台湾で売っている台南のガイドブックの表紙にも使われている建物にあるお店。前から気になっていていつか行ってみようと思っていたのだが、ようやく訪れてみることにした。

オーガニックフードを扱うお店で看板にある「旭峯號」とは違う名前のお店だったのがちょっと意外。

僾果鮮へのアクセス

国鉄台南駅からは歩いて10分くらい。中山路79巷の路地の入口にある。小さな神社があり、すぐ近くにはローカルフードの名店である黄氏蝦仁肉圓があり、少し奥には老舗のカフェである甘單咖啡館が、さらに少し奥に行くと寮国咖啡もある。

趣のある建物は1930年代に建てられたもの
路地に細長くたっている

僾果鮮について

細長く美しい建築が印象的な建物は1930年代くらいに建てられたもので、看板にある「旭峯號」とは食器などを扱う雑貨店だったとのこと。いまは、リノベーションされていて店名も変わっているのだが、この看板の雰囲気含めて残しているのはセンスいいなって思う。「僾果鮮」という看板は建物の側面に控えめについている。

いまのお店の看板は控えめについている
台湾産の蜂蜜とか
フレッシュジュースが美味しい
店内にかけられた絵もかわいい

オーガニックフードを取り扱っていて、ジャムとかのほか、奉茶の商品もあったりするのでお土産にも便利。店内ではフレッシュジュースのほか、軽食などもあるので近くに泊まっていれば朝食がてらに来るのもよさそうだ。

フレッシュジュースはあらかじめ作ってあるもののほか、その場で絞りたてを飲むこともできるみたい。昔ながらの開放感のある建物の縁側に腰かけて、通りを眺めながら過ごす時間はとてものどかで台南らしく、そして贅沢な時間だなあって思う。こういうお店に出会うと旅に出てよかったなと思えるところだ。

僾果鮮
住所:台南市中西區中山路79巷6號
休み:日
時間:9:30-18:00

Related Post

寮國咖啡で楽しむラオスコーヒー 台南でラオス産のコーヒーを楽しんできた。結論からいうと、とてもうまい。 ラオスに行ったことは何度かあるのだが、まさかこんなちゃんとしたコーヒー作っていたとはね。でもまあ、フランス領だったこともあるし、食事に対しては感度が高いエリアではあった。コーヒーがあっても不思議じゃない。 しかしまあ...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の犬島編)... 瀬戸内国際芸術祭の夏編をみてきた。犬島までは直島からは途中豊島に寄港する高速艇で1時間ほどかかる。 当初の予定では、豊島にいってから犬島に行くルートを計画していたのだが、四国汽船に高速艇の混雑具合を電話で質問したときに「豊島から犬島への航路はたまに乗れないことあるから、まずは犬島まで行くべし」...
美瑛のコーヒー文化を支えているところ。「自家焙煎珈琲店 北工房」で夕方の時間を過ごす... ディナーのレストランへ向かう前にぽっかり時間が空いてしまった。宿に戻るには遠すぎるし、ディナーの時間には早すぎる。そこで見つけたのが北工房という喫茶店。すごく居心地のいいところですっかり寛いでしまった。 自家焙煎珈琲店 北工房へのアクセス JR美瑛駅から歩いて5-6分くらいのところにある...
PASSAGE COFFEE(三田)エアロプレス世界チャンピオンのお店で飲むコーヒー... 都営線の三田駅から少し歩いたところに2017年オープンした比較的あたらしいカフェ。エアロプレス世界チャンピオンの方がオーナーをしているということで、「コーヒー豆を、コーヒーに変える最後までこだわる」というメッセージを感じる美味しい一杯を楽しめる。 そしてなにより平日は朝7:30からやっているの...
カフェ ドロール中目 – 落ち着いて休めるカフェ... アパレルとかも展開しているブランドがやっているカフェ。「ドロール」には「おもしろい、こっけい、ひょうきん」という意味があるみたいだが、そんな風情はお店にはなくて、いい意味でちゃんとしたカフェだと思う。 同じビルの5階にあるビストロハムサもお気に入りなのだが、混んでいることが多いので、そうしたと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください