小布施の中心地、桝一客殿に隣接した酒造所と販売所。通りに面していて、入口にはぼんぼりのように巨大な杉玉があるからすぐ分かると思う。

20131019-0852-10-04389

 

20131019-0946-32-04421

奥には試飲するスペースもあったのだが、今回は車で移動しているのでそこはパスしてお店の人に相談しながら商品を選定。全体的に、辛口でキレ味のいいお酒がメインとのことで、今回は容器が美しい碧軒という大吟醸純米酒を購入。

20131029-2259-28-04604

ネーミングにもセンスを感じるし、これ以外にもラベルなどもシンプルだがこだわりを感じさせる。

家に帰ってから、飲んでみたのだけど洗練されたキレ味の強い辛口のお酒という印象をうけた。料理にあいそうな感じだけど、僕の流行としては酒の味が濃いのが好きなのでちょっとタイプが違うかなと思った。でも、ちょっと経てば風味に丸みが出てきて変わるかも。

とりえず、瓶や箱は洗練されたデザインなので、日本酒好きなギフトにも使えると思うし、万人向けする風合いなのでいいんじゃないかな。

20131019-0855-03-04392

桝一市村酒造場
住所:長野県小布施町807

Related Post

秋の小布施をまわり、越後で美女旅を確認する旅... 収穫の秋を楽しむということで、10月下旬の北信州から越後へと抜ける旅をしてきた。このルートは逆まわりで、夏にも訪れたのだけれど、小布施と越後妻有を結ぶ千曲川沿いの国道からみえる風景はすっかり秋の装いとなっていて、これはこれでシンプルで美しい風景だった。 まず、初日は深夜に家を出て、関越道から上...
岡山媽媽雑貨舗でお土産を買ってくる... 台北でもっとも訪れる回数が多いところ。今回もまた行ってきたのだが、丁寧な仕事に変わりがなく安心できるクオリティ。やっぱいい店だよなあって思う。 過去の訪問 岡山媽媽雑貨舗 – 丁寧に作られた台湾雑貨 岡山媽媽雑貨舗にリピートしてきた 岡山媽媽雑貨舗でバッグをオーダーしてみ...
「道の駅たるみず」で足湯使ってひとやすみ... 霧島近くの栗野岳にある南洲館をあとにして、向かってみたのは大隅半島。薩摩半島と対をなすこの半島も相当に大きくて、今回はじめて足を踏み入れるエリアである。 秘境っぽイメージがあったのだけど、車で移動するには気持ちのいいドライブコースが続いていて、鏡のように穏やかな海ではカンパチの養殖をしている。...
廣富號 – 台南帆布バッグでは最もおしゃれ... 台南で帆布バッグ巡りの旅。合成帆布行、永盛帆布行とならぶ台南メジャーブランドの廣富號は、もっとも商業的に成功しているバッグ屋だと思う。台北に支店があるくらいだし。 廣富號手製帆布包 忠義店 廣富號ではきちんと店員さんが接客してくれる 他の二店が工房を兼ねたショップで、店先でミシ...
漢聲巷門市でヂェン先生の服を買う 台北郊外にある惠中布衣文創工作室まで行ってヂェン先生こと、鄭惠中さんのリラックスした服を買いに行こうかと考えていたのだけれど(以前訪問したときの記事はこれ:)、今回の台北旅は週末旅ということもあり時間がないので、台北市街で探すことにした。 ということで向かったのは漢聲巷門市という出版社がやって...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください