すごい分かりづらいところにあるのだが、台湾産の紅茶にこだわったお店があるというので行ってみた。路地裏にあるお店はイートインスペースみたいな小さな場所しかないお店。

メニューは紅茶のみというシンプルすぎるラインナップなのだが、一杯ずつ丁寧にいれられた紅茶を楽しむことができる。いわばサードウェーブ紅茶みたいなところだった。こんな小さなお店でこれだけこだわりのものが出てくるとは。

雙全紅茶(スワンチェンホンチャ)へのアクセス

林百貨のある中正路から路地へ入ったところにある。路地の先には總趕宮があるのだがまあ分かりづらい。雙全と紫地に白文字でかかれた看板が目印。基本的にはスタンドがあり、ちょっとしたベンチで紅茶を楽しむことができる。

中正路からこの路地を入る

雙全紅茶(スワンチェンホンチャ)について

創業は1949年とかなり老舗の紅茶店。台湾産の紅茶にこだわっていてメニューは紅茶のひとつのみ。ただ、熱い、冷たい、常温と三種類の温度があり、砂糖もなし、ちょっとあり、がっつり入っているの三種類あってこの組み合わせで色んな味わい方がある。

今回訪れたタイミングはあまりにも暑かったので、冷たい紅茶を無糖でお願いしたのだが、おすすめは温かいものを微糖くらいで飲むことだという。アイスだと氷で薄まってしまうからやはり熱いのがいいよっていわれたが、これだけ暑いとなあ。冬場にまた来ることにしよう。

台湾産の紅茶は数種類のものをブレンドしているということで、クセがなく飲みやすい。糖分のはいっているドリンクが多い台湾のお茶のなかではダントツで美味しいと思う。木陰にのんびりしながらお茶を楽しむ時間がとても台南らしいお店だ。

紅茶スタンドっていう感じのお店
インパクトのあるパッケージがかわいい

雙全紅茶(スワンチェンホンチャ)
住所:台南市中正路131巷2號
時間:11:00-18:00
休み:日曜日

Related Post

六千牛肉湯は台南グルメではずせないお店のひとつだ... 台南郊外にある阿裕牛肉湯の牛肉湯はちょっと別格の美味しさだよなって思うけれど、いかんせん市街地から遠すぎて、旅行者が行ってみるにはハードルが高すぎる。 そうなると、なんだかんだいって地元の人による支持もアツい六千牛肉湯が台南での定番な牛肉湯ということになるのかなって思う。今回リピートで訪れたけ...
台南を旅する3つの理由。 僕がこの世界中のなかで最も好きな街のひとつが台南。台湾というと台北に行く人は多いし、もちろんそれは楽しいのだけど、ちょっと新幹線で足を延ばして台南に来てみると、また違った台湾の一面をみることができるはず。 なにしろ台北よりも物価が安く、そしてコンパクトに小さい街は散歩するにはぴったりのサイズ。...
浅草の老舗喫茶店「銀座ブラジル」でモーニングを楽しんできた... 浅草にあるけど銀座。支店というけど銀座にある本店はつぶれてしまったのでいまではここが実質本店。 銀座だけどブラジル、いやむしろ「銀座×ブラジル」ということなのだろうか。 店名はもはや「浅草ブラジル」でもいいような気がしてしまうが、それだとサンバカーニバルと勘違いされそうだからやはり「銀座...
六千牛肉湯は台南グルメの最高峰のひとつ... 今回の台南旅は食べ歩き。矮仔成蝦仁飯で食事していたら、海安路の通りの反対側に行列ができているお店がある。調べてみたら人気のある牛肉湯のお店であるとのこと。 これはもう食べ歩きしなければ。ということで、フラフラと通りを渡って反対側へと向かう。お店の名前は六千牛肉湯というところで、なんか高級車に乗...
【閉店】PARKING COFFEE(中目黒)サードウェーブコーヒーが楽しめるカフェだった... 2014年の春先に閉店しちゃったのだけど、あまりにもいいカフェだったので記録として残しておく。 中目黒の川沿いの通りから少し入ったあたりにあった小さなカフェ「PARKING COFFEE」なのだが、最近注目されているサードウェーブコーヒーを楽しめる貴重なところだった。店内はシンプルな内装でコー...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.