僕のなかで、リゾートホテルのなかでは最も好きなホテルのひとつ。日本でのリゾートホテルというと、夏に泊まったベネッセハウスとかの方が有名。

でも、この静かな越後妻有の風景のなかにあって、控えめに存在しているけれど、質の高いサービスを提供しているベルナティオは、この地方で行われている大地の芸術祭のときを含めて、ここ数年の間に年1~2回は泊まっている。

おすすめの滞在は夏の終わりから秋にかけてかなあ。冬にも来てみたいのだが、なかなか遠い存在(僕はウィンタースポーツやらないので)。

今回は約1年ぶりの訪問なのだが、フロントのホスピタリティもいいし洗練されている。色々と開催されている小規模なツアープログラムも充実していて、今回は2時間くらいのトレッキングに参加してみたのだが、広葉樹のなかを歩いて行くのは、すごくリフレッシュできていい体験だった。おまけにツアーの最後には季節の野菜の収穫というサプライズがあって(夏は山菜、秋は野沢菜)、これだけでも参加する価値がある。

トレッキング
トレッキング
野沢菜畑

部屋は本館に泊まるのだが、広々としていて窮屈さはない。窓の外はゴルフコースか、または当間高原の花畑が広がっている。売店では地酒や越後ビールなども豊富にあって、値段も普通の価格なので、あれこれ買って部屋でのんびりとお酒飲みながらすごすのもいい。

客室
客室

食事について、夕食は毎回パスしていて未体験なのだが、朝食のビュッフェはオプションでつけておく価値がある。地元南魚沼のお米や、近隣の牧場で作られたヨーグルトなど、普通のホテルのビュッフェと比べるのが悪いと思ってしまうくらい。見た目は普通なのだが、質の高いものを提供している。

朝食。南魚沼の新米!

お風呂は部屋についているのだが、大浴場があって温泉が出ているので、そちらを利用するのをおすすめする。本館と新館にそれぞれついているのだが、雰囲気が違うので、両方とも体験してみるのがいいかも。

ロビー。山小屋風。

敷地内にはトレッキングなどのアクティビティのアドバイスをしてくれるところがあり、しかもそれが安藤忠雄の設計によるものという・・なんかすごい豪華なポテンシャルがあるのにそれをひけらかしていないところがいい。

朝はここのアドバイスをうけてホテルの周辺をトレッキングしたり、サイクリングしてみるのも楽しい。気持ちがいい高原の朝を満喫できるし、その後に食べる朝食は絶品だから。

できればホテルに早めにチェックインをしてのんびりと過ごし、そして可能であれば2泊以上するのがベストな滞在だと思う。ゴルフ場があってゴルフも楽しめるらしいけれど、僕はもっぱらパターゴルフで遊んでいる。これはこれで楽しい。

パターゴルフなど

総じて、この越後妻有の風景のように地味なのだけど、心にしみるサービスというか、また来たくなるなと思わせるいいホテルだと思う。

予約は楽天トラベルなどで行うことができる。

 あてま温泉 当間高原リゾート ベルナティオ


保存

Related Post

川村記念美術館の大賀蓮と睡蓮の庭 いつの間にか梅雨もあけて、そういえばすっかり夏の装いになってしまった。 今年も千葉県佐倉市にある川村記念美術館の庭園に行ってきた。目当ては大賀蓮と睡蓮。 世界的なインク企業の研究所に併設しているだけあって、四季折々さまざまな色であふれている庭園はいつ行ってもわくわくする。 今回は蓮...
ベルナティオを拠点に大地の芸術祭をみてきた... 2015年夏のイベントでもっとも思い出に残った旅は3年に一度開催される大地の芸術祭をみてきたこと。 このエリアは宿泊施設が少ないのだが、僕は毎回このベルナティオに泊まっている。決して安いホテルではないけれど、それでも値段に見合ったいいホテルだなあって思う。 基本的には高原リゾートのホテル...
バゴー寺院巡りの旅 ヤンゴンからぎりぎり日帰りできるところにあるチャイティーヨーのゴールデンロックへの参拝。これにあわせて行けるのがヤンゴンの東70kmにあるバゴーという町。 ここでは寺院巡りをするというのが旅のスタイルとなる。結構駆け足で巡ったので数時間の滞在となってしまったが、のんびりした雰囲気のところなので...
唐浜(薩摩川内)は美しいビーチでのんびりできる... 薩摩川内で海水浴に行くとなると唐浜になるんじゃないかというくらい地元では有名なビーチで、2キロに渡って続く砂浜と青い海はすごい美しい。夕暮れ時もきれいなのでおすすめ。 とにかく海の色の美しさは南国に来たなあ・・と実感できる。干潮時には潮干狩りもできるみたいで、休日に訪れるとだいたい誰かが砂浜を...
Le Bout du Monde Le barでのんびりとお酒を楽しむ... ケップの山のなかの方にある雰囲気のいいリゾート。カンボジアの伝統的な高床式の建物がヴィラになっていて人気のホテルなのだが、併設されているバーもまた雰囲気があっておしゃれ。ここは宿泊者でなくても利用できるので、ちょっと散歩がてら行ってみるのがおすすめ。 Le Bout du Mondeへのアクセ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください