モンブランといえば小布施堂の朱雀が超有名なのだが、あれはモンブランというよりもオリジナルの和菓子に近い存在で、日本のモンブラン業界としてはこっちの栗の木テラスのモンブランの方が数段うまいと思っている。

お店の場所は小布施の中心街に近いので、アクセスはしやすくて便利。道路沿いなので見つけやすいし、山小屋風の建物は目立っている。

結構混み合うお店なので、カフェに入るにはだいぶ待たなくてはいけないときもあるかと思う。お菓子を買うだけでも結構並ぶくらいだ。おすすめはモンブランなのだが、それいがいにもダックワーズとか焼き菓子系もなかなかにおすすめ。

モンブランはこぶりなのだけど、渋皮の苦みがあって栗を感じることができるし、色合いも美しい。ここはコーヒーではなく紅茶と一緒に食べるのがおすすめ。

あまり日持ちはしないけれど、お土産やお持たせにも喜ばれるのでおすすめ。

ただし!難点といえばお店の入口に並ぶところが喫煙所になっていて、待っている間にタバコの煙を浴びまくること。なんだか悲しくなってくるし、これが非喫煙者には地味に辛い。そして、きれいなテラスの入口にある灰皿には溢れるばかりの吸い殻が・・・。

たぶん、店舗の管理者が喫煙者だからこういうところに思いが至らないのかな。こうしたところは、ひどく残念なのだが、提供されるお菓子は間違えがないです。

2018年11月追記:入口の灰皿は撤去されて清潔になっていました。新しい訪問はこちら:[小布施]栗の木テラスの新しいモンブラン「モンブラン・ネージュ」を試してみた

栗の木テラス小布施店
住所:長野県上高井郡小布施町小布施784
時間:10:00-18:00

長野県上高井郡小布施町小布施784

Related Post

ロマンティックで幻想的な青の世界 、喫茶「ソワレ」でゼリーポンチ... かさぎ屋に続いて竹久夢二の世界観。四条通りをすこし入ったところ、南座の近くにあるロマンチックな雰囲気の純喫茶のお店。 友人におすすめされていて、一度行ってみようと思っていたのだがお店の前でばったりその友人と遭遇。東京住んでいるのに、まさか同じタイミングで京都にきていて、おすすめのお店で遭遇しち...
爐鍋咖啡(Luguo Cafe) – 台北に来ると必ず立ち寄っているカフェ... 台北に来ると、なんとなくだけど足が向いてしまうのが迪化街で、古めかしい街並みも好きだし、散歩をしていて楽しい街だと思う。 で、迪化街に来てなにをするかというと、永久號でからすみを買って、ArtYard小藝埕で台湾雑貨を眺めて(うっかり買ってしまって)、そしてひと休みは小藝埕の2階にある爐鍋咖啡...
ブルーパンプキン(シェムリアップ)居心地よいソファ席がおすすめのカフェ... シェムリアップにかなり前からあるカフェで、白を基調とした店内は清潔感がある。オールドマーケット近くにある店が利便性も高くおすすめ。 1階はベーカリー&アイスクリームのお店になっていて、テイクアウトも可能。カフェは2階部分になっていて、壁際に設置された大きなソファ席が特徴。そして、このソファ席が...
VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...
泰成水果行でフルーツざんまい 台南で今回泊まっている正興珈琲館の斜め向かいにあって、夜になると営業をはじめている果実店がある。 前に来たときは夜は疲れちゃっていたのだが、気になっていたので今回は寄ってみた。どうも、台湾の人たちって締めに甘いものとかスイーツ系を嗜むんじゃないかと思うのだが、ここもそうしたお店のひとつで、店先...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください