台南でウナギが食べられるっていう話しは聞いていたことがある。でも、台南を含む台湾の鰻は田ウナギ(田鰻)というもので、日本で食べられているものとはかなり異なる種類のものである。淡水に生息していて、ちょっとヘビみたいとか思ってしまう。

そして、店先に積み上げられている田鰻もぬらぬらと赤黒く光っていてちょっと気持ち悪い。どうやら田鰻は血液のおおい種類の魚らしい。その風景がまたゲテモノ料理みたいだなあと思っていたのだが試しに食べてみたら、すごい美味しかったのでさらに驚く。見た目で判断しちゃいけないなと思いつつ、勇気を出して食べてみてよかった。

阿江炒鱔魚へのアクセス

新農街の北側にある。お店は17:00から23:00と夜だけの営業なので、新農街の街歩きとセットで行ってみるのがいいかと。台南でも人気店なので行列が絶えない店なのだが、それほど並ぶことはない。キッチン前のカウンターがもっともベストな席だろうな。

行列の絶えない人気店

阿江炒鱔魚について

お店のおじさんは一見すると強面でつっけんどんな感じもするのだが、調理に集中していることもありじつはすごいいい人。日本でも美味しいっていうとすごく喜んでくれる。ちょうど子連れの旅行者もいたのだが、子供にも優しかった。そうそう、この街は子連れ旅にもよさそうなところだなって思っていたのだが、まさにそんな感じだ。

麺は意麺と米麺で選べるのだが、台南名物の意麺を頼むのが定番。スープありか、焼きそば風にするのかっていうのも選べるのだがこれは好みの問題かな。「スープ?やきそば?」って日本語で聞かれる。

赤黒いのが田ウナギ
焼きそば。穴子みたい。

田鰻は見た目は恐いけれど、味としては穴子みたいな感じで臭みとかはない。料理をしている風景も職人技のような感じで見ていて飽きることがない。中華鍋ひとつで作り上げていく様に圧倒される。これもまた台南らしい風景だなあって思う。

料理も絶品で日本では食べられない味だ。高級品ではないし、どちらかというとローカルフードのジャンルではあるし、一見すると美味しそうに見えないけれど、ぜひチャレンジしてみて欲しい一品です。

阿江炒鱔魚
住所:台南市民族路三段89號
時間:17:00-23:00
休み:不定休

Related Post

泰成水果行のメロンの盛り付けに変化があった。... 2014年にきたときに感動するくらい美味しかった泰成水果行のメロンの盛り合わせ、2017年に来たらちょっと変化があった。 正興街にあって、創業は1935年、もう100年近くの歴史がある古くからあるフルーツショップ。今回、ひさびさに正興珈琲館に泊まったこともあり、夜にここへ来るには便利だったので...
永樂牛肉湯の豪華な総合牛肉湯を食す。... 台南の小吃銀座(またはメッカ)な永楽市場のある国華街の通り沿い。午前中、ここに来るときには猛烈な空腹状態でやってくるのがいい。今回の旅での永楽市場近辺での小吃のシメはこここも前から気になっていた永樂牛肉湯に来てみた。 米糕、肉圓、牛肉湯と永楽の名前がついている三兄弟的な店の並び。どれも台南らし...
台南では赤崁擔仔麵の擔仔麵も見逃せない... 台南発祥の擔仔麵(タンツー麺)料理では度小月が有名だけど、台南において同じくらい支持されているのは赤崁樓のすぐ近くにある「赤崁擔仔麵」。 広くておしゃれな店内含めて度小月と同じくらい素晴らしいレストランだと思う。なんとなく居酒屋っぽい雰囲気は昼からビール飲みやすい。そして、度小月と違い台南にし...
【閉店】ナーンベー サブローのカオソイは値段なり... どうもクチコミで人気なカオソイのお店があったので行ってみた。場所は旧市街から少し離れたワット・ビスンナラートの目の前。 ラオスのカオソイはタイのものとは名前は一緒だけれど全然違うもので、たっぷりとした野菜がつけ合わされてくるところとか、透明なスープとかベトナムのフォーみたいな感じがする。 ...
台南来たら度小月担仔麺に来るべし ガイドブックでもサイトでも、とりあえず台南に来たら度小月の担仔麺を食べるべし。みたいなことが書いてあって、日本人も多く訪れる台南の名店。僕も前回の訪問から再訪。 ここの料理は台北でも食べることができるようになったけれど、それでもやはり本店の雰囲気で食べる方がいいなあ・・と思う。 というこ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください