小布施堂で朱雀を食べたタイミングでちょうど秋祭りをしていたので、ちょっとのぞいてみた。小布施の中心街の大日通りで農産物の直売をしていたり、骨董市が開催されたり、なんか地元のステージがあったりと盛りだくさん。

とりあえず、僕としては収穫物が気になる。

とりあえず歩いていて、まず気になったのは旬を迎えた栗とリンゴ。栗はさっき朱雀を大量に食べたし、皮むきが大変すぎるのでパスして、リンゴをあれこれ物色。標高の高い土地で作られて、色が濃い「秋映」がまさに熟していて、いい香り。味も濃厚ですごい気に入ったのだが、値段をみてさらに驚く。一袋に7~8個ぎっしり詰まっていて200円だった・・。味だけじゃなくて安さにも驚く。生産者からの直売だから?とにかくたくさん買ってしまい、そのまま食べる他にはブランデーに漬けてちょっとカルヴァドス風にしてみたり、焼きリンゴを作ってみたりした。

きのこ汁
きのこ汁

また、辛味大根の蕎麦が売っていて、蕎麦は普通の麺なのに絶品にうまく感じるのは大根のおかげだなと、辛味大根も購入。冷蔵庫で日持ちするので、何本か買って家で蕎麦を食べるときにいれてみているのだが、これもまた秋の味でうまい。

辛味大根蕎麦
辛味大根蕎麦

収穫の秋を実感できるお祭りだったし、信州ってバリエーションに富んだ食材が豊富にあっていいなと思った次第。

Related Post

いちはらアート×ミックス2014「湖の飛行機」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。何回かに分けていった旅の記録をまとめていくよ。ということで、高滝湖に浮かぶ巨大な飛行機「湖の飛行機(うみのひこうき)」という作品をみてきた。 ここは駐車場が無料だったのでアクセスしやすいのが便利。そして、今回のアートミックスで...
行くぜ、東北。初夏のさくらんぼ狩り編(2016年)... 僕のなかでは初夏の風物詩、なんとなく淡い色合いの記憶。今年も山形でさくらんぼ狩りをしてきた。 過去のさくらんぼ狩りの記録 2013-06: 山形/庄内への小旅行 2014-07: 山形~宮城、ちょこっと福島の旅 2015-06: 初夏の山形/庄内の旅 2013年と2...
桝一市村酒造場 – 現代風で洗練された日本酒メーカーだと思う... 小布施の中心地、桝一客殿に隣接した酒造所と販売所。通りに面していて、入口にはぼんぼりのように巨大な杉玉があるからすぐ分かると思う。   奥には試飲するスペースもあったのだが、今回は車で移動しているのでそこはパスしてお店の人に相談しながら商品を選定。全体的に、辛口...
ヤンゴンからバガンへ夜行列車の旅 今回のミャンマー旅行で一番気になっていたのはヤンゴンからバガンまで夜行列車の旅。 日本では列車の旅というと、新幹線で単なる移動か、豪華寝台列車でセレブ旅という二極化がすすんでいる感じだが、ミャンマーはまだまだ旅情ある夜行列車の旅というものが味わえる。 ヤンゴン~バガン間の夜行列車は定時で...
金瓜石で古きよき日本家屋を探訪する... 九分行きのバスで知り合った日本人に「九分の先にある金瓜石に行かれるということですが、そこはどういったものがあるんですか?」と聞かれたのだが、僕はそれに対して答えをもっておらず、ずいぶん怪しい回答をしたと思う。 しかし実際問題として金瓜石になにがあるのか知らなかったのだから、それは仕方が...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください