台南でウナギが食べられるっていう話しは聞いていたことがある。でも、台南を含む台湾の鰻は田ウナギ(田鰻)というもので、日本で食べられているものとはかなり異なる種類のものである。淡水に生息していて、ちょっとヘビみたいとか思ってしまう。

そして、店先に積み上げられている田鰻もぬらぬらと赤黒く光っていてちょっと気持ち悪い。どうやら田鰻は血液のおおい種類の魚らしい。その風景がまたゲテモノ料理みたいだなあと思っていたのだが試しに食べてみたら、すごい美味しかったのでさらに驚く。見た目で判断しちゃいけないなと思いつつ、勇気を出して食べてみてよかった。

阿江炒鱔魚へのアクセス

新農街の北側にある。お店は17:00から23:00と夜だけの営業なので、新農街の街歩きとセットで行ってみるのがいいかと。台南でも人気店なので行列が絶えない店なのだが、それほど並ぶことはない。キッチン前のカウンターがもっともベストな席だろうな。

行列の絶えない人気店

阿江炒鱔魚について

お店のおじさんは一見すると強面でつっけんどんな感じもするのだが、調理に集中していることもありじつはすごいいい人。日本でも美味しいっていうとすごく喜んでくれる。ちょうど子連れの旅行者もいたのだが、子供にも優しかった。そうそう、この街は子連れ旅にもよさそうなところだなって思っていたのだが、まさにそんな感じだ。

麺は意麺と米麺で選べるのだが、台南名物の意麺を頼むのが定番。スープありか、焼きそば風にするのかっていうのも選べるのだがこれは好みの問題かな。「スープ?やきそば?」って日本語で聞かれる。

赤黒いのが田ウナギ
焼きそば。穴子みたい。

田鰻は見た目は恐いけれど、味としては穴子みたいな感じで臭みとかはない。料理をしている風景も職人技のような感じで見ていて飽きることがない。中華鍋ひとつで作り上げていく様に圧倒される。これもまた台南らしい風景だなあって思う。

料理も絶品で日本では食べられない味だ。高級品ではないし、どちらかというとローカルフードのジャンルではあるし、一見すると美味しそうに見えないけれど、ぜひチャレンジしてみて欲しい一品です。

阿江炒鱔魚
住所:台南市民族路三段89號
時間:17:00-23:00
休み:不定休

Related Post

奇美博物館(Chimei Museum)は美しさが集まるすごい博物館だった... 今回の旅の目的でもある奇美博物館へ行ってきた。阿裕牛肉湯と同様に台南市街地からは離れていて、国鉄の保安駅から歩いて15分くらいのところにある。 結構遠いのだがおもしろい博物館だったな。台湾らしさは皆無なのだけど、ここもまた訪れてみる価値がある。なにせ個人のコレクションでここまで集めたのかと思う...
六千牛肉湯は台南グルメの最高峰のひとつ... 今回の台南旅は食べ歩き。矮仔成蝦仁飯で食事していたら、海安路の通りの反対側に行列ができているお店がある。調べてみたら人気のある牛肉湯のお店であるとのこと。 これはもう食べ歩きしなければ。ということで、フラフラと通りを渡って反対側へと向かう。お店の名前は六千牛肉湯というところで、なんか高級車に乗...
鹿早茶屋は台南らしいリノベーションカフェ... 古い建物が多く残っている台南の街らしいカフェだなあって思う。台南では安平エリアなどにもある鹿早のカフェに行ってみた。 鹿早茶屋へのアクセス 国鉄の台南駅からは比較的近いエリアにある。駅から伸びている中山路をすすみ、ちょうど合成帆布行がある交差点を線路側へとすすむ衛民街という通りにある。お...
周氏蝦捲老店は台南グルメの頂点かもしれない... 台南で色んなところに行き尽くしたわけじゃないけれど、それでも安平にある周氏蝦捲老店は絶品の料理だった。 場所は安平の中心街ともいえる場所で、賑わっているエリアにある。すごくよく目立つように看板が書かれているので近くまで行けば迷うことはないはず。 店内は常時かなり賑わっていて、台湾の人たち...
新美街(台南)の気になるジェラテリア「富貴冰淇淋 (Rich Gelato)」に行ってきた... 新美街というか米街のあたりは台南の新しいカルチャーがうまれてきているところで、最近おもしろそうなお店が増えてきている。 フルーツショップの鳳冰果舖やカフェとゲストハウスを兼ねている来了はすぐ近くにある。ちょっとした大通りを渡れば大天后宮があって、TCRCという台南でも有名なバーがある。観光にも...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください