台南に住んでいる人から教えてもらった地元に愛される小吃のお店。もうこの街を旅して何度目かだけど、まだまだ新しい料理が出てくるなあ。

地元のソウルフード的な存在だけど、旅人が食べてもその美味しさを理解することができる味だ。

聖記軟骨飯專賣店へのアクセス

南北に延びる海安路とまじわる民生路二段を少し西側に入ってすぐのところ。正興街からもほど近い立地で台南駅からは遠いけれど旧市街に宿をとっていれば割と便利なところにある。

いままで何度か通り過ぎていたが全然気づかなかった。いわれてみればいつも人が入っている店だったな・・というくらい。

聖記軟骨飯專賣店について

聖記軟骨飯という軟骨飯が看板メニュー。それ以外にも料理はあるがみんなこれを食べている印象。僕はさんざん食事をしたので小を頼んだのだが、すごい美味しかったので大を頼んでもよかったなと少し後悔するくらいだ。

軟骨ってなにが出てくるのだろうって思ったのだが、豚の軟骨を煮込んだ料理で表面はぷるぷるで、歯ごたえはコリッとしていて、それでいてホルモン的な臭みは消えているので柔らかで美味しい。これはなんだろう、ホルモン煮とも違うしありそうでなかった料理だと思う。

軟骨飯

肉のボリュームもあるし、食べ応えがある。ビールが飲みたくなる味だよなあって思うけれど、みんなさくっと食べて行くのが台南のスタイル。僕もビールは我慢してさくっと食べて出てきた。ここでしか食べられない味だと思うし、この料理もまたありだ。

聖記軟骨飯專賣店
住所:台南市中西區民生路二段110號
時間:11:00-21:00
休み:日曜日

Related Post

今回の旅での台南小吃グルメまとめ 今回の台南旅ではよく食べたなあ。行ったお店の数をカウントしたら29軒も行っていた。そりゃ途中で「おれなにやってんだろ」って自問自答するよな。 しかし、台南でよくみかける小吃というスタイルは一品あたりの量が少なく、たとえばお茶碗一杯のごはんとかそんな感じ。 日本だと、たこやきとか焼きそばが...
フランクフルトのアドルフ・ワグナーでりんご酒を堪能... フランクフルト現代美術館を訪れたあと外に出てみたら、すっかり暗くなっていた。冬のヨーロッパは陽が落ちるのが早い。 猛烈な空腹に見舞われいたので、どこか食べるところがないかなと思ってネットで調べて行ってみたのがアドルフ・ワグナーというレストラン。 年末のクリスマスシーズンだったこともあって...
金峰魯肉飯は魯肉飯的世界の最高峰 MRT中正記念堂駅のすぐ近くにあって、ひっきりなしに賑わっている食堂がある。いついっても並んでいるのだが、それでも食べたいのがここの魯肉飯。 列は食堂で食べるものと(結構長い)、持ち帰り用(あまり長くない)にわかれている。 食堂で食べる方の列に並ぶことになるのだが、わりかし回転はやいお店...
葉家小卷米粉でやさしい味の朝食 ここもinstagramでフォローしているところから得た情報。朝食に葉家小卷米粉でイカの出汁が効いたスープとビーフンを食べたというのをみて猛烈に食べてみたくなったので僕も来てみた。ここでの朝食は間違えがない。 葉家小卷米粉へのアクセス 今回の宿がある正興街からみると南北に通る國華街の通り...
2016年5月版、台南小吃グルメまとめ36軒... 今回の旅でもよく食べ歩いたなあってしみじみ思う。食とは本来、生きるためにあるものだけど、僕にはもはや、食べるために生きているんじゃないかと思ってしまうくらいだ。ということで、今回の食べ歩きリストのまとめを作ってみることにする。台南旅の参考にしてもらえれば嬉しい。 前回の旅でのまとめ:今回の旅で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください