小布施堂本店の斜め向かい側、小布施の町並みの中心地にある「小布施 味麓庵」。お昼時から夕方まで行列がたえないお店で、なにか鯛焼きみたいなものを作っているっぽい印象だったのだが、行列がすごすぎてよくわからなかった。

今回、小布施堂の朱雀を食べて朝イチの開店にぴったりあったので、行列もなくお店に入って買ってみたのが、福栗焼きというもの。

鯛焼き状の生地のなかには、栗餡が詰め込まれていて、さらにはなんと大きな栗が一個まるまる入っている。栗餡は甘さが控えめで上品な感じで、それがまた栗の実の味をひきたてている。

20131019-1645-21-04565

今回の小布施において、スイーツの味としては小布施堂の朱雀よりもこっちの福栗焼きの方が美味しいと思ってしまったくらい(朱雀は見た目のインパクトも含めての評価)。

これは行列を並んででもみんな買うわけだと納得。この日も開店直後からみんな並んでいた。あまり日持ちしなさそうだけどお土産にも利用はできると思う。まずは、とりあえず買ってみて食べ歩くのがおすすめ。

20131019-0928-43-04419

小布施 味麓庵
住所:長野県上高井郡小布施町大字上町981
時間:9:30~17:00

長野県上高井郡小布施町大字上町981

Related Post

TABE TABI MARKET BOSO FOOD CENTER – サービスエリアに... いちはらアート×ミックスの帰り道に立ち寄ったところ。 館山自動車道の市原サービスエリア上り線がリノベーションされて、随分とおしゃれで楽しいスポットになっていた。 以前はだいぶ寂れててファーストフードのお店くらいしかなかったのだが・・いまは房総半島の地産地消をテーマにしたショップ&フードコ...
Pistacchio 綠皮開心果で台湾らしいジェラートを楽しむ... instagramでやたらとフォトジェニックでかわいい写真が多く上がっている台南での人気店。おおよそガイドブックに載っていそうな雰囲気もなく、外国人には全然慣れていない感じだけど、カタコトの英語とかで問題なくコミュニケーションとれるので問題ない。 お店の名前通り、ピスタチオのジェラートのほか、...
十勝千年の森にある貴重な食事処「ガーデンカフェ ラウラウ」でのランチは残念... 十勝千年の森でセグウェイツアーに参加するとランチタイムまでかかってしまう。セグウェイツアーでも立ち寄ったカフェでランチを食べることにする。 ツアーは入口で解散となるので、そこから改めて森の中を歩いて行くのだが、これが結構遠い。ちょっとカフェでランチとか気軽に考えていたのだが入口から10分くらい...
【店名変更】津南の「とん豚」で絶品トンカツを食べる... 旅においては「一食入魂」を標榜する僕なのだが、越後妻有でなにを食べるかといえば、がっつり食べるということにおいて、ここ「とん豚」が絶対的におすすめなお店。 津南でどこで食事しようと計画した場合、あなたがイスラム教徒かベジタリアンでない限りにおいては、ここでのトンカツは絶対におすすめできる逸品な...
ケップ土産といえば塩と胡椒 カンボジア南部のカンポットからケップにかけては胡椒の産地として有名。胡椒は古代ローマ時代には金と同じくらいの価値があったと表現されていて、この土地が植民地になる要因のひとつにもなったくらい。 胡椒を育てるには気温のほか、大量の雨や湿度が重要な要素で、この雨の多い土地は胡椒作りにもっとも適してい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください