高雄の地下鉄といえば、オフィシャルキャラクターが萌えキャラでなんかすげえなと思ってしまうのだが、それ以外にも現代建築として面白いところがある。

有名なのはターミナル駅である美麗島(フォルモサ)駅の建物と改札のステンドグラスだけど、今回行ってみた中央公園駅もまたのどかでいいところだった。

高雄地下鉄の中央公園駅は空港から伸びている紅線にあり、美麗島の隣駅になる。見所は公園に面した1番出口で、イギリスの建築家リチャード・ロジャースの設計による建物はシンプルで無機質な感じがありつつも開放的で公園の風景によく似合っている。巨大なサンシェードとそれを支える黄色い支柱の組み合わせが現代的な感じがあって美しい。飛行船を下から眺めているみたいだなって感じがある。

駅を降りたところはすぐ公園の広場になっていて、定期的に噴水のショーみたいなものがあるみたい。夏場になったら気持ちよさそうだなあって思えるところだ。美麗島と同じように写真映えする美しい駅のひとつだと思う。

 

Related Post

みたび!黃氏蝦仁肉圓のエビバーワンを食す。やはり美味しい台南の味。... 台南発祥の肉圓という料理。色んなお店で肉圓を食べてきたけれど、黃氏蝦仁肉圓のエビバーワンは台南のローカルフードとして絶品の美味しさだよなあって思う。 ひょっとしたら開いている日の方が少ないんじゃないかというこのお店なのだが、今回の旅でも運良くめぐり会って食べることができた。これで三度目の訪問だ...
ヤンゴンでひとつ観光するとしたら、シュエダゴン・パゴダがおすすめ... 今回のヤンゴン滞在ではチャイティーヨに行ったりしていたので、あまり時間がなかった。 それでも、どこかひとつ観光をするとしたら、シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)だろうと思って行ってみた。 結論としては、シュエダゴン・パゴダは現実離れした迫力とここでしか見られない風景...
伝統の森での蚕祭りに参加してきた はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。 でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってこ...
水戸芸術館で開催していた石川直樹個展「この星の光の地図を写す」を観てきた。... 今回の旅における大きな目的のひとつは、水戸でやっている石川直樹の個展を観にいくこと。ちょっと意外だったのは初の大規模個展ということだ。登山家や探検家として有名になった人だけど、僕が思う印象は人を撮るカメラマンという感じ。 グラビア写真を撮るということではないけれど、各地を旅していきながら人を撮...
パビリオン(The Pavilion)に泊まるためにプノンペンへ来る価値がある... 騒々しくて治安でも面倒なことが多いプノンペンでは静かなホテルに泊まってのんびりしたい。そういうときには240通りの近くにあるパビリオン(The Pavilion)に泊まるのがおすすめ。 シハヌーク前国王の母親が建てたとされるヴィラを改装したホテルで、フレンチコロニアルの建物が雰囲気がいい。プノ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください