2016年5月の訪問のタイミングでお店が臨時休業していたため行けずにいた武廟肉圓へついに行くことができた。もしかしたらやっているかなとダメ元で行ってみたら普通に営業をしていて拍子抜けしてしまった。どうも前にきたときはなにか工事をしていて臨時休業中だったみたいだ。

ということで、ようやく食べられた武廟肉圓の絶品な肉圓。これはボリュームあって美味しい小吃だ。人気店で売り切れ次第終了してしまうので、行くタイミングが難しいのだが台南でのランチで食べてみるのがおすすめ。

台南武廟肉圓へのアクセス

赤崁樓から伸びている通りを少し南にいったところにある祀典武廟の横にある。観光にも便利な立地。11:30営業開始とあるけど、だいたいは12時くらいからお店が開いている。

ランチタイムのピークには並ぶくらいなのだが、回転がはやいのでそれほど待つことはない。ただし、席は相席当然という感じです。

台南武廟肉圓について

メニューは肉圓のみなので迷うことはない。さすがの人気店で、豚肉をつかった定番なバーワンは福記肉圓と同じタイプなのだが、ちょっとだけ小ぶりで皮がしっかりしている。甘辛いタレもやや辛みが強いくらいで僕としてはこちらの方が好きな味わい。

大枠でいうと肉まんみたいな感じなのだが、この皮のもちもちした食感が独特の料理だよなあって思う。こればかりは日本のどの料理とも違っていて台南ならではの小吃だ。なかに入っている肉団子の香辛料もほどよくきいていて、三粒食べると結構おなかいっぱいになる。

値段も手頃でランチにぴったりな料理。蒸した肉圓というのは台南ならではの料理なので、エビが特徴的な黄氏蝦仁肉圓と食べ比べをして台南ローカルグルメを堪能してみてもらいたいところだ。どちらも売り切れ次第終了でさっさと夕方前には店じまいしてしまうハードルの高い店なのだが台南でも屈指の美味しいお店だと思う。

台南武廟肉圓
住所:台南市中西區永福路二段225號
時間:11:30(土日10:00)-18:00(日17:00) 売り切れ次第終了
休み:火曜日

Related Post

金仙魚丸分店もまた迪化街らしい小吃のお店... 台北で最も古い街である迪化街。ここには色んな小吃のお店があって食べ歩くのが楽しい。朝からやっている分早くしまるお店が多い。なので、ここは朝食にはうってつけの街。民樂旗魚米粉湯の隣にあって気になっていたお店にも行ってみることにした。 一緒にいる人からは「お前、朝食から食べ歩くとか正気か」と思われ...
劉家肉粽菜粽專賣で台南小吃の代表的な粽を食べる... 台南小吃を食べたというからには、粽(ちまき)の存在は避けてとおることができない。というか、この粽は本当に美味しくて、肉圓とともに僕が好きなもののひとつ。再發號肉粽も美味しいけれど、他にも食べてみることにした。 劉家肉粽菜粽專賣へのアクセス 台南市内、高雄で複数の店舗がありチェーン展開して...
阿田水果でのおすすめは夜にフルーツの盛り合わせ... よくあるフルーツ店なのだけど、改装されておしゃれな雰囲気。1962年の創業で老舗の部類に入るお店だ。このあたりは冰鄉とか義成水果店や裕成水果行などフルーツ店が多くある激戦区になっている。夜のシメのデザートはこのあたりに来れば問題なし。 阿田水果へのアクセス 新美街の端っこの方、民生路との交差点に...
フォークイン(Phở Quỳnh)で地元のフォーを食べる... ファングーラオ界隈で食事をすると考えたときに、ローカルフードということであれば迷いなくフォークインに行くのがおすすめ。 東京でいうところの下町にあるラーメンの名店みたいなものだけど、並ぶことなく美味しいフォーを食べることができる。 場所はファングーラオ通りとドークァンダウ通りの交差点。安...
フランクフルトのアドルフ・ワグナーでりんご酒を堪能... フランクフルト現代美術館を訪れたあと外に出てみたら、すっかり暗くなっていた。冬のヨーロッパは陽が落ちるのが早い。 猛烈な空腹に見舞われいたので、どこか食べるところがないかなと思ってネットで調べて行ってみたのがアドルフ・ワグナーというレストラン。 年末のクリスマスシーズンだったこともあって...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください