台南の米街あたりを散歩していて夕食を食べるにはおすすめなところ。夕方から深夜にかけての営業なので夕食にも夜食のシメに食べる麺料理としてもいい。観光客に有名なわけではないが、地元に根ざしたいい店だと思う。

小公園擔仔麵へのアクセス

米街のある路地からすぐ西側にある。西門路と民族路のロータリー状になった交差点の南西側(地図でいうと左下)にあり、店先の赤ちょうちんが目印。台南でもっとも有名なTCRCのバーがあったりするので、夜食のシメにもいいんじゃないだろうか。

小公園擔仔麵について

担仔麺というと台南発祥の小吃であり、120年以上の歴史がある度小月が有名店かと思う。でも、小公園擔仔麵も60-70年くらいの歴史がある老舗であり、お店にはひっきりなしにお客さんがやってきている。22時くらいが混雑のピークだと思う。

入口には麺を茹でる大きな釜があっておじさんが番人のようにそこに座っている。日本語メニューはないけれど、台南でよくあるオーダーシート方式なので担仔麺という言葉さえ覚えていれば大丈夫。

担仔麺の小は本当に小さなお椀に出てくるので、男性は大の方を頼んでもいいかもしれない。

担仔麺、すごい美味しかった

麺は中細麺が定番だけど、ほかにもインスタントの意麺などもあるみたいだ。そこに海鮮出汁のスープをいれて肉そぼろとパクチーをのせて、上にエビをトッピングしてできあがり。日本のラーメンよりもさっぱりとしていて量も少ないので小腹をみたすにはちょうどいい。

お店の人たちは一見すると無愛想なようでいて、じつはかなりやさしい。こういうツンデレっぽいのもまた台南らしいな。深夜までやっているので、ちょこっと立ち寄って一杯食べてみるというのも台南スタイルだなって思う。

小公園擔仔麵
住所:中西區西門路二段321號
時間:16:30-24:00
休み:水曜日

Related Post

劉家肉粽菜粽專賣で台南小吃の代表的な粽を食べる... 台南小吃を食べたというからには、粽(ちまき)の存在は避けてとおることができない。というか、この粽は本当に美味しくて、肉圓とともに僕が好きなもののひとつ。再發號肉粽も美味しいけれど、他にも食べてみることにした。 劉家肉粽菜粽專賣へのアクセス 台南市内、高雄で複数の店舗がありチェーン展開して...
義成水果店でフルーツ堪能 台南に限ったことじゃないかもしれないのだが、台湾の人たちは食後にフルーツを食べるのが好きらしく、そして、フルーツには思い入れがあるみたいな気がする。 なので、フルーツの専門店という果物屋さんがあり、その店先で夜遅くまでフルーツを食べることができるのではないかと思っている。なにせ、こちらの果物っ...
長白小館の酸菜白肉鍋は台北に来ないと食べられない味... 台湾らしい料理といえば、小籠包とか最近では現代的な料理も増えてきているけれど、旅情があるなあって思うのは鍋料理。地元の人が集まるような蛍光灯の光の店内でわいわいと食べるのが楽しい。そして美味しい。 旅の同行者は僕以上に辛いものが苦手なので、それじゃあと行ってみたのは長白小館。週末の土曜日に予約...
Ici Caféもまた台南らしい感じのカフェ... 台南って街の規模から考えて、やたらとカフェが多い。それも、チェーン系のお店ではなく(スターバックスとかはショッピングモールの中にあるっぽけど)、普通に個人経営のお店が多い。instagramで教えてもらったカフェ。こんな風に、ここに来なければ味わえない場所があるって素敵なことだ。 Ici Ca...
フォークイン(Phở Quỳnh)で地元のフォーを食べる... ファングーラオ界隈で食事をすると考えたときに、ローカルフードということであれば迷いなくフォークインに行くのがおすすめ。 東京でいうところの下町にあるラーメンの名店みたいなものだけど、並ぶことなく美味しいフォーを食べることができる。 場所はファングーラオ通りとドークァンダウ通りの交差点。安...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です