モンブランといえば小布施堂の朱雀が超有名なのだが、あれはモンブランというよりもオリジナルの和菓子に近い存在で、日本のモンブラン業界としてはこっちの栗の木テラスのモンブランの方が数段うまいと思っている。

お店の場所は小布施の中心街に近いので、アクセスはしやすくて便利。道路沿いなので見つけやすいし、山小屋風の建物は目立っている。

結構混み合うお店なので、カフェに入るにはだいぶ待たなくてはいけないときもあるかと思う。お菓子を買うだけでも結構並ぶくらいだ。おすすめはモンブランなのだが、それいがいにもダックワーズとか焼き菓子系もなかなかにおすすめ。

モンブランはこぶりなのだけど、渋皮の苦みがあって栗を感じることができるし、色合いも美しい。ここはコーヒーではなく紅茶と一緒に食べるのがおすすめ。

あまり日持ちはしないけれど、お土産やお持たせにも喜ばれるのでおすすめ。

ただし!難点といえばお店の入口に並ぶところが喫煙所になっていて、待っている間にタバコの煙を浴びまくること。なんだか悲しくなってくるし、これが非喫煙者には地味に辛い。そして、きれいなテラスの入口にある灰皿には溢れるばかりの吸い殻が・・・。

たぶん、店舗の管理者が喫煙者だからこういうところに思いが至らないのかな。こうしたところは、ひどく残念なのだが、提供されるお菓子は間違えがないです。

2018年11月追記:入口の灰皿は撤去されて清潔になっていました。新しい訪問はこちら:[小布施]栗の木テラスの新しいモンブラン「モンブラン・ネージュ」を試してみた

栗の木テラス小布施店
住所:長野県上高井郡小布施町小布施784
時間:10:00-18:00

長野県上高井郡小布施町小布施784

Related Post

方糖珈琲館(Sugar Cafe) – 台北で本格的パンケーキを堪能... 日本では空前のパンケーキブームなんだけど、台北でも徐々にその兆しが出てきている。ここ、方糖珈琲館は台北の若者の間でも話題みたいで、いつも賑わっている人気カフェのひとつ。 場所は信義エリアにあるので、この界隈の散歩中に立ち寄ってみたりするのがいいかも。パンケーキといえば、前に訪れたカフェ「Lov...
昭和が丸ごと残っているかのような立石のルミエールで待ち合わせをする... 夕方近くから飲める街である立石で待ち合わせをするにはうってつけのところが立石仲店商店街にあるカフェ・ルミエールという喫茶店。 もう昭和がまるごと残っているかのようなところで、全席喫煙可能なのとお手洗いも昭和仕様なのをのぞけば最高に雰囲気があっておもしろいところだ。 商店街のなかにお店が...
横浜赤レンガ倉庫の癒やしスポット「ザフラワーアパートメントカフェ」... そういえば、5月にGreen Room Festival行ったときに赤レンガ倉庫のなかを探検していて、このカフェで一休みがすごい気持ちよかったんだった。 赤レンガ倉庫1号館2階の一番端にある花屋さん兼カフェ。最初花屋さんかと思ったら、スムージーやサンドイッチといった食事を楽しむこともできると知...
小布施六斎市で秋の小布施の収穫を堪能... 小布施堂で朱雀を食べたタイミングでちょうど秋祭りをしていたので、ちょっとのぞいてみた。小布施の中心街の大日通りで農産物の直売をしていたり、骨董市が開催されたり、なんか地元のステージがあったりと盛りだくさん。 とりあえず、僕としては収穫物が気になる。 とりあえず歩いていて、まず気になったの...
夏のルスルスはかき氷が美味しいのです。... 菓子工房のルスルスといえば焼き菓子が有名で、鳥のかたちクッキーとかはギフトにもぴったりなスイーツだと思う。 ショップは東麻布と松屋銀座、そして浅草にある。なかでも浅草のお店は古民家をリノベーションしていて雰囲気もいいし好きなところ。 真夏などは土日祝を中心にイートインのスペースが開放され...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください