よくあるフルーツ店なのだけど、改装されておしゃれな雰囲気。1962年の創業で老舗の部類に入るお店だ。このあたりは冰鄉とか義成水果店裕成水果行などフルーツ店が多くある激戦区になっている。夜のシメのデザートはこのあたりに来れば問題なし。

阿田水果へのアクセス

新美街の端っこの方、民生路との交差点にある。正興街からも歩いて数分のところにあり、周囲にもフルーツ店が多いエリア。夜は23時までと遅い時間までやっているので夕食後のデザートに来るのもいいと思う。

阿田水果について

1962年創業の老舗フルーツ店。どれくらい権威があるのか不明だが、このお店が台南で初めてパパイヤミルク(木瓜牛奶)というメニューをはじめたらしい。頼んでみればよかった。

でも、僕がオーダーした総合フルーツジュースもフルーツのみで作られた濃厚なもので美味しい。フルーツの盛り合わせである切盤もオーダーしてから手際よくフルーツをカットしていき新鮮なものをいただくことができる。

改装したお店はちょっとおしゃれな雰囲気だけど、歩道におかれたテーブルと椅子などは昔のままで、交差点に面したお店の角に腰かけて台南の街を眺めながら、フルーツを食べてのんびりとした夜を過ごすのも悪くない。

阿田水果
住所:台南市中西區民生路一段168號
時間:13:00-23:00
休み:年中無休

Related Post

義成水果店でフルーツ堪能 台南に限ったことじゃないかもしれないのだが、台湾の人たちは食後にフルーツを食べるのが好きらしく、そして、フルーツには思い入れがあるみたいな気がする。 なので、フルーツの専門店という果物屋さんがあり、その店先で夜遅くまでフルーツを食べることができるのではないかと思っている。なにせ、こちらの果物っ...
タイガーエア搭乗記(成田-高雄)2017年1月編... 2016年5月から約半年ぶりの台南旅。タイガーエアが成田から高雄まで飛んでくれているから台南へ手軽に行くことができるようになった。この路線がなければ、ここまで台南に行かなかったかもしれない。 以前の搭乗記 2016年5月:タイガーエア搭乗記(成田-高雄)とサプライスでのチケット購入 2016年...
ついに行けた!武廟肉圓の絶品バーワン... 2016年5月の訪問のタイミングでお店が臨時休業していたため行けずにいた武廟肉圓へついに行くことができた。もしかしたらやっているかなとダメ元で行ってみたら普通に営業をしていて拍子抜けしてしまった。どうも前にきたときはなにか工事をしていて臨時休業中だったみたいだ。 ということで、ようやく食べられ...
台南グルメの米糕を食べるなら「原大菜市排骨酥湯」もおすすめ... 台南グルメのひとつに米糕(ミーガオ)という料理があり、これは台湾式の「おこわ」みたいな感じ。もち米を蒸してそこに豚肉とか椎茸とか粽に使いそうな具材や、甘めに漬けたキュウリなどを盛り付けた小さなどんぶりは見た目よりもお腹がいっぱいになる。 台南で食べたのは赤崁樓からほど近い落成米糕のものだけだっ...
The 240はプノンペンで定番のオーガニックカフェ... プノンペンでは定番のスポットである240通りにある有名な老舗カフェ。240通りは東京でいうと表参道みたいな感じでギャラリーとかがあったりする。 最近では、大きな通りがあって車でアクセスしやすいボンケンコンエリアに流行が移ってきているけれど、古きよき整備されたプノンペンの街並みが残っている通りは...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください