20131026-1238-01-2058毎朝、家でコーヒーを淹れているのだけど、もう何年もここの豆を使っていて、定期的に訪れている。

ここでマンデリンを飲んで以来、マンデリンとは酸味が強いという固定概念を覆され、こんなに風味の強い個性的なコーヒーはあるのだろうかと印象が変わった。コーヒー豆はブレンドから産地別まで結構あるけれど、250gでも1,000円~1,500円といったところで極めて妥当な価格帯。スターバックスと同じくらいの価格帯なんだが、スターバックスで豆買うくらいなら、この店で通販で買う方が絶対おすすめ。

カフェも併設されていて、その場で淹れたコーヒーを飲むことができるのだけど、値段はかなり良心的な価格でいただける。すごいマニアックなのだけど、細かいところまですごくこだわって仕事をしていて、そして良心的という・・僕が神楽坂でもっとも好きなカフェといってもいい。

20131026-1225-59-2055

ただし、席は2つしかないので夕方~夜にかけては座席が埋まっていることが多い。また、ここは珈琲の風味を楽しむ場なので、時間つぶしといった長時間の滞在などにもむいていない。みんなで席を譲り合いながら隠れ家的のように利用するのがおすすめ。

とにかく。僕はこのお店と出会ってコーヒーがより好きになった。大切な人へのギフトに利用するのもおすすめ。

ギルドコーヒ

東京都新宿区白銀町1-15

Related Post

台南らしい古い建物にある僾果鮮のフレッシュジュースは格別な味... 台湾で売っている台南のガイドブックの表紙にも使われている建物にあるお店。前から気になっていていつか行ってみようと思っていたのだが、ようやく訪れてみることにした。 オーガニックフードを扱うお店で看板にある「旭峯號」とは違う名前のお店だったのがちょっと意外。 僾果鮮へのアクセス 国鉄台南駅から...
Café Elliott Avenueで本物のラテを味わう 2014年で一番美味しいラテを楽しめたって自信をもっていえるカフェを横浜にみつけた。 場所は山下公園の近くで、Café Elliott Avenueというカフェ。季節がよければ表のテーブルでのんびりするのもいいんじゃないだろうか。 場所柄なのか、カップルから家族連れ、あとは近所に住んでそ...
谷津の螢明舎でエイジングコーヒーを楽しむ... どうってことない私鉄の郊外の駅からのびる商店街のなかにある喫茶店。わりと古めかしい感じで、薄暗い店内にはマグカップが並んでいる。この昭和感のある喫茶店が意外にもおもしろい。 その昔は近所に住んでいた村上春樹がエッセイに書いたことで有名になったようだけど、そのエッセイがなかったとしても雰囲気がよ...
中山路99(Novantanove)はひと息休める涼しいカフェ... LCCで荷物も少ない旅、台南駅から今回の宿がある正興街までは歩いて行くことにする。しかし、3月に来たときと比べて5月下旬の台南は梅雨が始まるところで蒸し暑さがましている。 中山路を歩いていて、まだホテルにもたどり着いていないけれど、途中にあったカフェひと休みすることにする。中山路99という住所...
チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットに行ってきた... グアテ バンコクは旅の始まりと終わりにいることが多く、だいたい週末に重なることが多い。このため、自然とチャトゥチャックでやっているウィークエンドマーケットへ足が向いてしまうこととなる。 どのガイドブックにも書いてあるし、実際観光客もかなりいるのだけど、地元バンコクっ子もかなり訪れていて...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください