗装されていない道や田園風景というのは、人の心になにか訴えかけるものがあるのかもしれない。なんだか落ち着く風景なんだよな。

20131013-0938-23-04151

今回、村内をみてまわっているときに不思議な標識をいくつか見かけたのだが、どうもこれは勇者ヨシヒコとかいうドラマのセットで使われたものらしい。家に帰ってからDVD借りてみてみたが、いきなり庄内の風景が広がっていた。そして、くだらなくてすごい面白かった・・。うっかり通しで全て観てしまったくらい。

勇者ヨシヒコ巡りようの特別マップもあるので、ドラマのファンの方にもおすすめです。ちなみに、これも前に書いたけれど!園内の移動は多少高くついてもバスを利用するのがいいと思う。歩いてまわると結構つかれます。

庄内映画村オープンセット
時間:9:00 - 17:00
住所:山形県鶴岡市羽黒町川代字東増川山102

 

Related Post

安平老街のカフェでクマと和む 安平老街を散歩しているときに見つけた小さなカフェ。目印はこの常連客のクマ。 最初、お店の外からみかけたときは、ずんぐりしたおじさんがカフェのテーブルで落ち込んでいるのかと思った。。 本当に小さなカフェで趣味でやっているのか?くらいなので食事をするまでもないし、ドリンクの種類もあまりないの...
安曇野の廃線跡を歩いてみる 安曇野に住んでいる友人は、こっちの観光関連の組織に勤めているらしく、訪れてきた観光客へたまに「ハイ、こちらがおすすめですよ」とかやっているらしい。 そして、風ゆらでランチを食べながら、ランチ食べたあと軽くどこか観るところある?って話しをしていて向かったのは篠ノ井線の廃線跡。 1980年代...
羽越線に乗ってみた、ローカル線の旅... 今回の旅では、夕食に酒田の鈴政で食事をとるに予定があったのに、僕が間違って鶴岡のホテルを予約してしまうという、ものすごい微妙なミスをしてしまった。 なので、酒田までは列車を使っての移動なのだが、これが思いのほか旅情があったというか、印象に残る旅になった。 鶴岡と酒田の間は週末の夕...
二日酔いで上高地を散歩してきた あまり自慢できることじゃありませんが、年に数回あるかという激しい二日酔いになりました。こちらに住んでいる方のはからいで上高地を案内してくれることになっているのですが、早朝に起きられたのは奇跡に近いことだなとか思ったりしている。昨晩、オールドロックで飲んでから宿に帰った記憶がおぼろげだものな。 ...
庄内の豊かさを実感する「山居倉庫」... 酒田市における観光スポットの目玉のひとつが、この山居倉庫。江戸末期から20世紀初頭にかけて建てられていて、いまだに現役で使われている。倉庫のうち西日があたる部分にはケヤキが植えられていて、そのケヤキ並木はフォトジェニックな散歩コースとなっている。ちなみに、この並木道で倉庫と反対側は普通の住宅地なんだ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください