モンブランといえば小布施堂の朱雀が超有名なのだが、あれはモンブランというよりもオリジナルの和菓子に近い存在で、日本のモンブラン業界としてはこっちの栗の木テラスのモンブランの方が数段うまいと思っている。

お店の場所は小布施の中心街に近いので、アクセスはしやすくて便利。道路沿いなので見つけやすいし、山小屋風の建物は目立っている。

結構混み合うお店なので、カフェに入るにはだいぶ待たなくてはいけないときもあるかと思う。お菓子を買うだけでも結構並ぶくらいだ。おすすめはモンブランなのだが、それいがいにもダックワーズとか焼き菓子系もなかなかにおすすめ。

モンブランはこぶりなのだけど、渋皮の苦みがあって栗を感じることができるし、色合いも美しい。ここはコーヒーではなく紅茶と一緒に食べるのがおすすめ。

あまり日持ちはしないけれど、お土産やお持たせにも喜ばれるのでおすすめ。

ただし!難点といえばお店の入口に並ぶところが喫煙所になっていて、待っている間にタバコの煙を浴びまくること。なんだか悲しくなってくるし、これが非喫煙者には地味に辛い。そして、きれいなテラスの入口にある灰皿には溢れるばかりの吸い殻が・・・。

たぶん、店舗の管理者が喫煙者だからこういうところに思いが至らないのかな。こうしたところは、ひどく残念なのだが、提供されるお菓子は間違えがないです。

2018年11月追記:入口の灰皿は撤去されて清潔になっていました。新しい訪問はこちら:[小布施]栗の木テラスの新しいモンブラン「モンブラン・ネージュ」を試してみた

栗の木テラス小布施店
住所:長野県上高井郡小布施町小布施784
時間:10:00-18:00

長野県上高井郡小布施町小布施784

Related Post

井上誠耕園とカフェ忠左衛門 小豆島といえばオリーブと醤油じゃないかと思っている。今回は滞在時間が短かったので、どちらも堪能しきる!ということは難しかったのだが、オリーブ関連でいえばここ井上誠耕園と、この会社が運営しているカフェ忠左衛門は素晴らしいと感じた。 とくに、カフェ忠左衛門は小豆島での必須じゃないかと思ったのだが、...
桝一市村酒造場 – 現代風で洗練された日本酒メーカーだと思う... 小布施の中心地、桝一客殿に隣接した酒造所と販売所。通りに面していて、入口にはぼんぼりのように巨大な杉玉があるからすぐ分かると思う。   奥には試飲するスペースもあったのだが、今回は車で移動しているのでそこはパスしてお店の人に相談しながら商品を選定。全体的に、辛口...
清澄白河での朝食はオールプレス エスプレッソがおすすめ... ニュージーランドからやってきたコーヒー豆の焙煎をふくめたアンテナショップ的な存在。ニュージーランドつながりでいうと神楽坂のMojo Coffeeを思い出すのだが、こちらのオールプレスも食事含めてバリスタが丁寧にいれたエスプレッソとか美しいデザインがかかれたフラットホワイトを飲むことができる。 ...
信裕軒のお菓子は台南土産におすすめ... 台南グルメは小吃だけじゃなくて、お土産にうってつけなお菓子もある。見た目にもきれいだし、小分けにして渡すのにも最適で、なにより美味しい老舗のお菓子屋さんである信裕軒へ行ってきた。 信裕軒へのアクセス 赤崁樓のすぐ近くで、民族路二段の通り沿いにある。思っているよりもだいぶ小さなお店なので見...
十一房珈琲店は銀座で貴重な喫茶店 銀座の結構便利な場所にありながら、わりと空いていて静かな場所なので、待ち合わせの時間つぶしなどに利用することが多い喫茶店。長いカウンター席があり、ひとり客でも居心地がいい。 場所は銀座というか、有楽町に近いところ。表通りから少しくぼんだような雑居ビルの一階にある。ドアのとってが珈琲豆になってい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください