僕のなかで、リゾートホテルのなかでは最も好きなホテルのひとつ。日本でのリゾートホテルというと、夏に泊まったベネッセハウスとかの方が有名。

でも、この静かな越後妻有の風景のなかにあって、控えめに存在しているけれど、質の高いサービスを提供しているベルナティオは、この地方で行われている大地の芸術祭のときを含めて、ここ数年の間に年1~2回は泊まっている。

おすすめの滞在は夏の終わりから秋にかけてかなあ。冬にも来てみたいのだが、なかなか遠い存在(僕はウィンタースポーツやらないので)。

今回は約1年ぶりの訪問なのだが、フロントのホスピタリティもいいし洗練されている。色々と開催されている小規模なツアープログラムも充実していて、今回は2時間くらいのトレッキングに参加してみたのだが、広葉樹のなかを歩いて行くのは、すごくリフレッシュできていい体験だった。おまけにツアーの最後には季節の野菜の収穫というサプライズがあって(夏は山菜、秋は野沢菜)、これだけでも参加する価値がある。

トレッキング
トレッキング
野沢菜畑

部屋は本館に泊まるのだが、広々としていて窮屈さはない。窓の外はゴルフコースか、または当間高原の花畑が広がっている。売店では地酒や越後ビールなども豊富にあって、値段も普通の価格なので、あれこれ買って部屋でのんびりとお酒飲みながらすごすのもいい。

客室
客室

食事について、夕食は毎回パスしていて未体験なのだが、朝食のビュッフェはオプションでつけておく価値がある。地元南魚沼のお米や、近隣の牧場で作られたヨーグルトなど、普通のホテルのビュッフェと比べるのが悪いと思ってしまうくらい。見た目は普通なのだが、質の高いものを提供している。

朝食。南魚沼の新米!

お風呂は部屋についているのだが、大浴場があって温泉が出ているので、そちらを利用するのをおすすめする。本館と新館にそれぞれついているのだが、雰囲気が違うので、両方とも体験してみるのがいいかも。

ロビー。山小屋風。

敷地内にはトレッキングなどのアクティビティのアドバイスをしてくれるところがあり、しかもそれが安藤忠雄の設計によるものという・・なんかすごい豪華なポテンシャルがあるのにそれをひけらかしていないところがいい。

朝はここのアドバイスをうけてホテルの周辺をトレッキングしたり、サイクリングしてみるのも楽しい。気持ちがいい高原の朝を満喫できるし、その後に食べる朝食は絶品だから。

できればホテルに早めにチェックインをしてのんびりと過ごし、そして可能であれば2泊以上するのがベストな滞在だと思う。ゴルフ場があってゴルフも楽しめるらしいけれど、僕はもっぱらパターゴルフで遊んでいる。これはこれで楽しい。

パターゴルフなど

総じて、この越後妻有の風景のように地味なのだけど、心にしみるサービスというか、また来たくなるなと思わせるいいホテルだと思う。

予約は楽天トラベルなどで行うことができる。

 あてま温泉 当間高原リゾート ベルナティオ


保存

Related Post

小樽運河と散歩 小樽まで来たので、北一硝子からちょっと足を延ばして小樽運河まで。歩いて5分もかからないところにあってかなり近い。レンタルサイクルとかもあるけれど、坂の多い町なので歩いて回ってもいいんじゃないかなって思う。 運河沿いは幹線道路が走る郊外といったところで、写真でよく見る風景の反対側は全然情緒がない...
バンコク下町散歩旅 なんてことのないバンコクの下町で過ごした休日。 プラナコーン ノーンレンに泊まって、近所を散歩して、タイマッサージされて、夕方にはビール飲んで終わりという1日。 別にバンコクまで来て過ごすことはないんじゃないか?せっかく海外旅行をしているのにもっと他にすることはあるんじゃないか?と自分で...
絵本と木の実の美術館 – 夏に来るのがおすすめの美術館... 絵本作家である田島征三氏が廃校を舞台に監修した美術館。大地の芸術祭の作品のひとつとして作られたものだけど、雪深くなる冬期をのぞいて継続して開館している。大地の芸術祭のパスポートがない場合は、入場料700円が必要。 水を動力にして動くオブジェがおもしろい。これは海に流れ着いた流木や木の実などに絵...
隅田川の桜とハレテラス 東京で眺める春のお花見。2016年春の話し。浅草の隅田川で桜を眺めてきた。目黒川と比べると、あまり広い規模ではないものの隅田川沿い、対岸には特徴的なアサヒビールの本社とその向こうにはスカイツリーも見えるロケーションは東京の下町らしい風景。 どうも、この近所に着物のレンタルと着付けをしてくれるお...
饒河街觀光夜市は散歩するだけでも楽しい... 台湾に始めて来る人がいれば、だいたい一度は夜市に行きたいってことになる。僕は夜市にあまり興味がないのだけれど、それはさんざん行ったからであって、はじめて行く人にそんな話ししても自分の目で見た方がいいだろうってことになる。 そこで、どこの夜市に行くのがいいかなって話になるのだが、台北であれば松山...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください