2016年5月の訪問のタイミングでお店が臨時休業していたため行けずにいた武廟肉圓へついに行くことができた。もしかしたらやっているかなとダメ元で行ってみたら普通に営業をしていて拍子抜けしてしまった。どうも前にきたときはなにか工事をしていて臨時休業中だったみたいだ。

ということで、ようやく食べられた武廟肉圓の絶品な肉圓。これはボリュームあって美味しい小吃だ。人気店で売り切れ次第終了してしまうので、行くタイミングが難しいのだが台南でのランチで食べてみるのがおすすめ。

台南武廟肉圓へのアクセス

赤崁樓から伸びている通りを少し南にいったところにある祀典武廟の横にある。観光にも便利な立地。11:30営業開始とあるけど、だいたいは12時くらいからお店が開いている。

ランチタイムのピークには並ぶくらいなのだが、回転がはやいのでそれほど待つことはない。ただし、席は相席当然という感じです。

台南武廟肉圓について

メニューは肉圓のみなので迷うことはない。さすがの人気店で、豚肉をつかった定番なバーワンは福記肉圓と同じタイプなのだが、ちょっとだけ小ぶりで皮がしっかりしている。甘辛いタレもやや辛みが強いくらいで僕としてはこちらの方が好きな味わい。

大枠でいうと肉まんみたいな感じなのだが、この皮のもちもちした食感が独特の料理だよなあって思う。こればかりは日本のどの料理とも違っていて台南ならではの小吃だ。なかに入っている肉団子の香辛料もほどよくきいていて、三粒食べると結構おなかいっぱいになる。

値段も手頃でランチにぴったりな料理。蒸した肉圓というのは台南ならではの料理なので、エビが特徴的な黄氏蝦仁肉圓と食べ比べをして台南ローカルグルメを堪能してみてもらいたいところだ。どちらも売り切れ次第終了でさっさと夕方前には店じまいしてしまうハードルの高い店なのだが台南でも屈指の美味しいお店だと思う。

台南武廟肉圓
住所:台南市中西區永福路二段225號
時間:11:30(土日10:00)-18:00(日17:00) 売り切れ次第終了
休み:火曜日

Related Post

阿憨鹹粥の虱目魚肚粥は台南で最高の朝食のひとつ... 台湾でよくみかける魚である「虱目魚」。サバヒーと呼ばれる魚で鯖の仲間かと思ったら全然違うらしい。ミルクフィッシュと呼ばれる白身の魚で熱帯から亜熱帯にかけて生息する魚であるということ。でも、味も大きさも鯖に似ていると思う。 阿憨鹹粥はサバヒーを使ったお粥をだすお店で、地元でも名店のひとつ。ガイド...
カオソーイ ラムドゥアン – チェンマイのカオソイ老舗名店... チェンマイを含めた北部タイ料理って半端なく辛いものが多くて、はっきりいって僕は苦手なのだが、そんな辛いものが苦手な方や日本人にあう風味をもった料理といえばカオソイになるんじゃないかなって思う。 カオソイとは、簡単にいえばカレーラーメンみたいなもので、鶏ガラ出汁のイエローカレーにココナッツミルク...
オールドグリーンハウスのホーカーズは地元感があっておすすめ... ホーカーズとは屋台村フードコートみたいなもので、ちょっとした開放的な建物のなかの中心に椅子とテーブルがある。そして、そのまわりと各種屋台がぐるりと取り囲んでいるスタイルのお店。ドリンク類はホーカーズの店舗が仕切っているところが多くて別注文になっていることが多い。 このスタイルだと、まず屋根があ...
不思議な風景がある場所、台南の「千畦種子博物館」にいってきた... instagramで見かけて気になった場所。今回の台南旅では奇美博物館とかアート寄りの旅をしている。千畦種子博物館は個人所有の博物館で種を専門にしている。入場は無料なのだけど、事前の予約が必要でガイドツアー的なものは中国語のみ。 でも、このちょっと不思議な風景は美しく楽しい体験だった。台南って...
阿憨鹹粥にふたたび行ってきた 魚のお粥ってなんだよって思いつつ訪れてみて、はじめて食べたサバヒーのお粥の美味しさに感動した前回。ちょっと旧市街から離れていることもあり、遠いなあと思うところはある。でも、街中で阿堂鹹粥に行って食べるよりこっちの阿憨鹹粥で食べるお粥の方が美味しいのは事実としてある。早朝のお粥を楽しみにふたたび訪れる...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です