小布施の古い街並みのなかを歩いていて発見したお店。軒先に出ている真っ白な暖簾が印象的。そして近くによってびっくり。なんと、和紙でできている暖簾だった。

ロケーションは桝一客殿や北斎ミュージアムのすぐ近くで前を通りかかることが多いと思う。お店の外観は周囲に馴染んでいてしっくり来る。

20131019-0851-25-04388

店内は紙製品であふれていて、メインとなるのは和紙でできたお面や置物になるのだが、それ以外にもさまざまな和紙を計り売りしていたり、和紙を綴じて作ったノートなどもあり、文具好きにはちょっと贅沢なノートとして買っちゃってもいいかもって思ったりする。

僕が買ったのは和紙でできたふせんと、色紙。色紙は結構な厚みがある和紙でインクののりも良さそうなので、2年後の中之条ビエンナーレでスタンプ帳代わりに使ってみようかと・・いまから計画中。

小布施のお土産といえば、北斎ミュージアムでなんか買ったり、栗菓子だと思うけれど、和紙というのも、ちょっとオシャレで特別なお土産としておすすめ。

和紙の中條
住所:上高井郡小布施町大字小布施809
時間:8:30~17:30(11月~3月は5時まで)

上高井郡小布施町大字小布施809

Related Post

呼きつね(西麻布)の上品ないなり寿司... 西麻布から六本木あたりでちょっとした手土産買うのであれば、呼きつね(こきつね)のいなり寿司がいいかなって思うし、天気のいい日にこのあたりで外ランチするのにもいいんじゃないかと思う。 とても上品で日本酒の風味がきいている。そんな洗練されたいなり寿司は独創的ですらあって話しのネタにもいい。 ...
Kep Crab Marketで蟹を調達して調理まで カンボジアのケップといえば、旧フランス領時代にはのどかなリゾートであり、穏やかな自然と美味しいシーフードが有名。なかでもここで採れる蟹は抜群に美味しくて、ケップの魚市場はCrab Marketというくらい。 市場沿いにはレストランも並んでいるのだが、ホテル(The Beach House)に行...
ケップ土産といえば塩と胡椒 カンボジア南部のカンポットからケップにかけては胡椒の産地として有名。胡椒は古代ローマ時代には金と同じくらいの価値があったと表現されていて、この土地が植民地になる要因のひとつにもなったくらい。 胡椒を育てるには気温のほか、大量の雨や湿度が重要な要素で、この雨の多い土地は胡椒作りにもっとも適してい...
好丘 Good Cho’sでMade in Taiwan商品を手に入れる... 台北101のふもとにある古い街並み四四南村のなかにある雑貨とカフェのお店。 ぱっと見、レトロな感じの店内は日本の雑貨店みたいな感じもあるけれど、並べられている商品はMIT(Made in Taiwan)であふれていて、台湾のGood Choiceが集められている。 古い建物を活かした作り...
李製餅家 – ずっしり美味なパイナップルケーキ... ひとくちにパイナップルケーキといっても、食感はクッキーみたいなものから、マフィンみたいなものまで、形は丸型から猫型まで種々様々なものがあるけれど、自分で食べておいしくて、人にあげても喜ばれるものといえば、ここ「李製餅家」のパイナップルケーキかなって思う。 形はオーソドックスな箱形で、見た目に対...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です