前回の台南旅行でみつけたお店で、フルーツ店の多い台南のなかでも洗練されたお店の雰囲気とか、立地のよさ含めて一番好きなところのひとつだ。

過去の記事:鳳冰果舖はいま一番台南でおすすめしたいフルーツ専門カフェ

鳳冰果舖へのアクセス

赤嵌楼から数分くらいの新美街という路地にある。この通りのあたりは米街と呼ばれていて、かなり古くからあった街のようだ。
おそらく一時期衰退していたものの近年リノベーションなどの再開発でまた注目されてきている感じ。富貴冰淇淋や来了など面白いお店やゲストハウスができてきているエリアでもある。

鳳冰果舖について

フルーツ店って台北ではあまり見かけなくて(百果園くらい?)、台南ならではだなって思っている。そのなかで鳳冰果舖はおしゃれでカフェみたいな雰囲気が特徴的。

台南のフルーツ店ってたとえば泰成水果氷店みたいに軒先までテーブルを並べて屋台の延長線にあるような雰囲気のところが多いのだけど、鳳冰果舖はエアコンが効いた店内でゆっくりとフルーツを楽しむことができる。

そして、切盤というフルーツの盛り合わせを食べるのもいいし、ちょっとアレンジしたメニューが多いのもこのお店の特徴だ。今回はパイナップルのスムージーを頼んでみたのだが、パイナップルをそのままジュースにしていて、甘味料も水も加えていないパイナップルそのものの味を楽しめる。

パイナップルスムージー

フルーツ本来のよさを心ゆくまで味わえるのがいいところだ。そして、トイレもきれいなので台南散歩の途中にひとやすみするにはいいところ。エアコンが効いているし、小吃食べ歩き旅の合間に立ち寄ってみる価値があるお店です。

鳳冰果舖
住所:台南市中西區新美街183號
時間:10:00-20:00
休み:火曜日、不定休

Related Post

ぬるころカフェとくまモンサブレ お店の外観、店内は撮影禁止 阿蘇にあるおしゃれな雰囲気のカフェ。食べログで評価が高いので行ってみたのだけど、東京圏からやってきた場合、まあこんなものかなというところで、このカフェに感動することはないんじゃないかなと思う。 たぶん、ここに住んでいる人にとっては時間を過ごすのにいいカフェな...
北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...
茶湯會 Teapateaで手軽に中国茶 台湾の人ってよく大きめの容器に入ったお茶を飲んでいるイメージがあって、あれいいなと思っていたのです。で、福州胡椒餅を買ってホテルへの帰り道にちょっとシックな雰囲気のお茶スタンド的なものがあったので買ってみた。 あとで知ったのだが春水堂の系列で、ここはなんていうか廉価版でカジュアルスタイルといっ...
efishでのんびりした時間を過ごす。 京都の繁華街から少しはずれたところ、鴨川沿いにあるカフェ。前から気になっていたところにようやく訪れることができた。 夜に来たのだが、行くならば昼もよさそうだなあ・・というところ。地元に根付いた感じがする、ゆったりとした居心地のいい空間だった。 efishへのアクセス 京阪の京都五条...
【閉店】カフェとアンティークショップが融合した「Love Lovely 美好生活古董行」... 店内のあちこちに骨董品のような雑貨が飾られていて、ヨーロッパの蚤の市のようなカフェ。おしゃれで面白い。でも、東京にもよくある雰囲気といえばそうなる。違いといえば、店員さんがメイドさんの格好をしているくらいかな。 女子うけするだろうなあ・・というエントランスから入ると代官山とかにあるよう...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください